おでこを丸くしたい!具体的な施術方法やクリニック選びの注意点などを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

おでこを丸くする方法を紹介します

額を指差している女性人間の顔は自分の理想通りとはいかず、何かと不満が出てくるものです。この場合には、美容整形を行うことで自分の希望通りの顔に仕上げることが可能です。そこで、今回はそんなおでこを丸くする方法を紹介していきます。

おでこを丸くする施術方法

ヒアルロン酸注入

おでこを丸くする方法はいくつかありますが、その一つはヒアルロン酸を注入することになります。切開を伴うことはなく、身体への負担も極めて少ないため、ダウンタイムもほとんどないと言われています。費用はクリニックによっても異なりますが、5万円から15万円程と言われています

脂肪注入法

自身の脂肪を吸引し、再度注入することで物理的に膨らみを作りあげ、おでこの形を作り上げることが出来ます。主に太ももなどの脂肪を吸引することが多く、僅かでも痩身も同時に叶うことが期待できる施術です。 気になる費用ですが、クリニックよって異なるものの20万円から30万円ほどになります。ダウンタイムは注入部だけでなく吸引部もあるため、一週間~二週間は続くと言われています。

レディエッセ注入

おでこを丸くする方法の三つ目は、レディエッセ注入をする方法が考えられます。基本的に注射で行うため、やはり傷が目立つようなことはまずありません。あまり聞かない名前ですのでどのようなものかわかりにくいかもしれませんが、カルシウムハイドロキシアパタイトという人の歯や骨に含まれている成分を使用しています。 ダウンタイムは1週間ほどで、費用は一回当たり4万円ぐらいとなっています。

シリコンインプラント挿入

実際にシリコンインプラントをおでこに挿入することで、しっかりと盛り上げることが可能です。切開も髪の毛の生え際から行うことで、傷口が目立たずに隠すことが出来ます。 自分の希望するデザインにあらかじめカットした上で施術に臨むことが可能なので、適切な箇所に入れることで理想のおでこを作ることが出来ます。費用は、オーダーメイドになれば高額になることが多く、40~90万円ほどと言われています。

おでこの形成術は高い技術が求められる

額の肌のたるみを摘んでいる女性おでこの形成術はさまざまな方法がありますが、どの施術方法も高い技術が必要になり、誰もが出来る施術ではありません。 あらかじめ施術を検討する際は、医師の経歴や資格、症例数などを参考に医師選び・クリニック選びを行うことが大切になってきます。

関連記事