コメドとは何のこと?症状や原因、取り方や注意点など紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

コメドについて紹介します

顔の肌を指で押さえて不満そうにしている女性ニキビの初期段階とも言えるコメドは、放置したり間違ったケアをすることで、炎症が悪化して赤く腫れる赤ニキビになったり、化膿して膿が溜まる黄ニキビになることがあります。コメドの正体と正しい対処方法を知って悪化を防ぐことが肝心です。

そもそもコメドとは?

コメドは英語でニキビそのものを指しますが、日本ではニキビとは区別されておりニキビになる一歩手前の面皰(めんぽう)と呼ばれる状態です。 角栓や毛穴に詰まった皮脂と混同されることもありますが、そこにアクネ菌などが繁殖を始めてニキビの元になりかかったものがコメドと言えます。 細菌による炎症が少し進んだ状態が白ニキビになりますが、コメドは解釈によっては白ニキビも同様のものといった見方もされています。 コメドの段階では白ニキビになってしまったものと違って自力で取り除くことも可能と区別されているケースが大半です。早期の正しい対処によって、厄介な赤ニキビや黄ニキビになるリスクを低減させることができると言われています。

コメドが出来る原因

コメドが出来る直接原因は毛穴に余分な皮脂や角質が詰まって角栓になるためですが、詰まるほどの余分な皮脂が生じる原因は肌の乾燥です。 オイルクレンジングなどで肌にとって必要な油分まで取り除いてしまうことで、肌が表面を乾燥から守ろうと皮脂腺から過剰に皮脂を分泌させるようになり、その際に出来た余分な皮脂が毛穴に詰まることでコメドになります。 さらに肌のターンオーバーが上手く行かなくなっていると古い角質が毛穴に溜まる一方となって、慢性的にコメドが出来やすい状態になってしまいます。それを栄養にして細菌が繁殖すると白ニキビになり、炎症が悪化すると治った後もニキビ跡が残ってしまう赤ニキビや黄ニキビになる恐れが高まります。

コメドの正しい取り方

コメドはニキビになった場合その芯になるため、除去しておけばニキビ発生を未然に防ぐことに繋げられます。 種類によっては毛穴から一部が外に出かかっているケースもあり、毛抜きで引き抜いたり角栓取りパックで取る人もいますが、早く出そうと爪の先で毛穴を引っかいたりすると皮膚を傷つける心配があり、指から入った細菌が繁殖し始めてニキビを促すことにもなりかねません。 コメドプッシャーと呼ばれる専用の器具もありますが無理に押し出そうとすると肌にダメージを与えるため、自然に出そうになってからの使用に留めたほうが安心です。

まずはしっかりとコメドを作らないことを意識することが大切

そばかすのたくさんある女性コメド発生の最大要因である乾燥を避けることが対策の基本になるため、保湿をしっかり行うことが何より重要です。 思春期ニキビの対策では有効なこまめな洗顔も、大人ニキビには逆効果と言われており、その後の十分な 保湿が大切と言われています。洗顔後は化粧水だけではなく乳液やクリームによって肌に水分を留めることが大切です。

関連記事