妊娠線について|原因や出来やすい人、予防法に対処法まで紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠線について詳しく紹介していきます

妊娠したお腹にある妊娠線を指差している画像妊娠をするとお腹やお尻、胸などに線が入ることがあります。これは妊娠線と呼ばれる線です。ここでは妊娠線とはどのようなものなのか、できやすい人の特徴やできる原因や予防、治療法など妊娠線について詳しく解説していきます。

妊婦さんの肉割れを「妊娠線」と言います

妊娠線は、お腹の周りや胸、お尻などに多く見られる肉割れのことを指しています。出産を控える妊婦さんなどが、出産前後に現れることも多く、最初は赤紫色の細い線ですが、だんだん白っぽくなってきます。 妊娠中はお腹が大きいので、お腹に隠れて妊娠線が見えずすぐに気づかない場合があるので、気になる方はときどき鏡を見てチェックをしておくとよいでしょう。

妊娠線の出始める時期

妊娠線ができる時期に関しては個人差がありますが、一般的には妊娠6か月くらいから出始めることが多いといわれています。妊娠初期から出始める人は少ないと言われていますが、お腹が大きくなると出やすくなるので、早くお腹が大きくなった人は妊娠初期でも妊娠線が出ることがあります。

妊娠線が出来る原因

皮膚の急激な伸び

妊娠をするとお腹だけでなく、お尻や胸も短期間で急に大きくなります。お腹やお尻が大きくなると皮膚の表面も一緒に伸びるのですが、表皮の下にある真皮や皮下組織は伸びにくいという性質があります。 そのため、皮膚が急に伸びることに皮下組織や真皮が対応することできず皮膚に亀裂が入ります。この亀裂が妊娠線になるのです。

ステロイドホルモンの増加によって新陳代謝が抑制される

妊娠中は肌の新陳代謝やコラーゲンの生成を抑制する作用があるコルチコステロイドホルモンが増加します。 代謝が悪くなり、コラーゲンの生成も抑制されると肌の弾力は低下していき、肌そのものの機能が弱くなってしまうので、妊娠中は通常の状態よりも皮膚組織に断裂が起こるやすくなっていることが妊娠線の原因になります。

妊娠線は出来る人と出来ない人がいる

妊娠線は妊婦さんの中でも、できる人とできない人がいます。また、できる線も濃く目立つような線の人もいれば、気にならない程度の薄い線で終わる人もいます。 できる部分にも個人差があるので、線については全てにおいて個人差があると思っておいたほうがよいでしょう。

妊娠線ができやすい人

もともと痩せ型の人や妊娠中に体重が大幅に増加した人

もともと痩せ型は妊娠してお腹が大きくなると皮膚の伸びも長くなるので、線ができやすくなります。 また、妊娠してから大幅に体重が増加した人も皮膚の伸びが長くなる傾向にあります。

乾燥肌やアトピー体質

乾燥肌の人やアトピー性皮膚炎の人は、肌が乾燥していると柔軟性が減って伸びにくくなっているので、亀裂ができやすいことから線ができやすいと言われています。 皮膚が潤い柔らかくなっていると皮膚が伸ばされても対応することができます。乾燥肌やアトピー体質の人は、既に皮膚にひびが入っていることが多いので十分な保湿ケアが大切です。

多胎妊娠

双子や三つ子など多胎妊娠のときは、赤ちゃんの数が多いほど子宮は大きくなります。子宮が大きくなるとその分皮膚も伸びるので、皮下組織や真皮も引っ張られて亀裂が起こりやすくなるので、線ができやすくなります。 普段は見えにくいお腹の下側に線ができやすいので、気になる人は鏡で定期的にチェックをしてみてはいかがでしょうか。

高齢出産

最近は高齢で出産をする人も増えています。年齢を重ねると肌の潤いを保つ成分が減少していくので、肌の潤いや柔らかさ、弾力が低下していきます。 そのため、お腹が急激に大きくなり、皮膚が強く引っ張られても皮膚が柔軟に伸びることができず亀裂ができやすくなることから若い妊婦さんよりも妊娠線ができやすくなるのです。

妊娠線を予防する為にできること

お腹の目立たないときから毎日お腹の保湿ケアを欠かさないこと

肌が乾燥していると妊娠線ができやすくなるので、線を予防するためには、肌に潤いを与える保湿ケアが重要です。 高い保湿効果がある成分が配合されているクリームやオイルなどでケアを行うと肌を乾燥から守ることができますが、妊娠中は肌がとてもデリケートになっているので、クリームやオイルを選ぶときは、肌に優しい成分のみで作られているものを選びましょう。

腹帯やマタニティガードルでお腹の皮膚への負担を減らすこと

お腹が大きくなってくると体のバランスを保ちにくくなり、大きく張り出したお腹は重いので、歩いているときにお腹が揺れると痛みを感じることあります。 腹帯やマタニティガードルにはお腹を安定させることができるという効果がありますが、線を予防するクリームやオイルを塗った後にお腹を覆うようにして使用すると保湿成分がしっかりと浸透し、より高い保湿効果が実感できるようになるので、線の予防にもなります。

急激な体重増加がないように無理ない程度に心がけること

急激に体重が増加してお腹が大きくなるとその分皮膚が引っ張られるので線ができやすくなります。 線を予防するためには、急激に体重が増えることがないように栄養バランスがとれた食生活を心掛けてましょう。 お腹が大きくなると動くことが億劫になるものですが、ウォーキングや妊娠中にできる簡単なエクササイズなど定期的な運動を行うことも心掛けておきましょう。

出産後の妊娠線について

出産後は完全に線を消してしまいたいと思っている方もいるようですが、残念ながらセルフケアで解消することは不可能です。しかし、出産後も保湿効果高いクリームやオイルを使用したスキンケアを続けていると線を目立たなくすることができます。

クリニックで出来る妊娠線を消す治療法

レーザー治療

妊娠線を消すための治療の1つとしてレーザー治療があげられています。レーザー治療は、レーザーで肌に熱エネルギーを与えることで肌の再生を促すという治療方法です。 熱エネルギーを与えるとコラーゲンの生成も活性化されるので、ハリと弾力がある肌に生まれ変わることができることから、妊娠線を消す効果が期待できます。 治療にかかる費用はクリニックによって異なりますが、1回あたり4万円前後とが相場です。解消できるまでにある程度の施術回数が必要になるので、20万円前後の費用がかかると思っておいたほうがよいでしょう。

炭酸ガス治療

炭酸ガスを注入することで妊娠線を解消する炭酸ガス治療法も効果的です。炭酸ガスには血行を改善する作用があるので、注入した部分の皮膚の代謝が上がり、コラーゲンの生成も促進されるので、皮膚の再生能力も高くなります。 炭酸ガス治療もクリニックや施術範囲によって料金は異なります。レーザー治療と同様にきれいに消すためにはある程度の施術回数が必要になるので、相場は20万円前後と考えていたほうがよいでしょう。

ダーマローラーによる治療

ダーマローラは、極細の針で肌に目で見えないような小さな穴を無数に開け、その刺激で肌の再生力を高めるという治療です。ダーマローラは線の解消に効果的な治療法の1つですが、それ以外には肌のアンチエイジングやセルライト、毛孔性苔癬などの改善にも効果的です。 相場は1回あたり4万円程度であり、個人差はありますが3回から5回ほど施術を受けると消すことができると言われています。

きちんと改善したい場合はクリニックに相談することが効果的

妊娠している女性妊娠線はお腹やお尻、胸などが大きくなり皮膚が引っ張れることによって起こります。クリームやオイルを塗るなどセルフケアを行うことはできますが、完全に解消したいと思ったときは、専門機関での治療が必要になります。

関連記事