妊娠中にほくろが増える?気になる原因や対処法、治療法や費用など徹底特集

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

妊娠とほくろの関係性について紹介します

妊娠している女性妊娠とほくろは一見何の関係もないように見えますが、実は深い関連性があることがわかっています。というのも、妊娠中にほくろが増えたように感じる人が非常に多く、ここではその関係について紹介してきます。

妊娠中にほくろが増えることがある

妊娠中にほくろが増えるといわれることをご存知でしょうか。これは妊娠中のホルモンのバランスが大きく変化することによると考えられています。 妊娠中には女性ホルモンが急激に増えるため、通常のホルモンバランスと異なった状態になり、肌の水分量やその他メラニンの生成など通常の場合と大きく異なることでほくろができやすくなります。

妊娠中にほくろを除去することは可能?

赤ちゃんが生まれると美容に時間をかけることが難しくなりますし、できれば妊娠中に増えたほくろを何とかしたいという意見がありますが、妊娠中は美容目的で切除する場合、麻酔やレーザーの使用は控えることが望ましいと考えられています。 しかし例外としてそれが悪性の腫瘍の可能性もありますので、手遅れにならないように気になる場合には医療機関を受診しましょう。

妊娠中にほくろが増えてしまった場合の対処法

リラックスして、肌のターンオーバーを整える

妊娠中にほくろが増えてしまう場合の対処法としては、ストレスをため込まないように適度にリラックスできる時間や環境を作ることがおすすめです。 リラックスすることで自律神経やホルモンバランスに働きかけ、肌のターンオーバーを正常化してメラニンの排出を促すように意識すると肌のコンディションが上向くことが期待できます。

授乳期間までが終われば治療が可能

赤ちゃんが生まれて授乳が始まると、母乳を介して様々な栄養を赤ちゃんに与えることが出来ますが、お母さんが何らかの治療を受けているとその影響が赤ちゃんに及んでしまうことがあります。 よって、治療は授乳期間が終わってからと考えたほうが良いでしょう。投薬やその他の治療は赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

授乳後のほくろの治療法

炭酸ガスレーザーによる治療

クリニックでの治療法として、炭酸ガスレーザーによるものがあります。この炭酸ガスレーザーは、気になる部分にあてることで皮膚を削ることが出来るものです。 レーザーは医療機器ですが、この治療は健康保険は適用になりません。レーザーは皮膚を削る深さや広さを自在に調整することが出来ますので、大きいものや膨らんでいるものなどを自在に削って治療することが出来ます。治療にかかる費用は大きさにもよりますが、およそ5000円から10000円程度です。

皮膚切除による治療

皮膚切除によるほくろの治療は、炭酸ガスレーザーで摂り切れなかった物や大きいほくろ、隆起したものなどで導入されています。メスを使って患部を切除し、縫合してテープを貼るのが主な手順で、切除した部分を良性か悪性か調べる手順を踏む場合には健康保険を適用することもできます。 この方法は傷跡が残りにくく、大きなほくろも綺麗に切除することが出来るのが特徴で、自費負担の場合大きさにもよりますが5000円から20000円程度です。

ご自分のほくろにあった治療法を選択することが大切

ほくろほくろの種類によってベストの治療方法は異なりますので、気になった時にはかかりつけのクリニックで治療方法について相談するのが良いでしょう。大きさや皮膚の状態、妊娠の有無などによって最適の方法を提案してもらうことが出来ます。

関連記事