頭に出来る脂肪腫について|原因や危険性、注意点に処置方法まで徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

頭にできた脂肪腫の原因と対処法について紹介します

何か考えている女性ぶつけていないのに頭にコブの様なものができた場合、それは脂肪腫の可能性か高いです。その名の通り脂肪の塊なのですが、なぜできてしまうのでしょうか。そしてできてしまった時の対処方法は? ほとんどが良性ではありますが自己判断は危険なので正しい知識を持っておき、必要時には専門医に相談する必要があります。

そもそも脂肪腫とは?

脂肪腫は脂肪細胞の腫瘍であり、大半は良性なので痛みがない場合は経過を観ていく事になります。表面は肌色なので見た目には異常はなく痛みもないので気付かない事が多いです。感触はゴムの様なもので、ドーム状になっています。 経過観察を医師に言われる事がありますが、自然になくなる事はありません。予防する事はできず成長を止める事もできません。どんどん緩やかに成長していきますが、もしも短期間に大きくなる場合は悪性の可能性もあるので早期に受診が推奨されます。

脂肪腫は、粉瘤(アロテーム)やガングリオンとは異なる

頭にできるコブが全て脂肪腫ではありません。頭の表皮にできる袋状のコブは粉瘤と呼ばれるものとガングリオンと言われるものがあります。粉瘤は良性腫瘍でいずれ自然になくなります。 時間の経過によって色が青色や黒色になります。自然になくなりますが、細菌感染により炎症する可能性もあるので触らない様に注意は必要です。ガングリオンは脂肪の塊ではなく、関節包や腱鞘の部分から発生する潤滑油にあたる粘液が原因の腫瘤です。

脂肪腫ができる原因については明確には分かっていない

脂肪腫ができる原因は生活習慣の乱れやストレス等言われていますが、これといった主原因は判明していません。ただ染色体の異常は確認されています。 遺伝で起こるものとも判明していませんので、生活習慣の乱れやストレスによりDNAが傷つけられた事により発生すると考えられています。

基本的に良性腫瘍であるため放置しても問題ない

頭の脂肪腫と言われても、腫瘍と表記されているので心配される方も多いでしょう。確かに急激に大きくなったり痛みが伴っている場合は悪性である可能性もあります。 しかし脂肪腫の大半は良性であり、ただの脂肪の塊です。頭にできるので心配になりますが神経を圧迫したり血流を妨げるものではないので、焦る必要はありません。徐々に大きくはなりますが医療機関で取り除く事が簡単にできます。

頭の脂肪腫を取りたい場合:切除手術を受ける

脂肪腫は成長を止めたり自然に治る事はないので、治療方法は切除といった取り除く事しかありません。医療機関に行くと念のためにMRI等で悪性肉腫かどうかを検査します。 脂肪腫と判断されると説明を受けて切除手術を行います。切除手術は簡単で日帰りで受ける事ができます。大きくなると血管を巻き込んでしまう可能性があるので早期に取り除くと費用も安く済みます。検査費とその後の化膿を防ぐ薬代で、健康保険適用で1万円程ですが、大きさにより多少の差はあります。

不自然なふくらみを感じたら一度医療機関を受診すること

驚いている女性基本的に良性であり、放置しても良いのですが大きくなる前に早めに取り除くにこした事はありません。気になって触ったり掻いたりして細菌感染する可能性もあります。 稀に悪性腫瘍である事もあり、その特徴は短期間に急激に膨らむ事や痛みがある場合です。悪性の場合は頭以外の部分に転移する可能性もあるので、不自然なふくらみや大きくなった事を感じたら一度検査する事が推奨されています。

関連記事