おでこの肌荒れの原因|治らないぶつぶつの正体はニキビ?吹き出物?

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

おでこの肌荒れの原因と治し方とは?

髪の生え際にできたニキビなどのできものを気にしている女性 気がついたらおでこに肌荒れが起きていたという方も多いのではないでしょうか。 髪型によっては隠れてしまうため、気にならないこともありますが、その髪型が肌荒れを起こしている原因かもしれません。 そこで今回は、おでこの肌荒れの原因と治し方について紹介していきます。

おでこの肌荒れの種類・原因

頭を抱えて悩んでいる女子学生

アクネ菌によるニキビ

おでこの肌荒れの原因としてよくあがるのがニキビです。 おでこにニキビができるメカニズムは、毛穴に皮脂や汚れが詰まり、それが肌の常在菌であるアクネ菌のエサとなって繁殖してしまうことで炎症が起こりニキビになってしまいます。 もともと、おでこは皮脂の分泌量が多い部位ではありますが、皮脂が増える原因として、線画んが不十分で汚れや皮脂がしっかりと洗い落とされていない、脂質の過剰摂取やビタミン不足などの偏った食生活、雑菌や整髪料のついて前髪がおでこに触れているなどによって、ニキビをできやすくし、さらに治りにくい・悪化させやすい状態になるので注意しなければなりません。

マラセチア菌によるぶつぶつ

おでこにニキビのようなぶつぶつがある場合に考えられるのが、マラセチア菌によるものです。ニキビと間違いやすい肌荒れの一つですが、肌荒れの原因を引き起こしている菌が異なります。 ニキビはアクネ菌でしたが、ニキビのぶつぶつではない場合はマラセチア菌が考えれます。 これは真菌というカビの一種ですが、これが繁殖することでぶつぶつを引き起こしてしまうようです。ぶつぶつの他にかゆみを感じる場合には脂漏性皮膚炎を引き起こしていることもあります。 そもそも、マラセチア菌によるぶつぶつができる原因は様々ですが、主に無意識におでこに触っている・髪の毛がおでこに触れてマラセチア菌の好む蒸れやすい環境を作っている・汗を放置して蒸れた状態を作っている・おでこに触れるものが不衛生である・皮脂の分泌を促す脂質や糖質を多く摂取しているという場合には注意しなければなりません。

おでこの肌荒れは適切な方法で治すことが重要

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性 おでこの肌荒れは誰にでも起こるものですが、症状・状態に合わせた方法で治療していくことが重要です。 ただし、自己判断でどの方法が向いているのかを判断することは難しく、肌荒れの原因がマラセチア菌であるのにも関わらずニキビだと思ってニキビケア専用の化粧品を使用していても、あまり効果が見られないどころか悪化してしまうことも。 そのため、おでこの肌荒れが気になったら皮膚科で診察してもらい、適切な方法で治していくようにしましょう。

関連記事