頭のほくろについて|出来てしまう原因や具体的な治療法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

頭にあるほくろについて紹介します

頭にほくろができてしまう原因やどのような方法でほくろを改善できるのかなど、皆さんのお役に立てるよう詳しくわかりやすく説明します。頭にできてしまったほくろを改善して悩みを改善するために参考にしてみてはいかがでしょうか。

頭にほくろが増えてしまったケース

紫外線

頭にほくろができてしまう一番の原因は、紫外線の影響です。頭は紫外線をたっぷりと浴びやすく、肌のメラノサイトが活発になることも多いです。 そのため、メラニン色素が過剰に作られてしまい気づいた時には、ほくろが大量に発生してしまうことがあります。肌トラブルのない美しい頭皮を守るためには、しっかりと紫外線対策を行うことが大切です。

ターンオーバーの乱れ

ストレスや寝不足、妊娠や出産などにより肌のターンオーバーが乱れ、メラニンの排出ができなくなります。メラニンが排出できなくなってしまうと色素沈着によって頭にほくろができてしまうこともあります。 特にストレスは、ターンオーバーが乱れてメラニンの排出が上手くいかなくなりがちです。過剰なストレス鏡で頭皮を気にしている女性を溜めず賢くストレス発散することが大切です。

基本的に頭皮にできたほくろも除去が可能

頭にできてしまったほくろは、専門のクリニックで切除することが可能です。安全性の高い炭酸ガスレーザーや皮膚切除などで行うことにより、仕上がりも綺麗にほくろ除去をすることが出来ます。

頭のほくろの切除法

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、表面からほくろを薄く削いでいく治療法です。削る形も深さも自由自在なので、様々なほくろの状態に合わせて施術を行うことが可能です。 治療時には多少痛みを感じてしまいます。しかし、麻酔を使ってからレーザーをあてていくので、痛みを軽減することができます。治療後1週間ほどで赤みが気にならなくなり目立たなくなってきます。たった1回のレーザーでも高い効果を期待することができるので、早期解決にもつながるでしょう。

皮膚切除

頭にできてしまったほくろは、皮膚科で切除することもできます。患部を局所麻酔した後に切除し、手傷口にはテープを貼るので、それほど目立ちません。術後5日から7日ほどで抜糸します。 手術費用は条件によって保険診療となる場合があり、手術代の他に病理検査代などが加算されます。クリニックによって費用に違いがあるので、事前に確認すると安心です。

まずはクリニックへ相談してみることが大切

手術をしているクリニックの男性医師様々な方法でほくろを除去することができますが、大きさや形によっては除去できない可能性もあります。トラブルなく除去するなら、まずはクリニックに相談してみることをおすすめします。 口コミや在籍する医師の経歴や資格などを参考にし信頼度の高いクリニックを選ぶことが大切です。

関連記事