年齢肌について|様々な症状や原因、改善方法などを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

年齢肌に打ち勝つ美肌の作り方について紹介します

加齢によってシワやシミが増えている女性の顔が並んでいる画像年齢を増すごとに、きちんとお手入れしているつもりでも年齢以上に老けて見られたり疲れているように受け取られてしまうことはありませんか?加齢による肌の老化や肌トラブルは、それらの原因を把握してしっかり対策をとることで改善させることができます。

そもそも年齢肌とは?

年齢肌とは、年齢を重ねることで出てくる肌トラブルや肌の衰えが目に見えて分かるような老いた肌のことを言います。 加齢によるある程度の肌の衰えは自然なことですが、誤ったスキンケアなどで実年齢より老けて見えてしまう年齢肌になることは、なるべく避けたいものです。 アンチエイジングの化粧品を使っていれば良いと思いがちですが、それ以外のちょっとの工夫や知識でさらに年齢肌に負けない美肌を手に入れることは可能です。

年齢肌の悩みの原因

①シミ

シミは肌の表面に現れる茶褐色の色素沈着で、原因は紫外線や加齢、皮膚の摩擦や炎症や女性ホルモンの影響など様々なものがあります。年齢肌で問題になってくるシミは長年の紫外線を浴びたことや間違ったスキンケアによる摩擦、肝斑、加齢などが原因として多くあげられます。 年齢肌におけるシミ対策は、今あるシミをなくすためのスキンケアや美容皮膚科での治療も大事ですが、シミをこれ以上増やさないことや予防策も重要になってきます。

②シワ

シワとは皮膚表面にできる筋目のことで、加齢により肌内部の弾力性がなくなることで自然に増えていきます。シワには、乾燥で引き起こされるものと紫外線によるもの、そして表情ジワの3つに大きく分けられます。 年齢肌で気になってくるものは乾燥と紫外線の影響によるものです。これらのシワは老けて見える原因になるので注意が必要です。予防策としては保湿や紫外線を避けること、また改善策としては美容医療やしわに効く化粧品を使うことが大事になってきます。

③肌荒れ

肌荒れとは、肌表面のキメが乱れて炎症や赤み、かゆみなどが起きているような状態のことを言います。肌トラブルといえば大半はこの肌荒れを指します。 原因としては、化粧品が合わない、保湿不足などの外的な要因以外にも疲労や睡眠不足、ホルモン変化の影響や内臓の調子などの内的な問題が発端であることもあるので注意が必要です。保湿や健康的な食生活を整えることが基本ですが、調子が戻らない時には早めに皮膚科などの専門機関に相談してみましょう。

④たるみ

たるみは顔の筋肉が衰えたり肌内部の組織が壊れて弾力やはりが失われた状態を言います。特に頰にたるみが生じるとほうれい線の原因となり、年齢肌が強く出て老けてみられやすくなります。 表情筋を鍛えたり、肌内部のコラーゲンやエラスチンという肌に弾力を与える成分を失われにくくするなどがたるみ解消に有効な方法になります。間違った自己流マッサージを行うと、逆にたるみの原因になったりすることもあるので注意しましょう。

年齢肌の改善方法

①生活習慣を改善する

年齢肌の原因としては、睡眠不足や不規則な食生活などが挙げられます。睡眠不足だと、眠っている間に行われる肌の修復がうまくいかないためにターンオーバーが乱れる原因になったりちょっとしたトラブルが長引く原因になります。 また、肌機能に関わるビタミンなどが不足すると肌荒れの原因になったりシミを増やすなど年齢肌を悪化させる可能性があるので、きちんとした生活習慣を送るように気をつけましょう。

②スキンケア用品(パックやクリーム等)を使用する

年齢肌になる人には保湿が足りていない場合が多くあります。普段きちんとスキンケアをしているつもりでも、肌の水分と油分のバランスが良くなくて潤いが足りていないことがあります。 保湿を強化する目的で、保湿パックや年齢にあったリッチな質感のクリームを使ってみるなど工夫することで肌は潤いを取り戻し瑞々しくなる可能性を秘めています。

③顔のマッサージや、顔ヨガ等を行う

たるみの原因として、顔の筋肉の劣化が挙げられます。普段あまり使わない部位の筋肉は加齢とともに衰えていき、たるみやしわを引き起こすと言われています。 顔のマッサージや顔ヨガなどで意識してそれらの顔筋を鍛えることでたるみの予防やリフトアップを目指します。ただし自己流で行うと逆に皮膚や筋肉を痛めつけてしまうことがあるので、必ずプロに相談して行うようにしましょう。

④美顔器を使用する

年齢肌を改善させるために心強いアイテムが美顔器です。美顔器にはイオン導入機や超音波、ローラータイプなどがありますが自分の肌悩みに合わせて選ぶことが大事です。 また年齢肌の場合はたるみやくすみ、毛穴などさまざまな悩みが同時にあることも多いので、複合的なアプローチができる美顔器をひとつ揃えておくと便利かもしれません。

⑤美容整形:ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸を注射することで、年齢肌の悩みであるしわやたるみを軽減させることができます。保水機能の高いヒアルロン酸を気になる部位に注射するだけなので数分で終了し、安全性も高く手軽にできるということで最近はかなり人気があります。 値段はほうれい線のしわを消すのならおよそ5万前後が目安になるでしょう。安全性は高いですが、ヒアルロン酸は吸収されていく性質があるので半年から数年で効果が消えてしまうと言われています。

⑥美容整形:ボトックス注射

しわを消すのに効果が高いと言われているのがボトックス注射です。ボツリヌス菌から作られており、筋肉を弛緩させる作用とそれに伴い皮膚のしわをなくす効果があり、深い額のシワや眉間のシワなどの解消に使われます。 痛みもほとんどなく10分程度で施術は終了し、腫れや赤みが出ることもないのでダウンタイムも必要ありません。一部位につきおよそ4万円前後です。効果は永久的ではなく、およそ半年程度で効果は消失すると言われています。

⑦美容整形:PRP皮膚再生療法

PRP皮膚再生療法とは、自分自身の血液を採取してその中から血小板を含んだ多血小板血漿を抽出して皮膚に注射する方法です。血小板にはコラーゲンを産生したり細胞を活性化させる働きがあり、肌の若返りを期待して行います。 深いシワに効果があると言われています。費用は30万円前後であり、施術後1ヶ月程度で効果が出始めます。効果は個人差がありますが数年と言われており、継続して効果を期待したい場合には定期的に行う場合もあります。

⑧美容整形:フェイスリフト

たるみやしわを取るのに一番確実と言われているのがフェイスリフトです。メスで皮膚を切って引き上げることで確実にリフトアップさせる方法と、糸などを使ってフェイスラインを引き上げる方法があります。 費用は施術方法によって大きく異なり、簡単な施術であれば30万円から始まりより高度で半永久的な施術になると200万円弱ほどかかります。切らないフェイスリフトの場合は、効果は半永久的ではなく数年程度と言われています。

美容整形施術を受ける際は、慎重なクリニック選びが必要

頬を押さえている親子美容整形施術を受ける際には、慎重にクリニックを吟味することが大事です。同じ施術をするとしても、その施術に慣れていて手術実績の多いクリニックのほうが安心と言えるので、必ずカウンセリングをしっかり受けて自分が希望とする施術を得意としているか見極めるようにしましょう。 見極め方のポイントとしては、こちらの質問にしっかり答えてくれるかどうかがポイントの一つです。また、自分の希望する仕上がりのイメージをきちんと共有できる担当医を選ぶようにしましょう。

関連記事