肌のシミを消したい!様々な種類や原因、治療方法まで徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

肌にできてしまったシミを消す方法について紹介します

頰を指差している女性鏡を見ると目の周りや頬にたくさんの肌シミが、そんな方が増えています。肌シミは年齢を重ねるほど増加して、なかなか消すことができない肌トラブルです。ここではこうした肌シミの種類と消す方法について紹介していきます。

自力で改善できるシミと出来ないシミの二種類に分けられる

肌シミには大きく分けて二つの種類があり、セルフケアで改善していけるタイプのものと、自力のケアでは改善が不可能なものに分かれます。セルフケアでの改善が可能なものについては日々の努力が必要ですが、それ以外の肌シミは医療機関のサポートを受ける必要があります。

自力での改善が少しずつではあるが可能な肌シミ

老人性色素斑

自力で消すことができる肌シミの一つが老人性色素斑です。これは20歳以降の男女に現れる症状で、茶褐色をした色素斑です。大きさは様々で、数ミリ程度のものから4、5cmほどのものまで存在します。 老人性色素斑はできる原因は紫外線で、日光が当たりやすい頬からこめかみによく見られます。シミの中でも最も身近なもので若い頃に紫外線対策をしてこなかった方などに現れやすい症状ですが、地道なセルフケアで薄くしていくことができます。

炎症性色素沈着

さらに自力での改善が目指せるシミが炎症性色素沈着です。これはやけどや摩擦等による炎症により引き起こされる肌シミです。揚げ物をしている時に油がはね、顔や手に当たった火傷の跡にできるのがこのシミです。 またニキビなどの炎症の跡にできたり、切り傷の跡にできるのも炎症性色素沈着です。このタイプの肌シミも少しずつですがセルフケアで薄くすることを目指せるシミです。

肝斑

また肝斑も自力での改善が可能な肌シミです。30代以上の女性によく見られる肌シミで、薄い褐色をしています。頬骨のあたりなどに、ほぼ左右対称に現れるのが肝斑の大きな特徴です。 肝斑は女性ホルモンが関係してできると考えられています。そのため特に、妊娠中や排卵日の周辺、経口避妊薬の内服時などのホルモンバランスに変化がある時に症状が現れることが多いようです。 閉経後には薄くなってくることがわかっています。紫外線が当たることで悪化するケースもありますので注意が必要です。

自力での改善が不可能な肌シミ

そばかす

そばかすも肌シミの一種でセルフケアで改善していくことができます。茶褐色の丸みのある色素斑は鼻付近に散らばるように現れ、小児期から思春期のころに症状が表れ始めます。その後加齢と共に色味が強まって行くことが多いようです。 遺伝性ではありますが、紫外線の影響も受け、日焼けにより濃くなってしまうこともあります。またストレスなどが原因でメラニンの排出が起きた時にもそばかすが現れることがあります。

脂漏性角化症

脂漏性角化症はイボ状に盛り上がる立体的なシミです。30代から40代の女性に多く、色は黒や褐色など様々ですが、皮膚の良性の腫瘍と考えられています。 元々は肌シミだったものが角化して盛り上がり脂漏性角化症になりますが、年齢を重ねた女性にできやすいため年寄りイボとも呼ばれています。大きさは数ミリ程度にもなり、顔だけでなく背中など全身にできることがあります。

花弁状色素斑

最も治りにくいタイプのシミの一つが花弁状色素斑です。これは形が不揃いのまるで花びらのようなシミで肩や背中によく見られます。 花弁状色素斑の原因は紫外線によるもので、真皮層まで届くやけどのような状態からこの肌シミになると考えられています。紫外線の強い夏場の海岸やプールなどアウトドアを楽しむ方がなりやすいため注意が必要です。

まずは自分のシミがどのタイプのシミなのかを知る事が大切

このように一口に肌シミといっても実に様々な種類があることがわかっています。シミだからといって自己流のケアをするのではなく、まずは自分の肌シミがどのタイプのシミに当たるのかを調べ、理解することがシミ対策には必要です。

自力でできる肌シミ消しの方法

美白化粧品の使用

セルフケアでできる手軽な方法が美白化粧品を使うスキンケアです。美白化粧品は厚生労働省が美白効果があると認められた成分を含んでいるため、根気よく使うことでシミを薄くしていくことが期待できます。 アルブチンやレチノール、ビタミンC誘導体など様々な種類がありますが、肌のターンオーバーの28日に合わせて使っていくことで効果を引き出すことができます。1ヶ月にかかる費用は成分にもよりますが、2000円から1万円ほどと、手軽に試すことができるのも魅力です。

美容医療による肌シミ消しの方法

ハイドロキノン・トレチノインによる肌シミ治療

医療機関ではセルフケアよりもさらに強力なピーリングの治療を受けることができます。ハイドロキノンとトレチノインはシミ対策に有効なケミカルピーリング剤で、シミの部分に塗布することで化学的にシミを剥離し、かさぶたのような状態にすることができます。 その後メラニンが代謝されてシミを消すことができるのです。ケミカルピーリングの治療は効果が出るまでに1ヶ月ほどかかり、費用はクリニックにもよりますが4000円程度から受けられます。

レーザーによる肌シミ消し治療

美容医療によるシミ消しの中でも効果が出やすいのがレーザーによる治療です。医療機関ならではの高出力のレーザーを当てることで、シミを薄くしていくことができます。 中でもフォトフェイシャルは人気がある安全で効果的な治療法です。フラッシュの光をシミに照射することでメラニンの沈着を飛ばし、滑らかな美白肌に整えて行くことができます。 一回で効果が出る場合もありますが、濃いシミなどの場合は3回ほど照射することもあり、費用は1万円程から治療を受けることができます。

まずはシミを作らないような予防をすることが大切

口元にほくろがある女性できてしまったシミを消すのは時間も費用もかかる大変なことです。一番有効なシミ対策はできる前にシミを予防するということです。まずは徹底した紫外線対策をとりましょう。紫外線は一年中降り注ぎますので、サンスクリーンなどで季節を問わずカットします。
【参考文献】 ⑴日レ医誌(JJSLM)第31巻第1号「肌のアンチエイジングに対するレーザー治療」(2010) ⑵Yehuda Ullmann, Rania Elkhatib, and Lucian Fodor, "The aesthetic applications of intense pulsed light using the Lumenis M-22 device", Lasers in Medical Science, (2011). ⑶Kawada A, Kawara S, Oiso N, Endo H, Yoshinaga E, Konishi N, Kurimoto T, Momma T, "An evaluation of whitening effect of an intense pulsed light source using computer analysis of the video-captured digital image.", Archives of Dermatological Research, (2008).

関連記事