毛穴の色素沈着について|原因や具体的な対策方法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

毛穴の色素沈着について紹介します

ターンオーバーが乱れて状態が悪化している女性の肌毛穴の黒ずみが気になる人も多いかもしれません。様々な要因が関係してきますが、色素沈着が原因の場合があります。そこで、今回はそんな毛穴のくろずみと色素沈着の関係について紹介します。

色素沈着による黒ずみの特徴・状態について

様々な原因でメラノサイトと呼ばれる色素が皮膚下で反応して、沈着することによって黒ずみが出来てしまいます。本来、色素沈着は身体を守るための反応で、紫外線などを受けて発生する活性酸素から肌を守る役割を担っています。

毛穴の色素沈着が起こる原因

①紫外線による影響

紫外線を浴びると日焼けをしたときに肌を黒くするメラニン色素がつくられます。紫外線によって発生してしまう活性酸素は、細胞を傷つけて老化を進行させてしまいます。そんな活性酸素からの攻撃をメラノサイトが反応して守ることで、色素沈着が起きてしまいます。

②摩擦で肌に刺激を与えてしまう

メラニン色素は肌を守るために生成されるため、摩擦によるダメージによっても色素沈着が起きてしまう可能性があります。洗顔時にゴシゴシこすってしまう、クセなどで掻きむしってしまうものがある場合、注意が必要です。

毛穴の色素沈着の対策方法

①正しい洗顔とクレンジングを行う

肌への刺激を抑えたいのであれば洗顔料と同じくクレンジングも保湿力のあるクリープタイプにしておくと良いでしょう。 泡立てネットなどを利用して、細かい泡をたっぷりとつくり、優しく円を描きながら直接擦らずに洗います。すすぎ時にはしっかりと洗い流すことも大切です。

②紫外線対策・日焼け対策を行う

外出する際は日焼け止めをしっかりと行い、帽子やサングラス、日傘も利用してしっかりと日焼け対策を行う必要があります。4月頃からUV量も増加傾向にあると言われており、春先からもケアを行う必要があります。

③ケミカルピーリングを受ける

ケミカルピーリングは、角質や老廃物を溶かす酸性の薬剤を肌の表面に塗る治療法です。これを行なうことで、硬くなった古い角質を取りのぞき、肌のターンオーバーを促進させることができます。それにより、肌の奥にとどまっていたメラニン色素を排出する事が可能です。

④フォトフェイシャルの治療を受ける

毛穴の色素沈着を解消するためには、フォトフェイシャルという治療法もあります。これは色素に反応する特殊な波長を持つ光を照射することで、ターンオーバーを活性化させてメラニン色素を排出させるというものです。効果が出るまでには何回か繰り返し照射する必要があり、おおよそ1ヶ月に1度の頻度と言われています。

十分なカウンセリングを取ったうえで治療を受けることが大切

クリニックで顔全体にパックを塗っている女性毛穴の色素沈着を解消するために、クリニックで治療を受けるときには、重要になるのがカウンセリングです。 行なう治療法によっては肌に炎症や火傷を起こしてしまい、症状が悪化してしまう危険性もあり、あらかじめそうしたリスクを理解した上で施術を受けるためには、カウンセリングで十分な説明が必要になります。また、アフターケアの方法や万一の際の対応なども合わせて確認しておくことが大切です。
【参考文献】 ⑴Yehuda Ullmann, Rania Elkhatib, and Lucian Fodor, "The aesthetic applications of intense pulsed light using the Lumenis M-22 device", Lasers in Medical Science, (2011). ⑵Kawada A, Kawara S, Oiso N, Endo H, Yoshinaga E, Konishi N, Kurimoto T, Momma T, "An evaluation of whitening effect of an intense pulsed light source using computer analysis of the video-captured digital image.", Archives of Dermatological Research, (2008).

関連記事