太ももに黒ずみができる原因と解消法|クリームや美容液は効果的?

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

太ももの黒ずみが気になる場合の原因と対処法

太ももに手を置いて寝転んでいる女性太ももは衣服に隠れる部位であるため、常に人の目が気になる部分ではありません。ですが美肌を維持したい女性にとっては黒ずみができてしまうと大問題です。何のケアも行わずに放置してしまうとそのまま悪化してしまう恐れもあるので、正しい改善法をチェックしてみましょう。

太ももに黒ずみができる原因

ジーンズを履いた女性のお尻

下着や衣服などの摩擦による刺激

肌は衣服や下着などで擦れ、強い刺激を受けてしまうと肌を守ろうとしてメラニン生成が活発になります。それにより、角質層が厚くなり黒ずみができてしまいます。 自分のサイズに合わない衣服や下着を身につけている人は要注意です。ピッタリとしたパンツを履いてしまうと歩くたびに太ももに衣服が擦れて摩擦を受けやすくなってしまいます。

カミソリなどによるムダ毛処理の刺激による色素沈着

カミソリや毛抜きを使って、何度もムダ毛処理を繰り返してしまうと角質が厚くなり色素沈着しやすくなります。太ももや付け根にダメージを与えていないと思っていても自己処理を行うことで毛穴から雑菌が入ってしまい、炎症を起こして肌が黒くなってしまうこともあります。 ムダ毛処理を行う際には、肌に刺激を与えない方法で行うか、処理後にしっかりアフターケアを行うことが大切です。

太ももに黒ずみができる妊娠などによるホルモンバランスの乱れ

体質により黒ずみができやすい人もいますが、太ももは妊娠や出産、生理不順などホルモンバランスの変化によっても黒ずみや色素沈着が起きやすくなります。 妊娠などによりできてしまった太ももの黒ずみは、出産後に改善されることもありますが、なかなか改善されない場合には生活習慣を見直したり正しいケアを行うことをおすすめします。

太ももの黒ずみの解消法

足のケアをしている女性

刺激を避ける

タイトなパンツスタイルは格好良く見せてくれますが、摩擦など肌が刺激を受けやすくなってしまいます。 歩くたびに摩擦が起こりメラニンが生成されやすくなってしまうので、自分のサイズに合ったゆったりと着ることができる衣服や下着を選ぶことをおすすめします。日々のちょっとした衣服や下着の摩擦を避けることで、太ももの黒ずみを予防することができます。

脱毛の自己処理を見直す

太もものムダ毛やアンダーヘアを自己処理しているという方も少なくありません。しかし、カミソリや毛抜きを使いケアを繰り返してしまうと黒ずみが目立つようになってしまいます。 自己処理を行った後は、しっかりと肌の保湿を行ったり肌の負担を減らすために自己処理ではなく脱毛サロン美容皮膚科で脱毛を行うことをおすすめします。

保湿をしっかり行う

保湿力が下がり肌が乾燥してしまうと黒ずみが発生しやすくなります。そのため、しっかりと保湿ケアを行うことが欠かせません。 効率良く保湿ケアを行うならビタミンC誘導体などの美白成分が含まれているクリームやローションを使用するといいでしょう。 朝晩のケアに美白タイプのスキンケアアイテムを使用して保湿すると効果がアップします。

適度な運動で太ももを引き締める

太もものたるみなどで擦れてしまい、黒ずみを引き起こしてしまうことも考えられます。こうしたたるみは、日頃の姿勢や運動習慣から引き起こされるものも多く、短期間の修正では改善しきれないこともあります。 太ももを引き締めるためには、日頃から適度な運動だけでなく、内ももを意識して歩くことや、立っている際に、お尻から引き締めるイメージでいると効果的とも言われています。

太ももの黒ずみにはクリームや美容液が効果的!

クリーム

黒ずみに有効な成分

太ももの黒ずみを解消ために効果的なのが、美容液やクリームといった対処法です。特に重要なのが保湿成分だけでなく、美白成分を含んだ物が効果的と言われています。 主にトラネキサム酸、ビタミンC誘導体、βアルプチンが効果的と言われており、特にデリケートゾーンにも近い太ももにも、刺激が少なく向いていると言えます。 こうした成分に加えて、保湿成分であるヒアルロン酸やプラセンタなどを組み合わせることで、より効果的に黒ずみを解消していくことが可能とも言われています。

使用するタイミング

基本的にこうしたクリームや美容液は、お風呂上がりなどの入浴後は向いていると言われています。また、出かける前や脱毛、剃毛後などに塗ることも大切になってきます。 量をたっぷり付けて塗るのではなく、薄く伸ばしながらも上からてのひらで抑えるように塗ると良いとされています。

クリニックでの太ももの黒ずみの解消法

お尻に手を添えている画像

抗酸化作用のある内服薬の服用

美容クリニックや皮膚科では、抗酸化作用のある内服薬を処方し太ももの黒ずみをケアを行っていきます。今話題を集めているトランサミンは、トラネキサム酸が主成分になっている薬です。 美白効果が期待でき、炎症を抑える際に使用されることもあります。ジェネリックも販売されているので、費用を抑えて試せるのも嬉しい点です。現在、錠剤の他にもカプセルやシロップなどもあるので、自分が服用しやすいタイプを選んでみるといいでしょう。

美白効果のある外用薬の服用

ハイドロキノンは、病院のみならず市販での販売も進んでおり手軽に試せるようになりました。ハイドロキノンクリームは、シミの漂白剤とも言われており、シミや黒ずみ改善に効果的な天然成分です。 美白効果が高くビタミンCと比較すると100倍の効果を期待できます。シミ治療などを行うと皮膚科で処方してもらうことが可能ですが、保険は適用されません。5gで3,000円ほどの価格がかかってしまうこともあります。

レーザー照射による黒ずみ治療

美容クリニックでは、美白効果の高いレーザー治療が用意されています。黒ずみを改善できるだけでなく、くすみやざらつきも解消できるなど様々な嬉しい効果を期待できるでしょう。美白レーザーは、5回受けて80,000円ほどの費用がかかります。 しかしながら、ホワイトニング効果が高いだけでなく毛穴縮小効果を実感できるので、お得に肌トラブルをケアすることができます。医師の技術力によって効果の感じ方に差があるため、医師選びは慎重に行いましょう。

さいごに

足のケアをしている女性多くの女性を悩ませている太ももの黒ずみは、様々な要因で発生し正しいケアを行わなければ悪化してしまう可能性があります。 歳を重ねてもいつまでも自信の持てる美しい肌を維持するために正しいケアを根気良く行いましょう。

関連記事