赤ら顔の原因と対処法について詳しく解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

赤ら顔について詳しく解説

顔の肌を指で押さえて不満そうにしている女性 今回は赤ら顔の症状や原因、対処法についてご紹介していきます。赤ら顔にはいくつかの原因が挙げられ、それぞれを詳しく解説していくとともに、赤ら顔を解消するためにできる事も分かりやすくご紹介します。

赤ら顔(毛細血管拡張症の症状も含む)とは

赤ら顔の症状は生まれつきでそうなる場合とそうでない場合が存在します。 少しのことでかっとなって顔が赤くなってしまう場合ではメンタル面の改善が必要です。また、アルコールに弱くてすぐに赤くなってしまうという場合や気温の変化で赤くなってしまうというような場合もあり、この場合は注意が必要です。 皮膚が薄くなってしまうことによって血管が透けて見えるというような場合自分で皮膚を削っている場合があるのでどうしてそうなったかを考える必要があります。

赤ら顔(毛細血管拡張症)の原因

Eラインが綺麗な女性の横顔

①寒暖差が大きい場所を移動する

温度差には体が敏感に反応しやすいと言っていいですが、中でも顔には毛細血管が集中しており自律神経が過敏になることで毛細血管が拡張することで血が顔全体に広がり、顔が赤くなるというような場合があります。 外に出た時に特に冬などの場合顔の部分は特に冷たい空気にさらされるということが多く想定され、赤ら顔になるのはその生理反応といえます。

②自律神経の乱れ

自律神経が乱れていると血が顔の周りに留まりやすくなります。原因として挙げられるのは、過度な緊張や睡眠不足などです。 自律神経が乱れると、先ほども解説したように血管が一時的に拡張してしまい、顔が赤くなってしまうのです。

③乾燥や敏感肌によって肌の赤みが増す

乾燥は赤ら顔の原因の一つといえます。なぜなら、乾燥するとどうしても肌が敏感になり、神経が反応しやすい状況になります。 特に顔には頬など目の周りなど皮膚の薄い場所では保湿をするように心がけるだけでも強い肌を作り上げることができます。強い肌を作ることができると敏感にはなりにくく赤ら顔を防げます。

④脂漏性皮膚炎

皮脂分泌が過剰な場所に炎症を起こしてしまう脂漏性皮膚炎は、結果として赤ら顔を作ってしまう原因の一つです。 とくに脂質がたまりやすい鼻のわきの部分にできやすく、ニキビと同じ様な症状に悩まされる事が多いです。

⑤ステロイド薬の長期的な使用

アトピー性皮膚炎の薬としてよく使用されるステロイド剤は強力な薬で、かゆみを抑えることができますが、長期的な使用をする事で皮膚が呼吸をしにくい状況になるのでより神経が敏感な状態になり、赤ら顔を促進させてしまうことになります。そのためステロイド剤の長期的な使用はお勧めできません。

赤ら顔への対処法

鏡を見て目の下のクマを気にしている女性

①日々のスキンケアを見直す

赤ら顔に対処するには皮膚が保湿されている状態が理想的です。そのため日々のスキンケアを怠らないように注意しましょう。 洗顔をする場合につきましても、強く顔をこすったり熱いお湯でゆすいでしまうと表面にある適度な油分が抜けてしまいます。その結果、乾燥を招いて水分を顔に留まらせることができなくなってしまいます。保湿力を高めるためにも優しい洗顔を心掛けることが大切です。

②皮膚科を受診する

赤ら顔は主に皮膚に関する問題なので、赤ら顔を解消したいとおもったらまず皮膚科に行って対処法を聞くことが大切です。 やはり、その専門のアドバイスや治療を受けることで解決をすることができるので、気が付いたら早いうちに皮膚科へ行きましょう。自分の赤ら顔の詳しい原因を知ることができるのも皮膚科へ行くメリットです。

③レーザーによる治療

赤ら顔を改善するための治療法の一つにレーザーを使った治療方法はあります。赤ら顔は毛細血管が拡張してしまっているものなのでそれを縮小させるためにフォトフェイシャルを使って顔の赤みを取り除くことが可能です。レーザーによって毛細血管が縮小でき、およそ費用は3万円、時間は30分ほどで治療ができます。

さいごに

肌の綺麗な女性 肌が荒れているような印象を与えたり、上手くメイクになじまなかったり、幼い印象を与えたりと、赤ら顔にはさまざまな悩みがつきまといます。もし赤ら顔を解消したいと感じたら、まずはその原因を見極めて生活習慣を見直してみたり、皮膚科を受診することで解決の糸口を探してみてくださいね。

関連記事