毛穴とニキビの関係について|毛穴詰まりの原因や対処法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

毛穴の詰まりとニキビについて紹介します

頬を押さえている親子若い時にニキビを経験したことがある方はとても多いですが、それは毛穴の中に皮脂汚れなどが蓄積することが原因の可能性が高いです。そのため適切なケア方法でお手入れをしないとニキビが完治しても再発を繰り返す可能性があります。

ニキビのメカニズム

ニキビとは毛穴の中に皮脂汚れや角質汚れが蓄積している状態で、アクネ菌と呼ばれる雑菌が入り込んで増殖してしまうことで起こる肌トラブルの一つです。 初期のニキビは白ニキビと呼ばれる中に膿が入っている状態ですが、症状が進行すると炎症を起こした赤ニキビや、中の膿が酸化することで起こる黒ニキビに進行していきます。症状が悪化すると肌細胞がダメージを受けて、ニキビが完治した場合も肌にクレーターと呼ばれる跡が残ってしまう危険があります。

ニキビが出来る原因

①毛穴に汚れや皮脂が詰まってしまうことによるもの

ニキビが起こる原因の一つが、毛穴の中に皮脂汚れや古い角質がどんどん蓄積してしまい、毛穴を塞いでしまうことで起こります。特に思春期世代の若い男女は、体のホルモンバランスが安定していないので過剰に皮脂分泌がされてしまうので、毛穴に汚れが詰まりやすくなる傾向にあります。 また年齢を重ねた加齢肌も、ターンオーバーが正常に行われなくなることで古い角質が毛穴に蓄積しやすくなり原因の一つになる可能性があるので、きちんとしたお手入れが必須になります。

②アクネ菌の炎症によるもの

手で顔を触ってしまう癖がある方は多いですが、指には様々な雑菌が付着しているのでベタベタ顔を触ってしまうと毛穴に雑菌が入り込み、増殖をさせてしまう原因となります。 ニキビの炎症が起こる原因はアクネ菌の増殖にあるので、むやみに顔を指で触らないようにしたり、どうしても触る必要がある時は事前に石鹸やハンドソープを利用して十分に手を綺麗に洗浄しておくことが重要です。

毛穴に汚れが詰まる原因

①肌の乾燥によるもの

ターンオーバーが乱れて状態が悪化している女性の肌肌が乾燥してしまうと、皮膚は潤いを維持するために通常よりも過剰に皮脂を分泌する特徴があります。 そのため元々自分は脂性肌と思っている方の多くは、乾燥肌の可能性が高いので普段のスキンケアでも保湿に特化したスキンケア化粧品を利用する必要があります。適度に潤いが保てると皮脂分泌量をコントロールすることができます。

②偏った食生活やホルモンバランスの乱れによるもの

油っぽい食事普段の食生活でお肉を多く食べていたり、スナックなど油分を多く使用したお菓子を間食として食べている習慣がある方は、体に必要な油分量を超えてしまい、通常よりも皮脂分泌量が増える傾向にあります。 また不規則な生活習慣をおくっている方は、体のホルモンバランスが崩れがちになり肌荒れや皮脂分泌コントロールが正常に行えなくなります。

③メイクの落とし忘れによる汚れ

日頃からメイクを行っている女性の多くは、メイクオフをする際にクレンジングを利用してお手入れをする場合が多いです。しかしクレンジングがきちんと行えていないと毛穴の中にメイク汚れが残ってしまい、ニキビの原因となる危険があります。 オイルタイプやクリームタイプなど汚れを浮かせて落とすことが出来るクレンジングを利用すると、メイクの落とし忘れを防ぐことができます。

④タオルでゴシゴシと顔を拭く等の肌を摩擦させることによる角質の増大

洗顔やクレンジングを行った後に、タオルで水分を拭き取る際にゴシゴシ摩擦してしまうと、角質層にダメージを与えて乾燥や、刺激を受けて角質が増大する可能性があります。 そのため水分を除去したい場合は、清潔なタオルを優しく顔に押し当てるだけでも十分に水分を除去することが出来ますし、肌への負担を最小限に抑えることが出来ます。

毛穴が詰まらないようにする対処法

①正しい方法での洗顔やクレンジングを行う

洗顔をしている女性洗顔やクレンジングをする際に、きちんと泡立てずにゴシゴシこすっている方は少なくありません。 ゴシゴシ擦っても汚れはきちんと落ちませんし、肌への負担が増大してしまう危険があるので、洗顔ネットを利用して十分に泡立ててから、泡を利用して顔を優しく撫でるようにして洗顔をすれば、濃密な泡が毛穴の中の汚れを吸着してすっきり洗い上げることができます。

②保湿ケアを行う

美肌パックをしている女性スキンケアでとても重要になってくるのが、保湿のお手入れを行うことです。化粧水で潤いを補給し乳液やクリームを順番に使用していくことで、水分の上に油分の膜を張っている状態になり、潤いが蒸発しにくくなります。 そうすることで、長時間肌内部の潤いが一定に保たれるので、皮脂分泌のコントロールが十分に行なえるようになる特徴があります。

③生活習慣を整える

肌のコンディションを整えるためには、普段の生活を規則正しいものに切り替えていくことが重要になるので、栄養バランスが整った食事を決められた時間にしっかり食べることや、間食をしても油分の多い物ばかり食べないことなど食事が大切になります。また健やかな肌は睡眠時に得られるので、肌の調子が悪い時は夜10時には就寝することが重要です。

④ピーリングを行う

毛穴の中に詰まった皮脂汚れや角質は自分で無理に出してしまうと、皮膚にダメージを与える危険があるのでピーリング石鹸やピーリングジェルを利用してケアを行う必要があります。 植物由来のピーリング成分は、詰まっている皮脂汚れや角質を溶かしてすっきり洗い上げることが出来るので、定期的に洗顔に取り入れることで肌を健やかな状態で保つことができます。頻繁に使用すると肌にダメージを与える可能性があるので、頻度を決めてケアを行います。

⑤クリニックでレーザー治療を受ける

自分で行うスキンケアでは、肌の調子が良くならないという場合は美容皮膚科クリニックに相談するのも一つの方法です。 クリニックでは最新鋭の医療レーザーを使用したレーザー治療を行っているので、肌に直接レーザー照射を行うことで、肌のターンオーバーを正常にし、古い角質をきちんと排出させるコンディションの良い肌質を取り戻すことができます。

十分なカウンセリングを行ったうえで治療を受けることが大切

男性と女性医師クリニックで治療を受ける場合は、医師によるカウンセリングを通じて施術の効果や、どれくらいで美容効果を実感出来るのかを自分で把握しておく必要があります。 特に肌の治療は何度も繰り返しケアを受けていくことで、だんだん状態が改善していくので医師の説明をよく聞き、自分にあった治療を受けることが重要になります。また保険診療外の治療となるので、費用がどれくらいかかるのかも事前に調べておくとスムーズな治療が行えます。

関連記事