小鼻の赤みについて詳しく解説|赤みの原因にあった対処法を

このエントリーをはてなブックマークに追加

なかなか治らない小鼻の赤み…

メイクをしても浮いてきてしまったり、隠しきれない小鼻の赤み。 対処をしてもなかなか改善せず、痛みやかゆみがあるわけでもなく、ただしつこく残る小鼻の赤みに悩みを抱えている方は少なくありません。 実は一言に「小鼻の赤み」といってもその原因はさまざま。今回は、小鼻の赤みの原因を詳しく解説した上で、原因別に対処法をご紹介していきます。 また、一時的に小鼻の赤みを隠したい場合のメイクのポイントも一緒にご紹介します。

小鼻の赤みの5つの原因

小鼻の赤みには大きく分けて5つの原因が考えられます。原因が異なれば、赤みに対する対処法も大きく変わってきます。もし今自分なりに小鼻の赤みケアを行っていてもなかなか効果が出ないのは、原因を見誤っているからかもしれません。 それぞれの症状の特徴について詳しく解説しますので、まずはご自身の小鼻の赤みがどの原因によるものなのかをしっかり見極めましょう。

①脂漏性皮膚炎

小鼻の赤みの原因として最も多いのが、脂漏性皮膚炎です。 脂漏性皮膚炎とは、皮脂腺が多くあることで皮脂が過剰に分泌され、その部分の皮膚が赤く炎症してしまっている状態のことを指します。 特に小鼻は皮脂の分泌量が多い箇所なので、毛穴に皮脂が詰まってしまい炎症を引き起こしやすいという特徴があります。 脂漏性皮膚炎とニキビの違いとしては、原因となる菌です。ニキビはよく知られるように、アクネ菌が原因となって起こる炎症ですが、脂漏性皮膚炎ではマラセチア菌を原因としています。 【脂漏性皮膚炎が原因である場合の特徴】 以下の症状にいくつか当てはまる場合は脂漏性皮膚炎による小鼻の赤みである可能性が高いです。
・オイリー肌だと自覚している ・小鼻の赤みにかゆみを感じることがある ・スキンケアを怠りがちだ ・その他の皮脂の多い部位にも同じ様な症状がある ・皮膚がかさかさと剥がれ落ちる

②乾燥などでおこる炎症

さまざまな汚れ、乾燥、アレルギーなどの要因によって炎症を起こし、小鼻の赤みにつながっている場合も考えられます。 特に女性の場合は、日々のファンデーションなどの汚れに注意が必要です。ただでさえ小鼻は入り込んだ構造上汚れが溜まりやすく、クレンジングを念入りに行わないとファンデーションの落とし残しが溜まり炎症を起こします。 また、花粉症や鼻炎などの症状を抱えている方などのなかで鼻を頻繁にかむ場合小鼻が摩擦によって炎症を起こしている場合も。 さらにはスキンケア不足による乾燥や、肌に合わない化粧品の使用によって炎症を起こしている可能性も考えられます。 【何らかの炎症が原因である場合の特徴】 以下の症状にいくつか当てはまる場合は、何らかの炎症が原因で起こる小鼻の赤みである可能性が高いです。
・よく鼻をかむ、触る ・スキンケアを怠りがち ・敏感肌で化粧品が肌に合わないことが多い ・ファンデーションやコンシーラーを厚塗りしがち

③毛細血管拡張症

毛細血管拡張症とはいわゆる赤ら顔のことで、皮膚の毛細血管が拡張して元に戻らなくなってしまうことによって引き起こされてしまいます。 毛細血管拡張症につながってしまう要因としては、寒さや暑さなどの環境運動や入浴により体温が上昇すること、興奮や不安、緊張ストレスなどの精神的な作用などがあります。 【毛細血管拡張症が原因である場合の特徴】 以下の症状にいくつか当てはまる場合は、毛細血管拡張症による小鼻の赤みである可能性が高いです。
・寒冷地で育った/生活している ・肌の色が白い ・寒暖差の多い生活をしている ・頬がよく火照る

④酒さ様皮膚炎

酒さ様皮膚炎とは、副腎皮質ステロイドが原因となって引き起こされる皮膚の疾患の一つです。アルコールを飲んだときのように顔が赤く火照ることからこの様な呼ばれ方がされています。 何らかの疾患が起こった際に、ステロイドを長期間使用した際に起こることがあります。 【酒さ様皮膚炎が原因である場合の特徴】 以下の症状にいくつか当てはまる場合は、酒さ様皮膚炎による小鼻の赤みである可能性が高いです
・現在ステロイドを使用している ・過去にステロイドを長期間使用していた

⑤体質

中にはもともとの体質が原因で赤みがおこっている場合があります。 例えば、人に比べて表皮が薄いことにより毛細血管が透けて見えることから小鼻が赤く見えたり、肌色が生まれつき白い事により小鼻が赤く見える状態などです。 【体質が原因である場合の特徴】 以下の症状にいくつか当てはまる場合は、体質による小鼻の赤みである可能性が高いです
・小鼻から赤みが消えたことがない ・色白 ・近くでみると毛細血管が見える ・すぐに顔が赤くなる

原因別!小鼻の赤みへの対処法

①脂漏性皮膚炎が原因の場合

脂漏性皮膚炎が原因の場合は、皮膚科を受診して治療薬を処方してもらうことが効果的です。多くの場合ステロイドによって小鼻の炎症を抑え、その後抗真菌薬によってマラセチア菌を抑えます。 医師の指示をしっかりと聞き、原因菌を根本からなくす治療を行うことが大切です

②炎症が原因の場合

炎症が原因である場合は、まず日々の生活習慣を見直すことが大切です。 スキンケアの基本はクレンジングや洗顔ですので、着色料や香料や鉱物油や合成界面活性剤などの添加物が使用されていない無添加タイプで肌に優しいクレンジングや洗顔料を選ぶのがよいでしょう。 肌に刺激を与えないようにするために、洗顔料はスポンジや泡立てネットなどでたっぷりと泡立てて泡の弾力を利用して優しく洗い上げることが大切です。過剰な皮脂の分泌を抑えるために、保湿ケアもしっかりと行いましょう。 アレルギー性鼻炎などで頻繁に鼻を強くかんでしまう場合は、耳鼻科を受診して鼻水を抑えるような薬を処方してもらったり、鼻をかむ際も強く刺激しないように心がけると良いでしょう。 こうして日々の生活習慣をすこしずつ見直すことで、小鼻の赤みを改善することが出来ます。もしもご自身の炎症の原因が分からない場合は、皮膚科を受診して医師のアドバイスを聞くのも効果的です。

③毛細血管拡張症が原因の場合

毛細血管拡張症は自力での改善が難しい症状の一つです。自力での改善のためにできることとしては、 ・日々のスキンケアで保湿を怠らない ・ストレスを溜め込まない ・タバコやアルコールを控える などが挙げられます。 すぐにでも症状を改善したい場合は、レーザー治療や光治療を行うことで症状を改善することができます。また、毛細血管拡張症は保険適用される場合もありますので、まずは皮膚科や美容皮膚科で相談をしてみるのが良いでしょう。 ▽毛細血管拡張症の治療法について詳しくはこちら 毛細血管拡張症の保険適用について詳しくはこちら

④酒さ様皮膚炎が原因の場合

酒さ様皮膚炎が原因でおこっている小鼻の赤みの場合、ステロイドの使用を停止する必要があります。 しかし自己判断で使用を停止してしまうと、それまでステロイドを使用していた目的である炎症が再発または悪化してしまう可能性があります。 酒さ様皮膚炎が原因の場合は、まずはかかりつけの皮膚科の医師へ相談するようにしましょう。

⑤体質が原因の場合

生まれつきの体質が原因である場合、自力での改善は困難な場合が多いです。ですが、美容医療の治療によって小鼻の赤みを改善することが可能です。 小鼻の赤みを根本から解消させるためにクリニックでフラクショナルレーザーなどのレーザー治療フォトフェイシャルなどの光治療を受けることで小鼻の赤みを改善することができます。 どちらの方法も毛細血管を収縮させて赤みを目立たなくさせるというメカニズムですが、フォトフェイシャルの方が効果がマイルドで施術時間やダウンタイムが短く、費用も安いという特徴があります。 費用の目安としては、だいたい1~5万円程度です。 フラクショナルレーザーやフォトフェイシャルの施術を受けることが出来るクリニックは全国各地にたくさんありますので、自分の悩みや目的や理想や予算に合ったクリニックを選びましょう。

自分にあった対処法や治療法の選択を

小鼻の赤みの悩みを解消させるためには、原因や症状・目的・悩み、そしてライフスタイルに合致した対処法や治療法を選択することが大切です。 最適で最善な方法を選択することにより、効果的かつ効率的にスピーディーに悩みを解消させることが出来ます。

とにかく赤みを隠したい!そんな時のポイント紹介

顔の中心部に当たる小鼻の赤みは、目立つもの…。とにかく、現状の赤みを隠したいという方は多いです。 ですが、小鼻の赤みを隠すのは以外と難しい場合が多く、ファンデーションだけではなかなか隠しきれません。 そんな時に試してみたい、メイクの際のポイントを紹介します。

ポイント①コントロールカラーを上手に使う

赤みをカバーする際に役立つのが、コントロールカラーの下地。 赤みを隠したい際には、反対色であるグリーンやイエロー系のコントロールカラーを使用することで、自然に赤みを抑えることが出来ます。 小鼻の赤みが気になる部分に、ポイント的にコントロールカラーすこしずつ重ねて乗せ、仕上げにファンデーションを使用して下さい。下地のみや、ファンデーションのみでベースメイクを行っていた場合よりも、肌色に均一感が生まれるでしょう。 ただ、コントロールカラーは上手く使えば赤みをしっかり抑える事ができますが、量などの調節を間違えると逆に小鼻が白浮きして見えてしまうことも。ご自身の肌色や赤みに合わせて、自分なりに量を調節しながら使用してみてください。

ポイント②コンシーラーを使用する場合

小鼻赤み隠しの際のコンシーラーは、肌に馴染みやすいリキッドタイプなどの柔らかめのものがオススメ。こちらも、コントロールカラーと同じ様に、イエロー系のものを使用することでより効果的に赤みを隠すことができます。 手順としては筆の先に少量とり点置きし、手の指やスポンジなどをつかってポンポンと軽く叩くように丁寧になじませます。その上にフェイスパウダーなどをふんわりとのせ、仕上げましょう。 コンシーラーをなじませながら、余分な皮脂を取り除くようなイメージで行いましょう。

ポイント③ファンデーションやパウダーはあくまでも仕上げ

①や②のような方法で赤みのカバーが完了したら、ファンデーションやパウダーはより肌を美しく見せるための仕上げとして使うようにしましょう。 厚塗りは厳禁薄づきになるように使用するのがおすすめです。

さいごに

ひとことに小鼻の赤みといっても、人それぞれによってさまざまな原因があります。原因によって対処法や治療法も異なります。 正しい対処法を行うためにも、まずはお近くの美容皮膚科や皮膚科などで医師に見てもらうと良いでしょう。 また一時的に赤みを隠したいという場合も、ご自身に肌にあったカバーの仕方を探してみてくださいね。

関連記事