整形跡について|跡が残る要因や早めに改善させるための方法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

整形跡について紹介します

ポイントや注意点を教えている女性医師魅力的な自分に変化する整形ですが、場合によっては整形跡が残ってしまうので大変です。整形跡を改善する方法はいくつか用意されています。塗り薬を使用するレーザーを使用するといった方法があるので必見です。ここでは整形跡の改善方法と対策を紹介します。

整形の跡は、主に「縫合跡」

整形外科では糸を使用する施術を行っています。施術後は抜糸を行い取り除きますが、場合によっては縫合跡が残ってしまいます。

整形跡は、基本的に術後しばらく経つと消える

人間の体は自然治癒能力を持っているので整形して傷ができてしまっても、しばらくすると傷は完治します。見た目的にもほとんど違和感のない状態に戻るので施術後、傷が出来てしまってもあまり気にする必要はないです。

整形跡を消す方法

①市販の塗り薬を使用する

どうしても傷が気になるのであれば市販の塗薬を購入するのがいいでしょう。これは擦り傷ができたときに使えるもので広範囲にも対応します。整形跡の残った赤みを抑えるグリチルリチン酸や、血行促進ターンオーバーを促進するヘパリン類似物質を配合する商品が良いです。

②レーザーによる治療

整形跡を効果的に消す方法としてクリニックのレーザー治療が使えます。効果は赤いものから白いもの、茶色の傷まで対応してくれるのが特徴です。 治療は一ヶ月から3ヶ月おきに行い様子を見ながら数回します。ほぼすべての傷跡に対応する治療方法なので、どうしても消えない傷があるときに活用するといいでしょう。 治療期間は傷の大きさに寄りますが早ければ3ヶ月、遅い場合は2年ほどとなっています。料金はサイズにより違い線タイプが1cmくらいだと3000円程度、面上の傷跡だと1cmから相場は13000円前後です。

③切開、皮膚移植などで行う修正・除去

傷跡はかなり改善するのが難しい部類です。これは皮膚移植を行うことで治療できるので知っておくといいでしょう。行う際は自分の体にある一部分の皮膚を使い移植をするため拒絶反応がなく安全性が高いです。 移植する際は皮膚の色や質感を考慮して行ってくれます。施術を行うときは止血と洗浄をして皮膚の欠損部分を整える、ダーマトームといった器具を使い皮膚と採取して皮膚が密着してズレないように調整を行うのが一般的です。こちらもレーザー同様に利用する範囲により値段が変動するので注意が必要です。

予め施術前に傷跡の有無や治癒期間を知っておく必要がある

整形を行うときにちょっと気をつけておきたいのが施術の内容です。例えば整形跡が残るものなのかをドクターに聞いておくといいでしょう。 またどれくらいの期間で整形跡が治療できるのかもカウンセリング時に質問しておくことも重要です。行う施術により傷の完治までの時間は大きく変化するので重要です。

時間が経過しても回復しないようであればクリニックに相談する

クリニックで診察を受けている女性と医師基本的に整形跡は放っておくと自然治癒により完治してくれます。しかし、場合によっては傷が中々治らない場合があるので、そういう際はクリニックに相談するのが良いでしょう。 クリニックでは保証制度を設けているところが多く、完治しにくい場合に対応してくれます。また専用の塗り薬をもらう事ができるので早期改善したいならドクターに相談するのが適切です

関連記事