小鼻にニキビができてしまった|原因と対処法を詳しく解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

小鼻にできるニキビ

鼻根を指で押さえている女性 頬やおでこは綺麗なのに、小鼻にだけニキビができてしまうという人は少なくありません。これは小鼻ならではの肌トラブルが起きやすい原因があるためです。今回は小鼻にニキビができやすい原因出来てしまった場合の適切な対処法について詳しくご紹介していきます。

小鼻にニキビができる理由

左右で二重の形が違う女性

①小鼻はファンデーションなどの汚れが溜まりやすい

多くの女性が化粧下地やファンデーションをつかってメイクしますが、この汚れがニキビの原因となるので注意が必要です。特に小鼻は肌が奥まっているという特徴があり、クレンジングや洗顔しにくいのが悩みです。 その結果汚れが溜まりやすく、肌環境の悪化により雑菌が繁殖しやすくなります。小鼻だけファンデーションを薄く塗るなど、対処してみましょう。

②皮脂の分泌がもともと多い

顔のニキビができやすい原因として、手足などの部位と比較すると皮脂の分泌が多いことがあげられます。 皮脂は肌を外の刺激から守るという働きがありますが、過剰分泌されると汚れとなる場合があります。特に小鼻は皮脂の分泌が盛んで毛穴に溜まりやすく、それが長く留まることで雑菌の繁殖へと繋がるので、必要以上の皮脂を避けるうな生活習慣を心がけるのがポイントです。

③洗い忘れ、洗い残しが多い

小鼻はファンデーションや皮脂などの汚れが溜まりやすいうえに、肌の凹凸が多い部分です。そのためクレンジングや洗顔が不十分になることが多くあります。これによって汚れがドンドンと溜まっていき、毛穴の角栓や開き、ニキビなどのトラブルの原因となってきます。 小鼻だけ肌トラブルが起きやすいという人は、洗顔やクレンジングの方法洗顔料の洗い残しがないかなどの見直しも試してみましょう。

小鼻にニキビが出来てしまった時の注意点

口角が上がっている人の口元

①無理にコンシーラーなどで隠さない

小鼻のニキビは顔の中心にできるので、人目につきやすいのが悩みです。ポッコリとした膨らみや赤みを隠すためにコンシーラーやファンデーションを厚塗りしたくなりますが、これは肌環境を悪くすることになるので控えましょう。 肌を刺激する原因になるうえに、新しく汚れとなる成分を増やすことにも繋がるので、なるべく炎症がひどい期間はその箇所のメイクを避けるのがお勧めです。

②やさしく洗顔し、保湿を欠かさない

小鼻のニキビを改善するためには、洗顔で肌を清潔にするのが1番基礎的な対策法です。洗顔料は刺激の少ないものを選び、十分に泡立てて肌にかかる負担を減らすようにしましょう。手のひらで摩擦するのではなく、泡で汚れを包んで落とすのがポイントです。 さらに綺麗になった肌に保湿効果の高い化粧水を使用することで、毛穴の開きをケアすることが期待できます。保湿をすれば肌のターンオーバーもアップさせることが可能なので、トラブルの改善も早められます。

③生活習慣を整える

適切なスキンケアは肌トラブルの改善に必要不可欠ですが、それと同じぐらいに生活習慣を整えることも大切です。栄養バランスが偏った食事を続けていると皮脂の分泌を要因となるので気を付けましょう。 さらに睡眠不足やストレスなども肌の新陳代謝を悪くし、古くなった角質の除去の働きの低下にも繋がります。生活習慣を改めれば、ニキビケアの効果を高めることにもなるので、思い当たる改善項目がある場合は、少しずつ心がけてみると良いでしょう。

④ニキビ跡を残さず、確実に直したいなら皮膚科を早めに受診

小鼻のニキビは治ったものの、ニキビ跡が残ってしまうことが多くあります。跡を残さずに確実にケアしたい場合は、皮膚科を受診するのがお勧めです。ニキビは肌の病気の一種で黄色や赤、黒などの種類があります。 皮膚科を利用すれば専門ノウハウを持った医師によるケアを進めることができます。食事や生活習慣の改善も二人三脚で行えるので、1人でチャレンジするよりも効果的に進めることが可能です。これに加えて処方薬でニキビケアできるのも大きな魅力です。

さいごに

女性の口元 小鼻のニキビは思春期だけではなく20代30代でも起こりやすい肌トラブルです。さらに数多くの原因が合わさって起こることもあるので、トラブルへと繋がる原因を把握して避けていくことが美肌をキープするポイントになってきます。

関連記事