小鼻の角栓について解説|角栓ができる原因や対処法をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

小鼻の角栓について

顎に手をついている女性の口元 小鼻の角栓が悩みだという人は、男女を問わず多くいます。この小鼻の角栓は、この部位ならではの特徴があるためで、それを意識してケアしていくことが効率良く改善するポイントになってきます。 さらに角栓は放置することで他の肌トラブルへと悪化することもあるので、確認しておくことが大切です。

小鼻の角栓はイチゴ鼻の原因にも

小鼻の角栓を長い間放置していると空気と触れる時間も長くなってしまい、酸化が進んでしまいます。その結果プツプツとしたイチゴ鼻になる可能性があるので気を付けましょう。 この状態は男女や年齢を問わず誰でも悩まされる可能性がある症状なので、原因と対処方法を知っておくのがお勧めです。

小鼻の角栓の原因

顔のマッサージをしている女性

①小鼻は皮脂の分泌がもとから多い部位

頬や目元、口元と比較して小鼻に角栓ができやすいのには、きちんとした理由があります。その1つが皮脂の分泌が盛んな部位だということです。皮脂は肌を外からの刺激や乾燥から守るという働きがありますが、必要以上に分泌されると汚れとなって毛穴に詰まってしまいます。 この状態が長く続くと、酸化して黒くなるので注意が必要です。

②ファンデーションなどの汚れが溜まりやすい部位

女性ならではの小鼻の肌トラブルの原因として、化粧下地やコンシーラー、ファンデーションがあげられます。メイクをしたらその日のうちに洗い落とすことが大切ですが、小鼻は肌がデコボコとしていて、クレンジングを使用しても汚れが落ちにくいという特徴があります。 そのため汚れが溜まりやすく、角栓に悪化する可能性が出てきます。

③肌が乾燥している

年齢を重ねていくにつれ肌トラブルは多くなる傾向がありますが、小鼻の角栓も例外ではありません。これは肌の保湿成分の減少による乾燥が原因になってきます。 肌が乾燥すると外からの刺激から守るために皮脂の分泌が活発になります。さらに毛穴の収縮も悪くなり、開いてしまった毛穴に汚れが溜まりやすくなるので気を付けましょう。

詰まった角栓を放置すると

①ニキビなどの炎症の原因になる

小鼻の角栓は、ただ単に見た目や肌触りが悪いだけでは済まされません。この状態を長く放置していると、雑菌が繁殖する原因となってしまいます。これにより肌が炎症してしまったり、痛みやニキビになる可能性があるので気を付けましょう。 ニキビにまで悪化すると完治するまでに時間がかかるので、早めにケアに取り組むことが大切です。

②角栓が空気に触れ酸化し黒くなる

角栓は古くなった角質や皮脂、ファンデーションなどが混ざりあったものです。この汚れを放置していると空気に触れ、酸化してしまいます。 酸化をするとカチカチに硬くなるだけではなく、黒くなって見た目も悪くなってしまいます。毛穴を広げる要因にもなりますし、小鼻にできるといわゆるイチゴ鼻と呼ばれる状態になって人目に付きやすくなるので注意が必要です。

角栓への対処法

顔にクリームを塗ってケアをしている女性

①日々の洗顔やクレンジングの見直す

できてしまった角栓をケアするためには、肌を綺麗にすることが大きなポイントになってきます。メイクをしたらその日のうちにクレンジングで洗ったり、洗顔することが大切です。 肌への刺激が少ないものを選び、洗顔料はしっかりと泡立てるように心がけましょう。これに加えて、清潔になった肌に素早くスキンケアアイテムで保湿することも重要です。

②角栓を取れやすくする工夫をする

硬くなってしまった角栓は、クレンジングや洗顔だけでは洗い落とすことが難しくなってきます。そんな場合はホットタオルで肌を温めて、毛穴を開かせるようにしてみましょう。 ホットタオルは角栓を柔らかくする働きもあるので、いつものクレンジングや洗顔の効果をアップさせることが期待できます。ただし必要以上に肌を温めると、それが刺激となるのでやり過ぎや温度などには注意をしましょう。

さいごに

クリーム 小鼻の角栓は顔の中心部にできるので人目につきやすいのが特徴です。 見た目が悪いだけではなく、ニキビへと悪化することも考えられるので、できてしまった原因にあわせてしっかりと対処することで効果的にケアすることが可能です。

関連記事