脂性肌について徹底解説|脂性肌の原因、改善方法など

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

脂性肌の原因と対処法について

顔の肌を指で押さえて不満そうにしている女性 肌質はいくつかの種類にわけることができますが、その中でも脂性肌は肌トラブルを招きやすい傾向があります。べたつきやニキビなどのトラブルで困っている脂性肌の人も多いのではないでしょうか。今回は、そんな脂性肌になる原因や対処法について詳しく説明していきます。

脂性肌は多くの人を悩ませている

脂性肌は皮脂が過剰に分泌されている状態です。そのためトラブルを起こしやすくなっています。そこで自分なりにスキンケアをがんばっているのに、改善されずに悩んでいるという人は少なくありません。これは、原因に対して適切な対処ができていないからです。

脂性肌とは

そもそも脂性肌とはどのような肌でしょうか。肌は、肌質によってノーマル肌・乾燥肌・脂性肌にわけることができます。乾燥と脂性が混在しているタイプもあります。 ノーマル肌は水分と皮脂のバランスが取れている状態。これが何らかの原因でバランスがくずれ、肌の皮脂分泌が過剰になると脂性肌となります。オイリー肌と呼ばれることもあります。なお、肌の水分が不足している場合は乾燥肌です。

脂性肌で引き起こされる悩み

乾燥肌の女性

すぐに肌がべたつく、テカリが気になる

オイリー肌の場合にもっとも多い悩みが、肌の不快なべたつきです。皮脂によって顔がテカってしまうのも、困る悩みのひとつです。 顔の肌と頭皮は繋がっていますので、頭皮もべとついていることが多いです。脂ぎった頭皮はべっとりした大きな脂性フケが出やすく、毛穴詰まりを起こしたりすることもあります。

化粧がすぐに崩れる

メイクは油性の化粧品で顔をコーティングしている状態です。ここに油分が混じると、化粧品の顔へのはりつきが緩み溶け出してきます。そのため皮脂分泌が多いオイリー肌は、せっかく顔に施したメイクが溶けて崩れやすくなっています。

毛穴が目立つ

皮脂を産生する器官である皮脂腺は毛穴の中に存在します。そこで作られた皮脂が出てくるのは毛穴です。 そのため、皮脂の分泌量が多い人は皮脂腺も発達してしまい、出口となる毛穴も大きく開いてしまうのです。そのため、オイリー肌の人は毛穴も目立ってしまうことが多いです。

ニキビなどの吹き出物が絶えない

ニキビは毛穴に皮脂や古くなった角質が詰まることで起こります。毛穴の中に皮脂が押し込められ、そこにアクネ菌などが繁殖すると、ニキビとなるのです。 過剰に皮脂が分泌されていると毛穴詰まりを起こしやすくなりますので、ニキビなどの吹き出物に悩まされることも多くなります。

脂性肌の原因

健康にいい食べ物や運動器具

皮脂を必要以上に洗い流してしまっている

肌の潤いは、適切な皮脂と水分によって保たれています。ところが、べとつきが気になるからといって強い洗浄力の洗顔料を使ったり、1日に何度も洗顔したりすると、肌が必要としている皮脂まで落としてしまうのです。 すると肌は危機感を覚え、保護するためにこれまで以上に皮脂を分泌するようになります。これがオイリー肌を招く原因のひとつです。

保湿不足

保湿が足りないことも肌がオイリーになる原因のひとつです。肌の水分量が減って乾燥すると、バリア機能が低下します。 すると、体が肌を守ろうとして皮脂を過剰に分泌するようになります。そのため肌が乾燥しているのに皮脂が多いというインナードライ肌になってしまいます。このタイプは、肌の乾燥を改善するためのケアを行うことが必要です。

食生活

肌は毎日の食事から作られますので、食生活によって肌質は大きく影響を受けます。油分や糖分の多い食事ばかり続けているとオイリーになります。肌がオイリーで困っている人は、揚げ物やスナック菓子、チョコレートやケーキなどは控えめにしましょう。 しかし、気にしすぎて糖分や油分を完全にカットするのもよくありません。バランスの取れた食生活を送ることが大切です。

ストレスや自律神経の乱れによるホルモンバランスの乱れ

ストレスがたまったりなんらかの原因で自律神経が乱れると、ホルモンのバランスが乱れます。すると男性ホルモンの影響が大きくなります。男性ホルモンには皮脂腺を刺激する作用があり、皮脂の分泌を活性化させるため、肌がオイリーになります。 脂性肌の男性が多いのはこのためですが、男性ホルモンは女性の体にも存在します。月経周期などでホルモンバランスが崩れることも脂性肌の原因となります。

遺伝

実は、脂性肌の原因のひとつに遺伝が挙げられます。家系のどこかに脂性肌の人がいる場合、受け継いで脂性肌になってしまうことがあります。これは皮脂腺が成長しやすい体質を受け継ぐということです。 しかし、遺伝だからといって諦めることはありません。食生活の改善や適切なスキンケアを行うなどの対処を行うことで、肌状態や肌質を改善することは可能です。

脂性肌を改善するために

鏡を見て目の下のクマを気にしている女性

クレンジングや洗顔の注意点

脂性肌を改善するためには、まずは洗顔やクレンジングを見直すことが大切です。洗浄力の強い洗顔料で洗うと必要な皮脂までを落ちて過剰分泌を招きますので、マイルドな洗顔料を使用してください。おすすめは固形の純石鹸です。 使用するときは、手に取ってよく泡立ててから顔につけ、泡を使って洗うようにします。すすぐのはぬるま湯がベストです。熱すぎるお湯にすると顔の皮脂を必要以上に落としてしまうのでやめましょう。洗った後は、すすぎ残しのないように注意します。

皮膚科に相談する

ふだんの食生活に気を配り丁寧なスキンケアをしているにも関わらず、脂性肌がなかなか改善しない場合は、皮膚科や美容系クリニックを受診するのもひとつの方法です。 皮膚の専門家に相談することで、生活習慣や行っているスキンケアの問題点を指摘してもらえたり、肌質改善のための化粧品の紹介を受けることができたりします。また、症状に応じてイオン導入やケミカルピーリング、フォトフェイシャルなどの治療を受けることもできます。

さいごに

美肌女性 脂性肌について詳しく解説してきましたがいかがでしたか。 脂っぽくてメイクが崩れやすく、吹き出物が出きやすい脂性肌は辛いものですね。食生活やスキンケアに気をつけることで改善が見込めます。ぜひ適切な対策をとって、さらりと潤いのある健やかな肌を手に入れてください。

関連記事