黒ニキビの芯は取っても大丈夫?ニキビの正しい治し方を解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

黒ニキビの正しい治し方と芯の対処法について

頰にできたニキビやできものを気にしている女性肌トラブルの中でも特に多くのひとを悩ませるニキビですが、中でも黒ニキビになるとが目立ち、つい自分で処理こころみたものの余計に悪化してしまった経験のある方は少なくありません。 ニキビをなるべく早くきれいに治療するためには、正しいケア方法を知っておく必要があります。今回は、黒ニキビへの正しい対処法について詳しくご紹介していきます。

黒ニキビとは

鏡を見て肌の状態を気にしている女性顔のニキビは皮脂腺が多いTゾーンを中心に、皮脂汚れや角質が毛穴に詰まる事で出来てしまいます。このニキビの症状が進行すると毛穴にはどんどん皮脂が蓄積し、それが表面に出てくることで空気に触れ、皮脂が酸化すると黒く変色してしまいます。 このように白ニキビから進行した状態を黒ニキビと呼んでいます。この状態ではまだ炎症は起こっていないので非炎症性皮疹と呼ばれ、黒ニキビの時点で適切な処置ができればも残らずキレイに治すことができます。

黒ニキビの「芯」の正体

黒ニキビの芯は、毛穴が開いたところに溜まった「皮脂汚れや角質」です。芯は角栓となって、より毛穴を広げる原因となってしまっています。いちご鼻と呼ばれる状態も黒ニキビの一つといわれ、毛穴の中の汚れが蓄積しており、肌の表面がドット状に見えるのが特徴です。 黒ニキビは放置すると毛穴の中でアクネ菌が繁殖して炎症を起こすので、早めに対処を行う必要があります。

黒ニキビの芯は取っても大丈夫?

ニキビの芯は見た目も目立ちやすく、指で押し出してしまいたいと感じるひとも多いはず。ですが、実はニキビの芯は自分で無理やり取ってはいけません。 無理に指で毛穴を押しつける行為をすると、皮膚表面のバリア機能を壊してしまいより悪化させてしまう危険性があります。ニキビの対処法としてよく紹介されている指で押し出したりコメドプッシャーを利用するなどの行為はできるだけ避けて、正しいケアをしていくことが大事です。 黒ニキビの正しいケアの方法についても後で紹介しているので、参考にしてみてください。

黒ニキビが出来てしまう原因

ホルモンバランスの乱れ

寝転んで肌の保湿やスキンケアをしている女性黒ニキビが出来る原因の一つとして挙げられるのは、ホルモンバランスの乱れです。特に女性は月経周期によってホルモンバランスが大きく変化するので、肌のコンディションが崩れると皮脂分泌量のコントロールが十分に行えず、毛穴に皮脂汚れが詰まりやすくなります。 過剰な皮脂汚れや角質汚れは、一度の洗顔だけでは落としきれないため毛穴に残りやすく、ニキビの原因となります。

睡眠不足

ベッドで寝転んで落ち込んでいる女性睡眠が不足してしまう事で、慢性的な肌荒れを引き起こしてしまいます。特に皮脂の分泌量が増えてしまう事により、ニキビが増えてしまうとも言われています。

便秘

お腹を押さえている画像腸内環境は肌質と密接に繋がっていると言われています。特に便秘の場合は、老廃物から吸収された有害物質が血液によって循環し、肌質を悪化させてしまいやすいとも言われています。

黒ニキビの芯をなくす方法

①毎日の正しい洗顔

洗顔をしている女性黒ニキビの芯を少しでも改善する方法として、自分で行えるお手入れの一つが洗顔ケアです。 洗顔をする際には洗浄力の強すぎない低刺激のタイプを利用することが重要で、泡立てネットを利用して十分に洗顔料を泡立ててから、泡を利用して優しく皮膚を洗い上げるましょう。 小鼻周りの汚れが目立つ場合は、指の腹でクルクルと優しくマッサージをするとだんだん芯を取り除く事ができます。

②保湿ケアも欠かさない

顔にクリームを塗ってケアをしている女性黒ニキビを防ぐためには保湿ケアもとても重要になります。特に洗顔後の保湿ケアが十分でないと、皮膚の潤いが不足し過剰な皮脂分泌がされてしまう恐れがあるので、保湿ケアを十分に行う必要があります。 皮膚に潤いが足りていると、皮脂腺からの皮脂分泌はコントロールされ毛穴に皮脂汚れが詰まりにくい状態になります。

③食生活の改善

健康的な食事日々の肌のコンディションを整える上で重要なのが、食生活の改善です。脂っこいものなどを食べ続けてしまう事で、皮脂の過剰分泌を促し、黒ニキビの元を作ってしまいます。 そこで、食事を行う際は、ビタミンC、B2、B6などが含有されている食物を積極的に摂り入れることで、そもそもの肌質の改善を図ることが可能になります。 ビタミンCは主に柑橘系に多く、ビタミンB2はレバーやアーモンド、B6は魚の赤みやニンニクなどに多く含まれているとされています。

やはり皮膚科や美容皮膚科での治療が効果的

黒ニキビは現段階では炎症を起こしていませんが、症状が進行すると赤ニキビや黄ニキビなど症状はどんどん進行し治りづらいニキビになってしまいます。 ご自身で間違ったケアを行ってしまうよりも、症状が進んでいないなるべく早い段階で皮膚科や美容皮膚科で治療を受けることをおすすめします。 ニキビの症状に合わせて適切な治療を受けることが出来るため、綺麗な素肌を取り戻す手助けをしてくれるでしょう。また、ニキビのできにくい肌質への改善も期待できます。

黒ニキビのクリニックでの治療法

①ケミカルピーリング

クリニックでレーザーや切開などの美容整形施術を行なっている医師美容皮膚科で受けられるニキビ治療の一つが「ケミカルピーリング」です。ケミカルピーリングとは、ピーリング効果のある薬剤を使用して肌の古い角質を除去することができます。 美容皮膚科で使用されている薬剤は複数ありますが、特にニキビに効果があるのがサリチル酸マクロゴールです。この薬剤は肌に負担がかかりにくく、肌表面の古い角質層だけを除去出来ます。 施術費用はクリニックによって異なり、一回8000円~15000円ほどで受けることができます。

②レーザー治療

クリニックで顔にレーザーを当てている女性ニキビ治療で用いられているレーザー機器は「アクネライト」と呼ばれ、にきびの原因であるアクネ菌を殺菌する効果があります。肌に照射することで肌の活性化も期待することが出来るので、ニキビを繰り返している方の肌質改善に向いています。 またニキビの症状を気にせずに照射することが可能なので、黒ニキビから重度の赤ニキビにも対応しています。照射時の痛みも少なく、照射後のダウンタイムが無いことも大きな魅力です。 施術にかかる料金は、一回で8,900円~15,790円ほどかかります。

③PRP治療

顎にヒアルロン酸やボトックスなどの注入による美容整形を受けている女性美容皮膚科で行われているニキビ治療の中でも、ニキビが悪化して毛穴が開いてしまった場合や黒ニキビが原因でニキビ跡が残ってしまった場合に効果的なのが「PRP再生治療」です。 PRP再生治療は、自身の血液から抽出した血小板を多く含む多血小板血漿を皮膚に注入することで、皮膚の再生力をアップさせ毛穴の開きやニキビ跡を改善することができます。 施術にかかる費用は1部位につき220,000円と高額ですが、高い美容効果が期待できるでしょう。

さいごに

笑顔の女性皮脂汚れや角質が毛穴に詰まることで起こる黒ニキビは、また炎症が起こる一歩手前なので早めに治療を行うことで、短期間で肌を綺麗にすることができます。自分で行うセルフケアもありますが、皮膚科や美容皮膚科に相談をすることで、症状に合わせた適切な治療が受けられます。

関連記事