頬の赤ニキビについて|原因や具体的な治し方など紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

赤ニキビを抑える方法について紹介します

驚いている女性対処法を間違うと肌に跡が残ってしまうこともある赤ニキビですが、日ごろの生活習慣を注意しつつ適切な対応を行えば悪化させずに済みます。特徴や原因さらには対策と合わせて、赤にきびを抑える方法についてこれから紹介していきます。

そもそも赤ニキビとは?

頬の毛穴に皮脂が詰まり菌が繁殖すると炎症を起こして赤く腫れあがり、内側には膿がたまってしまう状態です。 毛穴は皮脂腺やアポクリン汗腺から分泌物が出る部分でもあるため、清潔に保っていないと酸化して角栓が毛穴をふさいでしまい、簡単に洗っただけではきれいにならない状態になってしまいます。 頬は皮脂や汗の分泌が多い場所でもありますから、十分にケアを行っていない人に赤ニキビはできやすくなります。もともと肌質がオイリー肌である場合や、過剰に石鹸で洗うことで乾燥肌になっている人も注意が必要です。

赤ニキビの原因

皮脂過剰

赤ニキビの原因として考えられる皮脂過剰は、生まれた時から遺伝で皮脂の分泌が多い人もいますが、思春期やアグレッシブに活動を行う人、食事で脂っこいものをたくさん食べる人は皮脂腺からの分泌が過剰になりやすい傾向があります。 肌を洗いすぎてダメージを受けて乾燥肌になっている場合も肌を守ろうとして皮脂過剰になる傾向があり特に頬は鏡で見て目につく部分であるため、洗顔しすぎてしまう人も多くなっている部分です。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンのバランスが崩れると皮脂の分泌が促されてしまうことがあり、男性ホルモンのアンドロゲンはほかにも角質を増やしやすいため角栓ができやすい肌の状態を作ってしまいます。 女性ホルモンも皮脂分泌を抑える働きが期待できるエストロゲンが少なくなったときや、皮脂分泌を促すプロゲステロンが多くなってしまうと肌荒れにつながるためホルモンバランスの乱れは赤ニキビの原因です。

髪や寝具の汚れ

頬は汚れが付着しやすい部分であまり意識しない人も多いですが、髪の毛に付着している皮脂や汗にフケなどが付きやすい部分ですし、枕や布団などの寝具の汚れも寝ている間に肌につけてしまって赤ニキビの原因になります。

赤ニキビの対策

クレンジング・洗顔

赤ニキビ対策としてクレンジングや洗顔を行うことはとても大切ですが、正しいやり方でなければ状態を悪化させてしまうことが考えられます。オイリー肌であっても過剰に皮脂を取り除いてしまうとダメージになる恐れがあるため、洗顔料は肌に優しいタイプを選びましょう。 頬を洗い洗った後は毛穴も開いた状態になりますし、乾燥が進みやすいのですぐにたっぷりと保湿し行い潤いを与えて乾燥を防ぐことで過剰に皮脂が分泌されない潤いある肌に保つ必要性があります。

食生活の改善

食事から必要な栄養分を補給すれば炎症の回復と肌のターンオーバーに役立ち、美肌を目指せてよい赤ニキビ対策です。 毛穴のつまり解消にビタミンAや皮脂の分泌抑制にはビタミンB類、特にB6は新陳代謝を促してくれる成分で、コラーゲン生成に役立つビタミンCは抗酸化作用もあります。血液の循環を促すビタミンEに脂質代謝につながる食物繊維も取るようにすべきです。 ニンジンやカボチャなどの野菜類とくに緑黄色野菜がバランスよく栄養を含んでおり、野菜を多くとれるスムージーやお鍋を取り入れて食生活を改善するとよいでしょう。 反対に、血糖値を急激に上げてしまうパンやじゃがいもなどはニキビに悪影響を与えてしまうので、摂りすぎないことを注意しましょう。
【参考文献】 ⑴Ismail NH, Manaf ZA, Azizan NZ., "BMC Dermatology", "High glycemic load diet, milk and ice cream consumption are related to acne vulgaris in Malaysian young adults: a case control study.", (2012).

睡眠時間の確保

体の細胞の修復はホルモンの分泌が多くなる、寝ている時間帯に行われるので、頬の赤ニキビ対策として睡眠時間を十分に確保することは欠かせません。 お肌のゴールデンタイムともいわれる時間帯は夜の10時から2時ぐらいとされていますが、その時間に眠ることができなくても眠ってから3時間程度経過すると成長ホルモンの分泌が増加するので、質の良い睡眠を3時間以上確保するために7時間から8時間は睡眠時間を確保しましょう。

ストレスをためない

体にストレスをためるとホルモンのバランスが崩れやすくなり、十分な睡眠時間が確保できない、疲労回復に栄養成分が使われて炎症の回復に時間がかかるということになりかねませんから赤ニキビ対策としてストレスをためないようにしなければなりません。 リフレッシュする時間をまとめてとることが難しい場合でも、1日のうちにホッとできる時間を作ることが大切です。リフレッシュする時間を作ると、体の機能向上にもつながります。

適度な運動を行う

適度な運動を行うことで体の代謝や免疫力の向上につながり、血流がよくなることで炎症や細胞の回復が促されるので赤ニキビ対策として適度な運動を行うことは大切です。 代謝にかかわっている肝臓の機能を活発にさせるためには軽いランニングなら1日10分程度を1週間続けただけでも違いが出てきますから、毎日無理がない程度に続けることができる方法です。

クリニックに相談する

自身でできうる限りの対策をしても体質や体調によっては十分に効果がでない場合があり、複合的なことが原因で赤ニキビができているなら個人で対策を行うことが難しく、専門的なクリニックで相談を行い肌や体質に合った改善方法をアドバイスしてもらいましょう。 今の状態にあっている方法やこれから先の予防方法は、プロの意見を取り入れたほうが確実性も高く効率的ですから、クリニックで相談することが最も有効な方法と言えます。

日々の継続的なケアを行うことで改善を図ることが出来る

悩んでいる女性一時的に対策を行って改善してもケアを怠ってしまうとまた元の肌質になって赤ニキビが発生しやすい状態になり得るため、頬を清潔に保つことを意識しつつ日々の継続的なケアを行っていくことがとても重要で、効果的に改善を図ることが可能です。

関連記事