頬のニキビ跡について|美容整形施術や予防法まで紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

頬のニキビ跡について紹介します

鏡を見てシワやたるみを気にしている女性頬のニキビ跡は目立ちやすく、できるだけ予防したい症状です。思春期の子どもは成長が著しいことからニキビが発生しやすいことで知られていますが、大人でも不規則な生活などの原因で発生します。ニキビを潰しても、肌が赤くなってしまう等の状態で跡が残りやすいのが特徴です。

ニキビ跡が残る原因・メカニズム

頬にニキビが出来る主な原因は、睡眠不足などによる生活の乱れです。肌が乾燥していることやストレスでも発生しやすくなるので、頬のお手入れに気を遣う必要があります。 ニキビ跡が残る原因は毛穴の中で菌が繁殖して、周囲の細胞を破壊することで炎症を引き起こすからです。盛り上がったニキビを潰して中身を絞り出しても、炎症によってダメージを受けた皮膚や細胞が回復するまでには時間がかかります。

ターンオーバーを正常化させることが大切

潰したことで引っ張られただけの皮膚や軽度のニキビ跡については、そのままでも自然に回復するケースがあります。しかし、専門医の診察によって処方される抗菌薬を使用すれば、頬のニキビ跡について現状を維持しつつも改善を図れます。 肌の入れ替わりであるターンオーバーを正常化させるためには、夜にぐっすり眠るのに加えて栄養バランスが取れた食事も大切です。深層まで症状が進んでいないニキビでは赤みや色素沈着ぐらいだから、ターンオーバーで頬のニキビ跡が元通りになる可能性があります。

クリニックで行われている治療

診断結果を見ている男性医師

内服薬・外用薬の特徴・メカニズム

クリニックのニキビ跡への治療としては、体の内部から作用させる内服薬と、患部に直接塗る外用薬の組み合わせがよく用いられます。肌のターンオーバーを利用して回復させるもので、内服薬はビタミン補給やまだ残っている菌を抑制するための抗生物質が中心です。 外用薬では毛穴に詰まっている角質を取り除くものや美白で、頬に刻まれた跡を軽減するための治療をします。薬剤によって効果が出やすいのは患部の色が多少変わっている状態であり、肌がくぼんでいる状態などの場合は他の手段によって解決します。

イオン導入の特徴・メカニズム

様々なクリニックで受けられるイオン導入は、微弱な電流によるイオン化を利用して肌の奥まで浸透させていく治療法です。肌の回復のために有効成分を必要な部分に直接届ける仕組みで、美肌に役立つビタミンCがよく選ばれています。 美肌を目的とした美容に分類されているものの、頬のニキビ跡を消すことにも効果的です。色素沈着や段差がついている跡で改善した実例が多く、副作用が少ないことから他の治療法と併用されるパターンがよく見られます。

ピーリングの特徴・メカニズム

ピーリングは古い角質を薬剤などで強制的に除去していく方法で、通常のサイクルより短期間で新しい皮膚に生まれ変わるのが大きなメリットです。 美容皮膚科で扱っている治療法とあって本格的な効果があり、炎症が下の層まで達した結果であるクレーターのようなニキビ跡でも改善を期待できます。

ダーマローラーの特徴・メカニズム

ダーマローラーは、針がついているローラーによって肌の奥にある真皮を刺激するのが特徴です。針という物理的な方法で有効成分を届けることでコラーゲンを増量させ、肌の正常化によってクレーターなどのニキビ跡の回復を助けます。 施術をしても肌の表面には傷がつきにくいので、頬に残っている立体的な跡を改善させるためによく選ばれている治療法です。クリニックでは医療用のローラーを専門家が使用しているため、適切な長さの針で治療をしてくれます。

光治療(フォトフェイシャルやIPLなど)の特徴・メカニズム

高度な医療機器を有するクリニックで受けられるのが光治療で、広波長域の光を照射するIPLであれば施術後にすぐに化粧ができるメリットもあります。光治療では、主にニキビ跡における色素沈着を改善します。 代表的なものがフォトフェイシャルですが、対応できる色素沈着が後発に比べて限られているので注意しましょう。クリニックによって使用する機器のグレードが異なるので、具体的にどの機器で治療してもらえるのかをホームページ等で確認しておくべきです。

高周波の特徴・メカニズム

高周波には皮膚の表層に左右されずに奥までエネルギーを伝えやすくなる効果があり、同時に熱エネルギーを与えることで肌の回復につながります。 肌の再構築をスポット的に促進させるので効果が高い反面、使用する機器と担当する医師の腕によって結果が変わってくる治療法です。頬のニキビ跡が色や高低によって明確に分かる状態で気になってしまうケースでは、高周波による治療法で集中的に改善するのも有効な選択肢となります。

レーザーの特徴・メカニズム

レーザー治療は、ストレートに医療用のレーザーで切り取ることで新たな肌へと生まれ変わるのが目的です。皮膚に使用するレーザーにも色々な種類があり、新型では点で刺激して皮膚を入れ替えていくことも可能になっています。 へこんだ状態や盛り上がった状態のニキビ跡でも対応できる治療法で、曲線を描いている頬に施術をする時にはベテランの医師が担当するのが普通です。医師の腕が最も必要となるため、実績があって信頼できるクリニックを選ぶのがポイントになります。

ニキビ跡になる前にできること

紫外線・日焼け対策をする

紫外線は肌に大きな負担になるので、日傘や帽子による日焼け対策が大切です。黒のニキビは紫外線を浴びることで発生しやすく、日焼けによる色素沈着によって全体的に黒に近づきます。 日差しが強い日には外出を控えることや日焼け対策を万全にすることで、ニキビの発生をできるだけ防ぎましょう。

正しい洗顔・スキンケアをする

肌の異状によってニキビができるケースが多いので、正しい洗顔によって毛穴を常に清潔にすることが重要です。毛穴が詰まっていると内部で菌が繁殖しやすいので、定期的に自分の肌に合った方法で洗顔をしておきましょう。洗顔が終わった後のスキンケアもしておくと、より万全です。

刺激を与えない

肌はデリケートで、あまり刺激を与えないこともニキビを予防するコツです。頬は手でよく触る部位だから、無意識にいじるのは控えておきましょう。ストレスをためないことも重要な項目で、趣味などでストレス発散をしておくことも大事です。

バランスの良い食事をする

緑黄色野菜を豊富に摂取することで、体内の調子が改善されます。バランスの良い食事を心がけて、ニキビを増やさない健康的な生活にしてみましょう。外食では揚げ物になりがちだから、できるだけ自炊によって栄養満点の献立に切り替えるのがベターです。 また、パンやじゃがいもなどの血糖値の上昇が激しい食材はニキビやニキビ跡の状態を悪化させてしまうので、注意しましょう。

質の良い睡眠をとる

質の良い睡眠は全ての基本で、朝までしっかり寝ることが大切です。風呂上りにストレッチで体をほぐすことが効果的で、頬のスキンケアもしておくと理想的な状態で寝られます。就寝する前にゆっくりする時間を設ければ、熟睡のための睡眠導入になります。

ニキビ跡は早めに治療することが重要

女性の口元頬に刻まれてしまったニキビの跡は、早めにクリニックで治療することで大幅に改善できます。放っておいたり、誤ったケアをしてしまうと、より残ってしまう可能性もあるので、自分の状態にあった方法を教えてくれる医師の元で治療を行うことが大切です。
【参考文献】 ⑴Tokuya Omi and Kayoko Numano, "The Role of the CO2 Laser and Fractional CO2 Laser in Dermatology", LASER THERAPY, (2014). ⑵Asilian A, Salimi E, Faghihi G, Dehghani F, Tajmirriahi N, Hosseini SM., "Comparison of Q-Switched 1064-nm Nd: YAG laser and fractional CO2 laser efficacies on improvement of atrophic facial acne scar.", Journal of Research in Medical Sciences, (2011).

関連記事