眉間の角栓について|出来てしまう原因やリスク、対処法まで紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

眉間の角栓について詳しく解説していきます

眉間のマッサージを受けている女性気になる顔の肌トラブルの1つに角栓があります。角栓というと鼻にできるものというイメージが強いですが、眉間にもできやすいので注意が必要です。この肌トラブルを改善していくためには、できる原因を知り、適切な対応をしていくことが大切になってきます。

眉間の角栓ができる原因

①皮脂の分泌がもとから多い部位

角栓ができる大きな原因の1つが皮脂です。眉間は鼻やおでこと同様に、非常に皮脂が分泌されやすい部分です。過剰に分泌された皮脂をしっかりとケアできなかった場合、毛穴に溜まってしまう可能性が出てきます。 この汚れが長いこと肌に留まり続けると、やがて酸素と混ざって硬くなり、黒いプツプツとした汚れとして目立つことになります。

②ファンデーションなどの汚れが溜まりやすい部位

化粧下地やファンデーションなどを充分に洗い落としきれなかった場合、それが汚れとなって毛穴に詰まることが考えられます。 この汚れが要因となって、黒くて硬い角栓になるので注意が必要です。眉間のクレンジングは意識して洗おうとしないと、メイクオフしやすい部分でもあるので、洗顔する時は注意して洗うように心がけましょう。

③肌が乾燥している

角栓は皮脂の過剰分泌でできやすいのでオイリー肌に人に多い肌トラブルですが、肌の乾燥でも起こる場合があります。 これは肌が乾燥することでバリア機能が低下し、それをカバーするために皮脂が必要以上に分泌されやすくなるからです。乾燥した肌は毛穴の収縮も悪くなり、開ききった毛穴に汚れが詰まりやすくなるのも要因です。

詰まった角栓を放置するリスク

①ニキビなどの炎症の原因になる

毛穴に詰まってしまった角栓は、汚れが固まってできたものです。そのため、長い間放置しておくと雑菌が繁殖することがあります。 これによりニキビへと悪化しやすくなるので注意が必要です。また、雑菌が多く増えるとそれが肌を刺激して、痛みや赤みなどへと繋がることも考えられます。これを防ぐためにも適切なケアが重要になってきます。

②角栓が空気に触れ酸化すると黒ずみになってしまうことがある

眉間の毛穴に角栓が詰まっていると、肌が黒ずんで見えることがあります。これは汚れが酸素と混ざって黒ずんでしまうことが要因です。 角栓は皮脂やホコリ、ファンデーションなどの汚れが付着することで大きくなります。放置しておくと、どんどんと眉間の黒ずみも目立ちやすくなり、目元は頬との肌色の差が出でしまう可能性があります。

角栓への対処法

①日々の洗顔やクレンジングの見直す

角栓をケアするためには肌を清潔にすることが欠かせません。毎日の洗顔やクレンジングでは肌にかかる負担が少ないものを使用し、十分に汚れを落とすように意識しましょう。 眉間の汚れを効果的に落とすためには、手でゴシゴシと顔を擦るのではなく、しっかりと泡立てて洗うことがポイントです。また洗顔後の保湿ケアも重要です。

②スキンケアの工夫を行う

眉間の角栓は毛穴にギッチリと詰まっていて、ケアしてもなかなか取れない場合があります。そんな時には顔を洗う前にホットタオルで肌を温めるのがおすすめです。 鼻や眉間など毛穴の汚れが気になる部分にホットタオルをあてることで、毛穴を広げることが期待できます。さらに固まった汚れを柔らかくすることもできるので、洗顔で落としやすくなります。

日々の継続的なケアを行うことが大切

メイクをしている女性眉間の角栓ケアは、気になった時にするのでは十分な効果は得られません。毎日適切なスキンケアを続けていくことで改善することができます。さらに新しく角栓ができることも防げるので、できる原因と対処方法を良く覚えておきましょう。

関連記事