肌荒れの赤みについて|出来てしまう原因と共に改善方法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

肌荒れの赤みについて紹介します

鏡を見てシワやたるみを気にしている女性肌荒れによって発生する赤みが気になっている人も多いでしょう。肌が赤くなっていると目立ってしまいますし、顔などの場合は人に注目されてしまうかもしれません。赤みが発生するメカニズムと対策を知ることにより、綺麗な肌を目指すことができます。

赤みが出来てしまうメカニズム

肌荒れの赤みは毛細血管の拡張によって発生すると言われています。これは紅斑と呼ばれることもあり、多くのひとが悩みを抱えているということです。 毛細血管は刺激が加わることで拡張するという特徴があります。拡張することでその毛細血管を流れる血液の量が増えてしまいますし、赤みが発生しやすくなるということです。顔の真皮部分は最も毛細血管が多く集まる場所であり、拡張した毛細血管の赤みが目立ちやすいと言われています。

紅斑が起きてしまう原因

乾燥

紅斑が起きてしまう原因として肌の乾燥が挙げられます。肌が乾燥することで本来のバリア機能が低下してしまいますし、敏感肌と呼ばれる状態になってしまうのです。この状態になるとちょっとした刺激でも過敏に反応してしまうため、赤みが発生しやすくなるということです。

ニキビ

ニキビも紅斑の原因の一つです。ニキビができていること自体が肌にとっては刺激となりますし、ニキビが発生している箇所の毛細血管が反応することで赤みが発生しやすくなります。また、皮脂の分泌が過剰になって炎症が発生することも原因とされています。

紫外線

紫外線は肌に悪影響を及ぼすものだと知っている人も多いでしょう。シミやそばかすなどの原因になるだけでなく、紅斑の原因になってしまうこともあります。年齢を重ねるごとにターンオーバーが遅くなるため、紫外線には注意が必要です。

外的刺激

紅斑は摩擦などの外的刺激によって発生してしまうこともあります。洗顔の時やクレンジングの時、メイクの時などに顔を触り過ぎている人もいるでしょう。顔の皮膚はかなりデリケートですし、触り過ぎると刺激を受けやすくなってしまいます。

アレルギー反応

紅斑はアレルギー反応によって発生することもあります。アレルギーというのは特定の物質に対して敏感に反応してしまうという状態であり、花粉や埃、ダニなどのアレルギーがよく知られています。アレルギー反応はさまざまな条件で起きますが、妊娠や出産が引き金になることもあります。

肌の赤みの改善方法

正しいスキンケア

肌荒れの赤みを改善したいという場合、正しいスキンケアを行うことが大切です。洗顔やクレンジングの際には必要以上に力を入れている人もいるかもしれません。 また、刺激の強い洗顔料を使うことや1日に何度も洗顔するのも良くありません。洗顔は1日2回で十分ですし、肌への負担を軽減するためにたっぷりの泡で優しく洗いましょう。肌荒れが発生している時は刺激の少ない化粧品を使用し、きちんと保湿ケアを行うこともポイントです。

食生活の改善

肌荒れの赤みを改善したいという場合、食生活を見直すこともポイントです。肌の細胞は食事から摂った栄養素によって作られており、健康な状態を維持しています。外食が多い場合や単品だけの食事が多い場合、肌荒れが発生しやすくなります。 特にビタミンB群の不足は肌に悪影響を及ぼすと言われています。ビタミンB2やビタミンB6は肌の健康に欠かせない栄養素であり、肌細胞の主成分であるタンパク質や糖質の代謝をサポートしてくれます。ビタミンB2はレバーに多く含まれており、ビタミンB6はニンニクに多く含まれています。

紫外線対策

肌荒れの赤みを改善したいという場合、きちんと紫外線対策を行うことがポイントです。日焼け止めは1回塗れば良いというわけではありませんし、汗などで流れ落ちてしまうのでこまめに塗り直す必要があります。 また、塗りムラにならないように少しずつ塗っていきましょう。日焼け止めだけでは十分に対策できないこともありますし、UVカット加工された日傘や帽子などを利用するのもおすすめです。

しっかりと改善させたいのであればクリニックに相談すべき

頰を指差している女性自身で対処してもなかなか肌荒れの赤みが治らない場合、専門のクリニックに相談してみると良いでしょう。ドクターが肌の状態をチェックしてくれますし、最適な治療法を提案してくれます。 クリニックといってもいろいろありますが、信頼できるところを選ぶことがポイントです。気になるところでまずは無料カウンセリングを受けるようにしましょう。

関連記事