ほくろの除去手術について|効果的な施術方法や費用相場、ダウンタイムを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ほくろの除去手術について紹介します

鏡を見てシワやたるみを気にしている女性顔にほくろがあって気になっている人は多く、それを除去手術で解決している人も増えています。しかし除去手術は比較的手軽に出来るとは言え、リスクも伴います。そこで、今回はそんなほくろの除去手術について紹介していきます。

そもそもほくろとは?

ほくろは、主に日焼けをすることによって肌にメラニンが蓄積し、それがほくろとなっている場合が多いです。 また、生まれてすぐに出来るほくろもあり、遺伝の影響もあります。どうしても生活の中でメラニンは形成されるものなので、出来るのを防ぐのは難しいとされています。

ほくろ除去手術の代表的な施術方法

炭酸ガスレーザー

ほくろ除去手術の大まかな内容は、炭酸ガスレーザーと呼ばれる機器を使って行います。この炭酸ガスレーザーは医療機関でのみ使用が許可されているもので、ほくろの成分を他の皮膚をできるだけ傷めずに取り除くことが可能です。 相場費用としては5万円からで、リーズナブルなのも魅力的です。ダウンタイムとしては1週間から2週間ほど必要になりますが、いかにも手術をしましたという風には見えないので普段働いている人でも大丈夫です。

Qスイッチレーザー

次に、ほくろ除去手術のメジャーな方法としてQスイッチレーザーが挙げられます。これも炭酸ガスレーザーと同じくレーザーによってほくろの成分を溶かすものなので手軽なのがメリットです。 しかし、メスを使った方法に比べると再度同じところにほくろが出来てしまう可能性が高いです。ダウンタイムはこちらも1週間から2週間ほどですが、保護パッチと呼ばれる手術箇所を清潔な状態で保つものを使う必要があるので注意が必要です。

高周波メス、電気メス

直接メスを入れるというとかなり怖い感じがしますが、目立つ大きいほくろを短時間で除去できるメリットがあります。 レーザーは薄かったり小さいほくろしか除去出来ないのに対し、メスを使った方法だと気になる大きなほくろも除去出来るのです。ダウンタイムもレーザーに比較的長い場合が多く、赤く腫れたりして目立つこともあります。皮膚に傷が残ってしまうリスクも存在しています。

切除縫合

皮膚を縫い合わせてほくろの部分をカバーするような内容です。ふくらんだほくろや大きいほくろも除去して綺麗にすることが出来ます。手術の後1週間ほど経ってから抜糸を行う流れが一般的ですが、もともとの肌よりも綺麗な状態になったという人も少なくありません。 ただ、切開を伴うので、レーザーに比べると値段は高くなります。一般的には20万円程度と言われているのでそこまで手軽ではありません。

くりぬき法

切除縫合と似ているのがくりぬき法です。この方法はメスもしくは専用のホッチキスのような機器でほくろを取り除き、周りの皮膚を巾着のように縫い合わせていく方法です。こちらも同じく、大きなほくろでも対応することが出来ます。 ただし、あまりにもふくらんでいる場合は周りから縫い合わせる皮膚が足らない場合があるので、出来ないこともあります。くりぬき法は切除縫合のように手術後の抜糸がいらないのでその分リーズナブルになります。

凍結法

最後に、凍結法という方法もあります。これは他の方法とは全く違うもので、対象となる部分をマイナス200度で冷やして焼き切るという方法です。感覚としてはドライアイスを当てるような感じに似ていて、ちょっと痛む感じがします。平らな場合には使えませんが、ふくらんでいる場合には使うことが出来ます。 凍結法はほぼ全ての場合1回では終わらず、2回から4回の施術を経て完了する流れです。そのため、その分コストも高めです。

ほくろの状態や除去目的によって保険適用になる

また、このような除去手術はほとんどの場合は保険適用となりませんが用途によっては保険も適用されます。例えば、他の医療手術のために必要な場合などは保険が適用されます。 ただし、やはり基本的には自由診療で行われることが多く、決まった値段はないのでクリニックによって決められています。

自分にあった施術法を選択することが大切

目尻を指差している女性このように、除去手術にはたくさんの種類があり、自分に合った方法を選ぶことが出来ます。予算や施術時間、ダウンタイムなど、医師に相談して決めることをおすすめです。

関連記事