ニキビを潰すことの危険性|やってはいけない方法や跡が残らない対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

にきびを潰してしまうと危険?そんな疑問にお答えします

にきびができるとつい触ってしまう人も多いでしょう。極力触らない方が良いと言われる反面、潰す方が治りが早いという話も、聞いたことありませんか?今回はその真実について詳しくお話していきますので、悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

基本的にニキビは潰してはいけない

間違った方法やタイミングで潰してしまうと、炎症を起こし色素沈着してしまうことがあります。特に手指やつまようじなどで行うと、周辺の皮膚を傷つける上に、手に付着していた雑菌がはいり、炎症を引き起こしてしまうこともあります。 また、深く傷つけてと、クレーター状の跡が残ってしまうこともあり、こうなってしまうと簡単に消えることはなく、にきびができている状況の時には触らないように十分に気をつけることが大切です。

白ニキビは適切な方法であれば潰すことが出来る

ニキビは毛穴の中に皮脂や汚れが溜まり、それらをエサにするアクネ菌が活発になることで炎症を起こしてしまいます。程度によっては痛みや赤み、腫れなどを引き起こすことがありますが、潰すことが可能なものは痛みや赤み、腫れなどが伴わない白ニキビのみと言われています。 この段階では毛穴が炎症はしていませんので潰すことも問題ないと言われています。しかし、少しでも赤みがあったり痛みがある場合は触らないようにしてください。

白ニキビを潰せるタイミング

白にきびを潰すタイミングは痛みや赤みが無い時と言われています。この状態であればコメドプッシャーや清潔な道具(針など)使い、膿を排出することができます。 しかし、少しでも赤みがある時やしこりにきびと呼ばれる状態の時には不用意に触ることでにきび跡として残ってしまいますので注意してください。潰すタイミングを間違えてしまうと悪化させてしまったり、跡になってしまいます。

白ニキビを潰す時の注意事項

白にきびを潰す時に使用する針はなるべく細いものを選びます。少しでも皮膚に与えるダメージを抑えることがポイントです。使用する針は消毒を行ったものを使用することと、清潔なガーゼなどで拭き取るようにしてください。 この時に雑菌などが付着してしまうと炎症を起こしてしまいますので、必ず清潔なものを用意しておくことが大切です。消毒液を使用するか煮沸消毒でも構いません。間違っても指で潰すことのないようにしましょう。

潰してはいけないニキビ

赤ニキビ

赤にきびも同様に潰すしてはいけないものの一つです。赤みを持っているということは炎症が起きていることを指していますので、これを無理矢理触ってしまうと跡が残ってしまいます。 また潰したことによって酸化し、黒く変色してしまうことも珍しくありません。痛みも伴うことが多い為、自然治癒に任せておく方が治りが早いでしょう。

黒ニキビ

絶対に潰してはいけないのが黒にきびです。黒にきびは赤にきびがより炎症した状態で、にきびの中でもかなり重度な状態ですので、自然治癒だけではなかなか治らないと言われています。 黒く酸化した状態ですので不用意に触ってしまうと血が出てきてしまったり、跡を残りやすくしてしまいます。またより悪化するとしこり状態にまで発展してしまう為、潰すことは絶対にやめましょう。

黄色ニキビ

黄色にきびも潰さずに様子をみる必要があります。黄色と白色は一見似ているので見分けが付かないこともありますが、黄色くなっている時には痛みが強くありますので見分けることができます。 痛みがある時は触らないことが大切です。膿が出ると治りが早いように感じてしまいますが、毛穴の奥で炎症を起こしていることが考えられますので潰してしまうと跡が残りやすくなります。

ニキビを間違えて潰してしまった時の対処法

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

触らずにティッシュなどで液体などを拭き取る

潰れてしまった場合、適切に対処することで症状を緩和させることも可能です。まずは清潔なティッシュなどで拭き取る作業が大切ですが、ごしごしと擦ってしまうと余計にダメージを与えてしまうため、軽く拭き取る程度にします。

洗顔・保湿を行う

その次に、洗顔、保湿を行い傷口を清潔にしますが、この際、消毒を行ってしまうと、傷を治そうとする細菌にも作用してしまい、回復を遅らせてしまうと言われています。よって、しっかりと洗い流すのみにとどめておく必要があります。

紫外線対策を行う

それから大切なのが、日焼け止めを塗るなどの紫外線対策を行うことも大切です。特に色素沈着を招きやすい状態なので、しっかりとUVケアを行うことで改善させることが期待できます。

クリニックで治療を行うことで綺麗な肌を手に入れることが可能

にきびぐらいでクリニックを受診するなんてと悩んでいる方もいるかもしれませんが、にきびはクリニックを受診した方が綺麗に治ると言われています。状態によっては自然治癒を待っているとかなりの時間を要することもあるからです。そのような時はぜひクリニックを受診してください。 ただし、クリニックといっても治療法や医師の考え方が異なっていることが多いので、医師の経歴や資格、口コミなどを参考にすることをおすすめします。

関連記事