男性のニキビ跡について|原因から見えてくるセルフケア方法から治療方法まで紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

男のニキビ跡について紹介します

顎のラインを気にしている男性皮脂量が女性よりも多い男性の肌は、ニキビができやすい性質を持っています。思春期にはどうしてもニキビがたくさんできてしまうのは仕方ありませんが、それを潰してしまい跡が残っている人も少なくありません。 そんなニキビ跡に悩める男性へ、さまざまある種類やその特徴、対処法などをご紹介します。今からでも遅くありませんので、諦めずにトライしてみませんか?

ニキビ跡が出来てしまうメカニズム

ニキビ跡とは、発生したニキビが気になるあまり、いじったり無理に潰してしまったりと間違った対処法を取ることで生じる肌の症状です。ニキビは毛穴の皮膚を硬化させますので、皮脂がうまく外へと出られなくなる状況を作り出します。 バイ菌の塊であるニキビが毛穴の中に滞在する時間が長くなると、より肌に異常を与え、赤くなったりボコボコな見た目になってしまいます。

赤紫・紫色のニキビ跡の原因・メカニズム

赤紫色や紫っぽい色といった赤みがかったニキビ跡では、実はまだ皮膚内での炎症が持続している状態です。ニキビの炎症では、バイ菌と戦った白血球の死骸(膿)が患部に溜まっていきますが、そこでニキビを潰してしまったり刺激を与えると内出血を引き起こします。その時に排出される膿には当然血液が混じっていて、このような色味になります。

茶色い色素沈着したニキビ跡の原因・メカニズム

炎症を起こしたニキビ周辺の皮膚では、自己防衛本能作動によりメラノサイト細胞へメラミン色素を生成する指令を出します。 紫外線だけでなく、バイ菌など外部からの侵入者による炎症から皮膚を守るためにも、メラニン色素は作用します。このメラニン色素が茶色い色素沈着の原因となります。これは炎症後色素沈着と呼ばれる症状です。

クレーター状(肌の凹凸)のニキビ跡の原因・メカニズム

表皮層・真皮層・皮下組織層という3層で構成されている皮膚ですが、このうち表皮層は角質などが含まれている一番上の層に位置し、約28日のサイクルで皮膚細胞組織の新旧交代が行われています。 これがターンオーバー(新陳代謝)と呼ばれる仕組みです。ターンオーバーが行われない真皮層・皮下組織にまでニキビの炎症が及ぶと、クレーター状の痕跡を作ってしまいます。

しこりがあるニキビ跡の原因・メカニズム

表皮を支えている細胞や真皮層・皮下組織層にまで炎症の悪影響が及ぶと、回復期には繊維化現象が起こります。これは結合組織の細胞間に存在する膠原繊維組織が過剰に増殖するというもので、皮膚組織がしこりのようになっていきます。 このように、ダメージを受けた部分の隙間を埋めようと生成された細胞生成が過剰化することで、しこりがあるニキビ跡となってしまいます。

ケロイド状のニキビ跡の原因・メカニズム

手術を経験した人の中には、傷跡がケロイド状になっているのを見たことがあるかもしれません。ニキビでも同様に、ケロイド体質を持っている人の場合にはケロイド状のニキビ跡が残ることもあります。 これも皮膚組織の膠原繊維組織の増殖が過剰になった結果です。赤みは患部の周辺にまで広がり、凹凸ができたり、痒み・痛みを感じることもあります。

セルフケアでニキビ跡を改善する方法

美白効果がある化粧品・ケア用品を使う

ニキビ跡専用のケア用品では、ニキビの悪化を避けるためにも、アルコール・界面活性剤など肌への負担が大きい成分が含まれていないものを選びます。また、色素沈着を改善するためには、ビタミンC誘導体配合の美白効果のある化粧水を使いましょう。

市販薬(一般用医薬品)を使用する

ニキビ跡に効果のある市販薬では、代表的なものでオロナイン軟膏があげられます。初期の跡や赤みのあるもの、色素沈着などであれば、効果が期待できます。 炎症を鎮めるためには一番上の皮膚を溶かす必要がありますが、軟膏がその役割を果たし、肌の炎症部位へと薬剤を届けてくれます。ちなみにオロナイン軟膏は第二類医薬品(化粧品よりも効果が高い)に分類されています。

クリニックでのニキビ跡を消す方法

内服薬・外用薬

皮膚を専門に扱うクリニックでのニキビ跡に対する治療では、内服薬や外用薬(塗り薬)を用いることが多いです。 跡だけが残っているように見えても、その内部では炎症が続いていることもありますので、ターンオーバーの促進作用が強いトレチノイン成分や、ニキビの原因と言われるアクネ菌に効果を発揮する抗菌作用成分を含んだ塗り薬を使います。また、炎症を鎮静化させる成分を含んだ飲み薬も同時に処方されることが多くあります。

内服薬による治療の治療回数・治療期間・相場

内服薬単体の治療の場合と、外用薬との併用の場合とがあります。受診回数は複数回になり、2週間~1ヶ月の服用期間で徐々に効果が現れてきます。費用相場ですが、3割負担の場合には、診察代・薬処方代を合わせても数千円ほどで治療を受けることができますので、全体的にそれほど高額にはならないことがほとんどと言えます。

外用薬による治療の治療回数・治療期間・相場

外用薬は1ヶ月間を目安にして塗り続け、様子を見ながら治療をしていきます。症状の違いによって治療期間・診察回数は異なりますが、軽度であれば治療がたった1回でも大きな効果が見えることがあります。ハイドロキノン・トレチノインのどちらを用いても、かかる費用の相場は数千円で済みますので、試してみる価値はあります。

ピーリング

クリニックではピーリング治療というものもあります。この治療では、ピーリング薬剤(酸性)を用いることで肌表面をごく薄く削り取り、肌の新陳代謝を促進したり色素沈着を根こそぎ取っていきます。 薬剤が酸性ということで、施術後には多少痛みが伴うこともあります。これは肌のターンオーバーが促進されていることを実感できる感覚とも言えます。特徴としては、効果の高さから治療が1回で済むことが多いという点があげられます。

ピーリングによる治療の治療回数・治療期間・相場

軽度のニキビ跡であれば、1回の治療で完了することが多いです。ピーリング後に肌を鎮静化させるダウンタイムに数週間を要しますが、治療自体は1回となります。 費用の相場は20,000円前後(1回)で、周期数の延長が必要な場合には、その分金額がプラスとなっていきます。1回でも十分な効果が得られて、約1ヶ月ほどという期間であれば、この金額も高くはないと言えます。

光治療(フォトフェイシャル・IPLなど)

クリニックの光治療では、フォトフェイシャル・IPLといった特殊な波長を持つ光を使います。これらの光が患部に当たると、色素沈着の発生している細胞が破壊され、その周辺の細胞が再生しようと活性化するというメカニズムになっています。 ニキビのダメージを受けている患部や色素沈着部位などは、それぞれ肌の深度が違っていますが、それら個々のトラブルに合わせて複数の波長を出すことができるのがフォトフェイシャルやIPL機器です。

光治療による治療の治療回数・治療期間・相場

光治療では、たった1回でも効果が十分に得られます。もっと効果を得たい人では複数回の施術をする場合もあります。また、ニキビの症状によっても複数回の施術が必要となることもあります。 施術回数の平均は3~5回と言われていて、期間は数カ月ほどで見た目はかなり改善されます。費用の相場は約10,000~50,000円ほどになり、クリニックによっても多少異なります。

高周波

クリニックでの高周波治療の特徴は、ニキビ跡に直接アクセスしてトラブルを取り除くことができる点です。皮脂腺に高周波を流すために細い針を患部に刺すという方法になりますが、これが肌へと直接活性化促進となります。 皮脂腺にだけ刺激が行きますので、周辺の皮膚にはダメージが及びません。数多いニキビに悩んでいたり、ニキビ跡が広範囲にわたっている場合に効果を発揮するということで、この治療法はさまざまな目的に有効だと言われています。

高周波による治療の治療回数・治療期間・相場

そんな高周波治療も、たった1回で大きな効果が得られることがほとんどです。但し、ニキビの状況によっては複数回の施術が必要となる場合ももちろんあります。 治療回数は平均して3~5回と言われ、数カ月の治療期間となります。費用の相場は約20,000円(1回)で、クリニックによって料金が多少変わってきますので注意しましょう。

レーザー

肌のレーザー治療は昔から良く知られていますが、その特徴は1回の治療で再生可能な細胞は10%以上、実感するまでは複数回の施術を受ける必要があるという点です。 治療のメカニズムは、肌細胞の破壊を点状に行うことで肌全体の引き締め効果とともに、肌の持つ本来の再生機能を活性化させるというものです。軽度であれば1回の施術で終わる人もいますが、施術をして経過観察をしながら回数を決定していくことになるのが多いようです。

レーザーによる治療の治療回数・治療期間・相場

レーザーによるニキビ跡の治療では、大抵の場合は3~5回の施術が必要となってきます。施術による腫れや痛みが落ち着くまでのダウンタイムは2週間~1ヶ月ほどになっていて、全ての期間は数カ月ほどかかることになります。費用の相場は10,000~50,000円と言われ、クリニックによってだいぶ開きがあるようです。

ニキビ跡が気になる場合は早めにクリニックに相談すべき

グーサインをして笑っている男性男性に多いニキビ跡は色素沈着が伴っていることがほとんどですので、症状が進行する前に早めに医療機関へ相談することをおすすめします。 治療に取り組むのが早ければ、その分治療期間も費用負担も減らすことができるからです。また、医療機関では個々のニキビ跡の状況に合わせて治療法を、医師と相談しながら選択していくことが大切になります。
【参考文献】 ⑴Tokuya Omi and Kayoko Numano, "The Role of the CO2 Laser and Fractional CO2 Laser in Dermatology", LASER THERAPY, (2014). ⑵Asilian A, Salimi E, Faghihi G, Dehghani F, Tajmirriahi N, Hosseini SM., "Comparison of Q-Switched 1064-nm Nd: YAG laser and fractional CO2 laser efficacies on improvement of atrophic facial acne scar.", Journal of Research in Medical Sciences, (2011).

関連記事