固いニキビの正体と原因は?自力で治す方法とクリニックでの治療法

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

固いニキビについて

顎を気にしている女性鼻や顎の部分に良く固いニキビが出来て毎日憂鬱な気分になりませんか?もしかしたらそれはニキビではない別の病気かもしれません。今回はその場合を踏まえて固いニキビの正体と原因、自力で治す方法やクリニックでの治療法を紹介していきたいと思います。

固いニキビの正体とは?

考えている女子学生固くてしこりのようなニキビは「硬結ニキビ」の可能性が高いです。ニキビには【白→黒→赤→黃】という順番で症状が悪化していきますが、その中でも特に硬結ニキビは症状が重い状態です。自然治癒はあまり期待できず、すぐに治ることは難しいでしょう。 そして硬結ニキビは芯が見えないタイプのものが多く見た目が虫さされに似ています。そのため手でかいたり、無理やり潰そうとする方が多いです。 ただしそこからニキビに雑菌が入り炎症が悪化し、最悪の場合、感染症にいたる人もいるため絶対に触らないでください。

固いニキビは「粉瘤」の可能性もある

固いニキビは痛みやかゆみがあるのに対して、それらがない場合は粉瘤(ふんりゅう)の可能性があります。 粉瘤(ふんりゅう)とは皮膚の良性腫瘍ですが、古い角質や皮脂が溜まった袋状のものが皮膚の下にできてしまい放置すると巨大化し悪臭を放ちます。粉瘤に関しては自力でのケアは見込めないので粉瘤と思ったらすぐにクリニックへ相談してください。

固いニキビが出来てしまう原因

頭を抱えながら悲しそうに電話をしている女性ニキビを放置したり触ったりすることによりアクネ菌が大量増殖し、それを抑えるために白血球の一種である好中球が発生します。 そして好中球の特性としてアクネ菌を減らすのと同時に活性酸素も発生し、それが毛穴を維持しているコラーゲンやエラスチンも一緒に破壊してしまうので毛穴が弱くなります。この弱くなってしまった毛穴を修復しようと細胞が急激に増えすぎて固くなるのが固いニキビの原因と言われております。

固いニキビの自分でできる治し方

適切なスキンケア

泡を持っている女性洗顔はしっかりとした泡で優しく転がすように顔全体をマッサージしましょう。クレンジングもゴシゴシ擦ることは避ける必要があります。汚れが残らないようにすすいだら、早めに保湿を始めることも大切です。 女性の場合、ニキビをファンデーション類で隠そうと厚塗りするのは避けましょう。化粧品には油分をたっぷり含んでいる商品が多くその油分がニキビを刺激し固いニキビを増やすきっかけになってしまいます。 帰宅後は早急に化粧を落として化粧水など乾燥を防ぎましょう。肌の環境を整えて肌にストレスを感じさせないようにしましょう。

市販薬を使用する

クリーム仕事などで忙しく、クリニックに行く時間がないという方は市販薬で治す方法もあります。固いニキビは炎症がひどい状態のニキビなので純粋に炎症を抑える薬を使用すれば治ることもあります。炎症を抑えてくれる成分のイブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール、ヒドロコルチゾン、オキシテトラサイクリン塩酸塩などの抗生物質が含まれている市販薬が効果的です。 しかし、市販薬だけで抑えるのもまた難しい場合もあります。使い続けても成果がみられないときはクリニックに相談しましょう。

しっかりと睡眠を取る

ベッドで寝ている女性新しい皮膚へと生まれ変わるためにはターンオーバー(肌の新陳代謝)が必要です。 ターンオーバーが行われやすい深い眠り(ノンレム睡眠)は22時~午前2時までの間です。この時間帯は最も肌のターンオーバーが活発におこなわれると言われており、この時間帯に熟睡することが理想的です。固いニキビの影響で破壊された肌の再生を活発化させるためにも睡眠の質にはこだわりましょう。

食事で必要な栄養を摂る

野菜栄養不足によって肌の新陳代謝が停滞してしまい、ターンオーバーが乱れ固いニキビの完治を遅らせることもあります。 ターンオーバーの乱れを正常化するためには以下の3つの栄養素を適量摂ることが大切です。 ・アミノ酸を豊富に含んだ良質のタンパク質(卵、牛乳、大豆など) ・ビタミンA、B群、C、E(緑黄色野菜・キノコや海藻類、果物、ナッツ) ・亜鉛やマグネシウムなどのミネラル、良質の油(オリーブオイルなど) 特にビタミン類は、お肌のターンオーバーには大事な栄養素で、次のような働きが期待できます。 ビタミンA:古くなった角質が剥がれ落ちるのを促進する効果 ビタミンB6:肌の新陳代謝を促し、細胞を活性化する働き ビタミンC:コラーゲン生成を手助け、ターンオーバーがスムーズになる またビタミン類には皮脂の分泌をコントロールする働きがあるので継続的に摂取することが大切です。

適度な運動をする

夕暮れに運動しているカップル運動不足は血流の悪化を招き、せっかくバランスのいい食事を摂取していても肌まで栄養を届けることができなくなり肌の修復の妨げになってしまいます。 適度に体を動かすことで血流が良くなりターンオーバーをさらに促進させ肌にも栄養が行き渡り固いニキビが出来づらい環境を整えましょう。

固いニキビをクリニックで治す方法

クリニックの男性医師市販薬を使用しても成果がえられず、自力でケアをしても固いニキビが一向に良くならない場合は早急にクリニックでの治療を検討しましょう。

切開手術

皮膚を切開して固いニキビの膿を取り除く方法です。切開の前に、固いニキビの大きさや深さを超音波検査で調べ、どれくらい切開するのかを決めます。麻酔を使ってもらえますが、体質によって効果が違ってくるので痛みがある場合もあります。 手術時間はしこりの大きさにもよりますが数十分~1時間で終わります。ただし傷が残ってしまうリスクが多少なりともあるので、しっかりと医師と相談して施術を受けるかを決めましょう。

レーザー治療

レーザー光がニキビの中の膿を溶かし、また雑菌も排除してくれのでニキビの炎症が早く収まります。またニキビの中にたまった皮脂も溶かしてくれるので、それ以上にニキビが悪化することもなくなるでしょう。 ただし、レーザー治療の種類によっては痛みがかなり強く治療後の肌のダメージが大きい機種もあるためこちらもしっかりと医師と相談して施術を受けるかを決めましょう。

固いニキビを治すには日頃のケアが重要

頭にタオルを巻いて寝転んでいる女性の顔固いニキビになってしまう前にこまめにケアをすることが一番の治す方法であり大切な要素です。 毎日しっかりケアを継続的に行い、ターンオーバーを意識しつつ規則正しい生活習慣を身に着け固いニキビの出現、悪化しない環境をつくる努力をしましょう。 既に症状が悪化し一日でも早く固いニキビを完治したい方は触ったり無理やり潰したりはせず、近くのクリニックへ早急に相談しましょう。

関連記事