ニキビを針で潰すのは正しい?赤ニキビはNG!針で潰す注意点を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニキビは針を使って潰しても大丈夫?

頬にできたニキビやできものを気にしている女性 ニキビができて皮膚科へいくと、針で潰すという治療を受けたことがある方もいるのではないでしょうか。 もちろん、この方法もニキビ治療の一つとして行われている方法ですが、針で潰して治せるくらいなら、自分でやった方が早いのではないかと思ってしまいますよね。 ただし、ニキビの状態によっては針で潰してしまうことで悪化したり、ニキビ跡を残してしまったりすることも。 そこで今回は、ニキビを針で潰すという方法について、それが比較的向いている方法と自分で潰す際の注意点を紹介していきます。

針で潰すことが可能なニキビの状態

白ニキビ

針で潰してニキビを治療するという方法は、主に皮膚科で行われているもので、皮膚科では「面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)」と呼ばれています。 これは、全てのニキビに対して行える方法ではなく、ニキビに種類によっては潰さない方が良いケースもあります。 そのため、状態をしっかりと見極めて行う必要がありますが、「白ニキビ」は針で潰しても良いようです。 白ニキビは毛穴の中に角質や皮脂が溜まっている状態のため、悪化する前に針で潰して中のものを出すことで改善が見込めるようです。

赤ニキビ・黄ニキビ・しこりニキビは針で潰してはいけない

何かを拒否している女性 赤ニキビは炎症を起こしている状態で、黄ニキビは赤ニキビが悪化して化膿し、膿を持っている状態です。それがさらに悪化して、肌の奥まで進行してしまっているのがしこりニキビです。 これらに針を刺してしまうと、炎症が悪化したり、肌にダメージを与えただけで膿がしっかりと出なかったりすることも。 その結果、ニキビ跡として残ってしまう可能性を高めてしまうので、絶対に針を刺して潰すという行為をやめなければなりません。 特に、黄ニキビは白ニキビと間違えやすいので、判断が難しい場合は、無理に自己判断で潰すはやめておきましょう。

ニキビを針で潰す際の注意点

人差し指を立てて注意点を示している女性 大事な用事などでどうしても白ニキビを針で潰すという際には、皮膚や道具に付いた雑菌を傷口に入らないようにすることが重要です。 そのためには、患部とその周り、使う道具を全て清潔にした状態で行わなければなりません。 針と患部とその周りを消毒液で消毒します。使用する針は太いものよりも傷口が小さく済むようにできる限り細いものを選ぶことがポイントです。 針で穴を開けた後に中の物質を押し出す際、使う手もしっかりと洗って消毒しておきましょう。

針を使ってニキビを潰す場合は病院で治療を行いましょう

クリニックで診察を受けている女性と医師 針を使ってニキビを潰して治療していくという方法は、一般的な皮膚科でも行われている治療の一つです。ただし、症状・状態によってはそれが適していない場合も多くあります。 もちろん、ニキビをきれいに治すには、病院で治療をする方が良いでしょう。 だからといって近所の一般皮膚科や専門性の低い美容皮膚科に言ってしまえば、治療方法が限られてしまったり、治療が適切ではなかったりしてしまうことも。 そのため、肌治療の分野で専門性の高い美容皮膚科を受診することで、幅広い治療方法の中から、負担の少ない治療でニキビを治すことができそうです。

関連記事