紫ニキビの原因と治し方とは?ニキビ跡になる前に行いたい治療方法を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

紫ニキビはセルフケアでは治すのが難しい

頭を抱えて失敗や後悔を悩んでいる女性 紫ニキビは、ニキビの中でも悪化してしまっているニキビの一つです。 多くの場合、真皮層まで炎症・化膿が起きており、セルフケアで治すのは難しい可能性が高いです。 そのため、紫ニキビを治すためには、病院での治療が必要になってくるでしょう。 そこで今回は、紫ニキビができる原因と治し方について紹介していきます。

紫ニキビができるメカニズム

顔の肌を指で押さえて不満そうにしている女性 紫ニキビは複数の種類があるニキビの中でも、特に状態の悪いニキビの一つであると言われています。 紫ニキビは、炎症を起こした赤いニキビから、膿が溜まった黄色いニキビになり、内部に血と膿がたまっている状態のニキビです。 嚢腫・結節性ニキビとも呼ばれ、複数の種類があるニキビの中でも、最も悪い状態であると言われています。 これはニキビができている部分だけでなく、その周りにまで炎症が起きていることが多く、ニキビ跡が残りやすいようです。 そのため、セルフケアではなく病院での治療が必要になるでしょう。

紫ニキビができる原因

頭を抱えて悩んでいる女性紫ニキビは、できてしまったニキビの炎症や化膿が繰り返され、皮膚の深い部分まで炎症し、膿・血が溜まることが原因と言われています。 通常、代謝や血流が正常であれば、溜まったものも自然に排出されて紫ニキビはなくなるようです。ただし、代謝が低下していたり、血行不良を引き起こしてしまっていると、紫ニキビになってしまう可能性があるようです。 そもそもの原因として、ニキビを作らないことが重要になってきます。ニキビの原因はホルモンバランスの乱れ・不規則な生活習慣・ストレス・代謝の低下などが関係してきているので、これらを改善することがポイントになってくるでしょう。

紫ニキビはセルフケアで治すことが難しいニキビである

何かを拒否している女性 紫ニキビは真皮層まで影響を与えていることが多いニキビのため、セルフケアでは深い部分までケアをすることは難しいです。 また、仮にセルフケアで治すことができても、ケアの方法によってはニキビ跡として残ってしまうケースも少なくありません。 そのため、肌治療で専門性の高い病院で治療が必要です。

紫ニキビを治す方法

顔に手を当てて喜んでいる女性

外用薬・内服薬

紫ニキビの治し方として外用薬や内服薬を用いる治療があります。効果が期待できると言われている薬は複数あり、症状・状態・体質などにあったものを用います。 この治療の場合、患部に炎症が起きていると判断された場合には、ステロイドで炎症を抑えるとともに、抗生物質が届きやすい環境にしてから外用薬・内服薬治療を行うことがあるようです。

漢方薬

紫ニキビの治し方には、漢方薬を使った方法もあります。 強制的に治すことが目的ではなく体質を改善することが主な目的なので、肌や身体へかかる負担を抑えて治療することが期待できます。 どちらかというと、漢方のみではなく、他の薬を併用して行われることが多いでしょう。

ホルモン治療

ホルモン治療は女性のみが行える治療方法のようです。男性がホルモン剤(ピル)を服用してもニキビが改善できないどころか、体調不良になってしまう可能性があるので注意しなければなりません。 そもそもニキビができる原因はホルモンバランスの乱れからできることが多いため、女性ホルモンを優位の状態にするためにこの治療が行われます。 女性ホルモンを優位の状態で維持ができれば、肌が持っている治癒能力が働くので、根本的な部分で治療をしたいという場合には、ホルモン治療が選択肢になるかもしれません。

紫ニキビを治すには医師・クリニック選びが重要

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性 紫ニキビはニキビの一つであることに間違いはありませんが、状態が良いとは言えません。 ニキビなら近くの皮膚科もしくは美容皮膚科で受ければ治るものだと思ってしまいますよね。 実は、保険診療を行なっている皮膚科や、専門性が高くない美容皮膚科は、取り扱っている治療方法に限りがあるため、その中から治療が行われます。 そのため、せっかく病院に行ったのにも関わらず、なかなか治らないというケースが多くあります。 そうならないためにも、肌治療を専門としているクリニックや肌治療で評価の高い医師・クリニックを選ぶことが重要です。

関連記事