【巨大ニキビ】膿は出していいの?大きくなる原因と対処法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

巨大ニキビについて原因と対処法を紹介

ただでさえ鬱陶しニキビが日に日に大きくなって巨大なニキビに変貌しているってことはありませんか。 初めは小さかったニキビも、時間が経ってしまうと徐々に大きくなってしまう場合もあります。 ではなぜ巨大なニキビができるのでしょうか。 そこで今回は巨大なニキビができる原因と流れ、対処法について紹介していきます。

ニキビが巨大化する原因

ニキビが巨大化する原因は様々な理由があります。 外的刺激、炎症、感染症などありますがその中でも特に毛穴が皮脂などで詰まることにより皮脂が過剰に分泌されて毛穴に汚れが溜まりニキビが肥大したものが巨大ニキビです。 そのため、塞いでいる状態が続いてしまうと初めは小さかったニキビも次第に巨大化していきます。

巨大なニキビができる流れ

①毛穴の皮脂詰まり

ニキビができる原因は様々ですが、その中でも大きな原因の一つが皮脂が毛穴に詰まってしまうことです。 皮脂とよばれる油のような成分は肌の表面を外からの刺激や乾燥から守っていますが、これが過剰に分泌されることで毛穴に詰まっていきます。 その状態がしばらく続いた場合、小さかったニキビが巨大化してしまう可能性もあるため注意しなければなりません。

②皮膚中に皮脂が溜まり始める

顔の皮膚の中でも皮脂が溜まりやすい場所やそうでない場所があります。頬や顎は皮膚が厚く、皮脂が溜まりやすい箇所と言われています。 その部分に皮脂が溜まってしまうと、皮膚の厚さで気づきにくく、ニキビができたと感じた時には巨大化しているケースも少なくありません。 そのため、皮膚が盛り上がっている・触ると少し痛みを感じるという場合には、奥でニキビができているか、ニキビのできかけになったいる可能性があるので早めに対処しましょう。

③老廃物や外的刺激による重症化

人間は体に溜まった老廃物を排出することで体の機能を保っていますが、冷えなどで代謝が悪くなると老廃物が体内に残りやすくなってしまいます。 そのため古い角質も肌に蓄積してしまうので、ニキビを悪化させたり巨大化させてしまったりするでしょう。 また、すでにあるニキビを汚れた手や雑菌のついた髪の毛などが触れてしまうと、刺激となりさらに症状を悪化させてしまうこともあるため注意が必要です。

④炎症が広がる

肌の炎症はアクネ菌の増殖と関係してしていると言われていますが、赤ニキビや黄ニキビが悪化すると肌が炎症してしまうというケースが少なくありません。 アクネ菌は肌の表面に存在する常在菌なので失くすことはできませんが、過剰に増えてしまうと角栓が塞がる原因になるでしょう。 その他ため、アクネ菌を増やさないような状態を保つのが、巨大化させないためのポイントです。

巨大ニキビ対処法

膿は出してはいけない

まだ膿が溜まっていないニキビや症状が悪化しているニキビを爪や指などで絶対に無理やり潰さないでください。高い可能性で周辺の皮膚を傷をつけてしまい、雑菌が付着して炎症または感染症を起こす場合もあり、さらに深く傷つけてしまえばクレーター状の跡も残ってしまう恐れもあります。 もし、既にニキビの潰し症状が悪化している場合、早急に病院を受診してください。症状に応じて、適切な処置を施してくれるでしょう。

生活習慣を見直そう

見直すポイント改善点
ストレスを貯めない趣味をつくる、友人と出掛ける、スポーツで汗を流す
食生活ビタミンが多い緑黄色野菜を多めに摂取する
睡眠質の良い睡眠をとる
巨大ニキビをつくらないためにもまずはニキビが出来ない環境をつくりましょう。 ストレスを貯めないためにジョギングなど汗を流したり友人と交流をするなどストレスの発散場所をつくりましょう。 また、食生活ではほうれん草、人参、ブロッコリーなどの緑黄色野菜を中心に献立を考えて、肉類や炭水化物などばかり過剰摂取しずバランスの良い食生活を目指しましょう。 そして睡眠では、ターンオーバーが頻繁な肌のゴールデンタイムである22時~2時の時間帯は積極的に熟睡するなど見直せる所から徐々に見直していきニキビができない環境を整えましょう。

早急に治したい場合は病院へ

どれだけニキビができにくい生活を心がけていてもニキビが発生し巨大化を防げない場合もあります。巨大ニキビができてしまって早めに治したい、どうしても気になってしまう方は早急に病院へいきましょう。巨大化する前に病院で治療するのが一番効率よく治すことができます。

大きなニキビに効く市販薬

人によっては、お仕事で病院に行く時間がない、正しい手順でスキンケアを施してもなかなか巨大ニキビが治らないという場合もあります。そんな時は、ニキビに効く市販薬が大きな活躍をみせてくれるかもしれません。抗菌薬(オキシテトラサイクリン塩酸塩)やステロイド(ヒドロコルチゾン)などが含まれてる市販薬がより効果的です。 しかし、効果には個人差があるため長時間使用しても成果がえられない場合は病院への受診を検討しましょう。

巨大ニキビではなくもしかしたら粉瘤では?

よく巨大ニキビだと思ったら粉瘤だったという見間違える場合も少なくありません。粉瘤とは皮膚の下に袋状のものができ、その中に皮膚から剥がれ落ちた角質や皮脂が溜まってできた良性腫瘍です。 そして粉瘤はニキビとよく似た症状で菌が繁殖すると赤く腫れてしまったり、痛みを伴ったりすることがあります。 ニキビとの唯一の違いは、粉瘤は皮膚の老廃物のため異臭を放ちます。できものから異臭を感じたらそれは巨大ニキビではなく粉瘤かもしれません。 判断が難しい場合もあるため、迷ったら病院を受診し、適切な処置を受ける必要があります。

ニキビが治らず巨大化する場合は病院へ

ニキビが巨大化すればするほど治るまでに時間がかかってしまいます。 普段からケアをしていても対処不可能な状態になってしまう場合は対処法でも記載している通り早急に病院を受診して適切な施しを受けてください。 ただし、どこの病院でも同じ結果が得られるというわけではなく、医師・クリニックの専門性によってはあまり効果が見られなかったり悪化してしまったりするケースも少なくありません。 また、皮膚科と美容皮膚科のどちらかを選択するかにもよってできる治療方法は異なってきます。 そのためこの分野で専門性の高い医師・クリニックを選びましょう。

関連記事