ほくろが多い原因とは?増やさないための対策や除去する方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

多いほくろを減らしたい!

顔の肌を指で押さえて不満そうにしている女性 生まれつきほくろが多いことをコンプレックスに持ってる人は少なくないでしょう。ほくろがあることで健康を損なったりすることはないですが、あまりにも肌に多く見られると気になってしまいますね。今回はそんなほくろが多い状態の改善方法について詳しくご紹介します!

ほくろが多くなる原因

①紫外線によるメラニンの増加

ほくろを増やしてしまう原因のひとつが紫外線です。紫外線を浴びることで肌は刺激を受け、メラノサイトが活発に働きメラニン色素が生成されます。メラニン色素はある程度の量は体に必要とされていますが、色素の量が多いとほくろとなって体に残ります。

②ストレスによるターンオーバーの乱れ

ストレスが溜まると自律神経が乱れてしまいます。自律神経の乱れは、肌のターンオーバーの乱れに繋がります。ターンオーバが乱れてしまうことで、肌の生まれ変わりがスムーズに行われないため、肌トラブルの原因になります。

③妊娠などによるホルモンバランスの変化

妊娠中にほくろが増えることは珍しいことではないそうです。妊娠中はプロゲステロンという女性ホルモンが増えるのですが、このホルモンはメラノサイトを刺激してメラニンを分泌します。ホルモンバランスが変化して、今まで無かった場所にできたり以前より大きく濃くなるという現象が起こるとされています。

ほくろを除去する方法

①炭酸ガスレーザー

【施術内容】 炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)は水分の多い組織を無差別に熱し、組織を蒸散させたり炭化させて細胞を削り取るレーザー治療です。炭酸ガスレーザーは色に関係なく、特に水分に吸収される性質を持っているので、皮膚に当てるとほとんど皮膚組織内の水分に吸収されます。この時に熱を発し、一瞬のうちに組織を消し去ることが可能と言われています。 【効果・メリット】 炭酸ガスレーザー治療のメリットは切らない施術なので出血がなどの心配なく施術を受けられ、尚且つ傷の治りが早いという点です。また炭酸ガスレーザーは肌の色を選びませんので、色の濃さは関係しません。色の薄いほくろでも何の問題もなく取り除くことができるので大丈夫です。 【リスク・デメリット】 炭酸ガスレーザーは優秀ですが、除去後のアフターケアを怠ると肌に赤みが残ることがありますし、傷跡が盛り上がってしまうこともあります。反対に、大きなほくろを治療した場合は凹みが残ることもあるようです。 【施術にかかる時間・費用】 炭酸ガスレーザーの治療に掛かる時間は、10分程度と言われています。注射による麻酔の時間を入れたとしても、短い時間で施術がp終了します。また、費用の目安は1mm毎に2,000円〜4,000円ほどとされています。

②皮膚切除

【施術内容】 皮膚切除によって除去する治療は、ほくろのい形が盛り上がりがあっても平坦でも治療の対象となります。施術方法にはメスで切り取って縫う紡錘形切除と、円形のメスで丸くくり抜いて巾着のように縫うくり抜き法があります。メスで組織を残さず摘出し、くり抜いた傷が大きければナイロン糸で縫合するようです。黒あざとも言われる大きなものでは紡錘形切除を数回に分けて行うなど、大きさや形、場所によって適した方法を行います。 【効果・メリット】 皮膚を切除して取り除いても傷は小さいですし、顔の皮膚は修復が早い方なので、それほどきにする必要はありません。ほくろの色の薄さも関係なく取り除くことができます。また、皮膚の中の母斑細胞を完全に取り除くので再び発生する可能性はほとんどありません。 【リスク・デメリット】 施術後に、痛みや赤みは出てしまうことがあります。また、術後のケアが十分でなければ赤みが続いたり傷跡が目立つこともあります。まぶたや唇付近などの変形の可能性がある部位には向かないとも言われています。 【施術にかかる時間・費用】 切除の場合は事前に血液検査が必要になり局所麻酔も使いますので、全てを合わせると1時間程度かかり、施術時間だけを言うと約30分ほどと言われています。費用は保険適用で5,000円〜15,000円前後が相場のようです。

ほくろを増やさないための対策法

①紫外線対策を怠らない

ほくろを増やさないようにするためには、紫外線対策が大切です。日焼け止めをこまめに塗ったり、帽子や日傘を使用するという簡単な予防法を日常的に徹底することが必要になります。日焼け止めだけでなく、UVカット効果のあるメガネやコンタクト、サングラスも使うとより予防になるでしょう。

②日々の生活習慣を見直す

生活習慣を整えることは肌のターンオーバーを整えることにもなります。夜更かしをせず十分な睡眠を取り、主食や副菜などを用意して栄養バランスの良い食事をする、趣味や工夫でストレスの改善などを心掛けることでターンオーバーが正常に行われるので、ほくろが多くなるのを抑えてくれるでしょう。また、適度な運動や入浴も大切です。生活習慣は時間がかかりますが、続けると数年後には大きな差が出るものなので根気良く続けましょう。

ほくろで悩むならセルフケアだけでなく、一度クリニックに相談してみよう!

鏡を見てメイクをしている女の子 ほくろが多くなる原因は先天的なものから後天的なものまで多岐に渡ります。ほくろの多さにコンプレックスを持っているのであれば、一度クリニックに相談してみるのがいいでしょう。ほくろは自分自身の力で対処できるものではないので、あまりにも気になるのであれば除去施術を視野に入れて見ましょう。

関連記事