あなたの毛穴の種類はどのタイプ?それぞれの見分け方や原因を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

毛穴にはどんな種類があるの?

顔の肌を指で押さえて不満そうにしている女性鼻や頬は顔の中心部分なので、毛穴が目立ちやすいという特徴があります。また、一言で毛穴のトラブルと言っても、種類があり、原因もそれぞれ異なってきます。 闇雲に毛穴ケアをしても、あまり効果が見られなかったり悪化してしまったりする可能性もあります。 そこで今回は、毛穴の種類とその原因について紹介していきます。

毛穴の種類・特徴

詰まり毛穴

毛穴トラブルの代表的な種類に、詰まりタイプがあげられます。これは文字通り毛穴に皮脂やファンデーション、古くなった角質などの汚れが詰まっている状態を指しています。 こうなってしまう主な原因には、皮脂の過剰分泌クレンジング・洗顔の不足が考えられます。肌についてしまった汚れを綺麗に落としきることできないと、やがてそれが肌の奥深くに詰まってしまい、雑菌が繁殖する要因にもなるので注意が必要です。 メイクをしない人や男性も、皮脂の分泌が盛んな思春期に起こりやすいと言われているので気を付けましょう。

開き毛穴

毛穴が大きく開いて目立つタイプは、皮脂の過剰な分泌が要因の1つになっています。毛穴が丸く開いていて、特にTゾーンなどのテカリやすい場所に開き毛穴が見られることが多いようです。 皮脂は肌を外からの刺激から守るというバリア機能の働きを持っていますが、必要以上に分泌されてしまうと汚れとなって肌の奥に詰まってしまうので注意が必要です。 さらにこの状態は皮脂の出口が大きく開きやすく、その結果毛穴が目立つことへと繋がるので気を付けましょう。 この他にも肌の乾燥なども影響してきますが、これも保湿成分の代わりに皮脂が分泌されることが原因となっています。

黒ずみ毛穴

毛穴の悩みの中でも特にあがるのが黒ずみ毛穴です。このタイプは黒くブツブツした状態が目立つだけでなく、肌を触った時にザラザラ感があるのが特徴です。 この原因には、皮脂が関係してきていると言われています。皮脂が過剰に分泌されてしまうと毛穴が詰まります。詰まりの先端部分が空気などに触れることで酸化し、黒ずんでしまうでしょう。 鼻に多い悩み・肌トラブルで、いちごのような黒いポツポツが気になるタイプがこれに当てはまるようです。

たるみ毛穴

気になる毛穴部分をじっくりと観察してみて涙状に下に垂れ下がっている場合は、たるみタイプの可能性が高くなってきます。 このタイプの毛穴は、年齢を重ねることによって肌の弾力やハリが失われたことが大きな原因となってきます。弾力やハリの失われた肌は重力に負けて下に垂れやすく、その結果、毛穴まで下に引き下がってしまいます。 肌の弾力やハリの低下は、保湿成分の減少があらわれやすい30〜40代に特に起こるので、早めのケアが大切です。

様々な毛穴の症状の対策方法

適切なスキンケアを行う

洗顔をしている女性

クレンジング

メイクは、皮膚表面に残ってしまうと、汚れが詰まり思わぬ肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。 その為にもしっかりとクレンジングを行うことが大事ですが、落とそうとするあまり、ゴシゴシと擦ってしまっても肌に逆効果になってしまいます。 出来る限り、指の腹で優しくくるくると円を描きながら、表面の汚れを落とすように洗い落とすことが大切です。 また、オイルクレンジングは皮膚に必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性もある為、目元などのメイクが濃い部分のみ使用して、他の部分はミルククレンジングなどで対処すると、より肌に優しいとされています。

洗顔

クレンジングと同様で、優しく洗い流すことが大切になってきますが、弱酸性などの肌に優しい洗顔料で行うことも大切になってきます。 摩擦や刺激を与えないためにも、よく泡立ててから行うことが重要で、理想は泡で洗い流すことが出来れば、効果的と言われています。

保湿

クレンジング、洗顔後の保湿は重要になってきます。特に湯上りなどのぬるま湯は毛穴が開いている状態なので、すぐに保湿ケアを行うことで、水分量を保った肌を作ることが可能になります。 また、皮脂分泌が多い人でも、乾燥した状態だと皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまうので、ニキビなどのトラブルを引き起こしてしまいます。

紫外線対策を行う

日焼けをしている女性の肌紫外線は肌にダメージを与えてしまう大きな要因になってしまいます。最悪、皮膚がんなども誘引してしまうため、しっかりとUVケアを行うことが大切です。 SPF50といった日焼け止めも多いですが、肌への負担も少なくないため、SPF20~30ほどの日焼け止めを、適宜塗っていくことが大切です。

バランスのいい食事を心がける

色とりどりの野菜食生活は肌の環境と密接に関わりあっていて、脂っこい食事が続いたり、偏った食事を続けてしまう事で、肌トラブルを引き起こしてしまう確率が高くなってしまいます。 肌質の改善や、ダメージや傷の修復に効果的な成分としてビタミンB2、B6、Cが効果的です。主に脂質の代謝をサポートしつつ、肌のハリや潤いを保つ役割を担ってくれます。

睡眠を十分にとる

睡眠をしている女性睡眠時間は非常に重要と言われています。特に肌の再生が促される22時~2時は【ゴールデンタイム】とも言われており、その時間には就寝しておくことが望ましいとされています。 また、睡眠の質も重要で、入眠前にホットココアを飲んだり、ヒーリングミュージックなどをかけてリラックス出来る環境を作ることも大切になってきます。

ストレス解消を心がける

夕暮れに運動しているカップルストレスがかかってしまう事で、ホルモンバランスの乱れやターンオーバーの乱れを引き起こしてしまう可能性があります。 日頃から忙しい場合は、休日などを利用して、適度な運動などを行うなどして、ストレスを溜めないように過ごすことが大切です。

毛穴パックを使用する場合の注意点

頰のたるみを気にしている女性毛穴のシートパックは、一時的に毛穴の詰まりを解消することが出来るため、ついつい使ってしまいがちです。 しかし、非常に皮膚に負担の多い方法であり、繰り返し行うことで毛穴が開きっぱなしになってしまうばかりか、皮膚表面にもダメージを受けてしまう可能性があります。 余りに酷い毛穴の詰まりや黒ずみなどの場合は一度の使用であれば問題ありませんが、繰り返し使用することは慎重に検討する必要があります。

クリニックでの毛穴の治療方法

クリニックで診察を受けている女性と医師

レーザー治療

肌の表面に目に見えないくらいの小さな穴をあけ、あえて肌にダメージを与えることで、傷を修復しようとする身体の反応を利用した施術方法です。 フラクショナルレーザーなどが代表的なレーザーと言われており、照射することでコラーゲンの生成を促進させ、肌のハリを出すことでたるみ毛穴などに効果があると言われています。

ケミカルピーリング

フルーツ酸などが含有された特殊な薬剤を皮膚表面に塗布することで、古い角質をはがし、肌のターンオーバーを促進する効果があるという施術がケミカルピーリングです。 肌の角質や皮脂の詰まり、酸化によって黒ずんでしまっている場合に効果を発揮し、定期的に行うことで新陳代謝を活性化させ、肌本来の状態にすることが可能な施術です。

イオン導入

ビタミンC誘導やプラセンタなどを肌に浸透させるために、微弱な電流を流して肌表面を中性の状態にすることが可能な施術をイオン導入と言います。 使用する成分は、前述したビタミンC誘導体やプラセンタだけでなく、グリシルグリシン・トラネキサム酸などがあり、医師と相談の上で、自身の毛穴の状態に合わせた薬剤と組み合わせて行うことが大切です。

毛穴の悩みは種類にあった適切な方法でケアを行おう

輪郭の綺麗な小顔女性毛穴トラブルには種類があり、原因やケアの方法が異なってきます。症状・状態に適した方法でなければ、改善が見られない・悪化してしまったということにもなりかねません。そのため、タイプと原因を見極めることが必要です。 ただし、見極めは自己判断でするのは難しいので、この分野で専門性の高いクリニックを受診しましょう。そうすることで、効率よく改善していくことができるでしょう。

関連記事