自由診療の医療費免除について|美容整形で医療費免除になることはある?

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

自由診療で医療費が免除になる可能性があるって本当?

何かを思いついた女性 自由診療は保険が適用されないため、高額になりがちです。 しかし、歯の矯正などは医療費が免除となるケースも存在します。 そこで今回は、自由診療でも医療費が免除にケースについて紹介します。

自由診療とは?

自由診療とは、公的医療保険が適用されず、全額自己負担になる診療のことです。厚生労働省が認可していない治療や薬を使用すると自由診療となります。 保険診療は1割〜3割との自己負担で、高額療養制度を利用した場合は、上限から超えた金額に対しては払い戻しを受けることができます。 ただし、基本的に、高度先進医療を除いては、治療の中に健康保険が適用される治療が含まれていたとしても自己負担となる治療・薬がある場合には、全額自己負担となります。

自由診療で医療費免除される条件・ケース

たくさんの100ドル札 基本的に一般的に支出する水準を一定額以上超えると認められている特殊なものと、見た目を綺麗にするための費用は対象外ですが、不正咬合治療のための歯列矯正や、金・ポーセレンなど一般的に使用されていると言われる材料での治療は、医療費控除の対象とされています。 また、子供の治療のために大人が付添人として一緒に病院を訪れた場合にかかる通院費も医療費控除の対象になるようです。 ただし、交通機関などを利用した場合に発生するもので、自家用車で通院した際のガソリン代・駐車場代などといったものは対象外です。

美容整形は医療費が免除されることは基本的にない

医療費免除の対象となるのは、病気の治療のために支払った金額です。 病気のための治療であれば外科矯正治療であっても医療費免除の可能性があるとされていますが、見た目の問題を改善する美容整形の場合は医療費が免除されることはなく、基本的には費用は全額自己負担になります。 また、手術費はもちろんのこと入院中のベッド代も対象にはなりません。 美容整形は治療とはみなされないことを忘れないようにしましょう。

自由診療でも医療費免除になるものとならないものがある

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性 国で認められている治療・薬以外は自由診療です。 美容整形は、特に健康上は問題ないものに対して手を加えるもののため自由診療となり、基本的に医療費を免除することはできません。 その中には、歯科治療など自由診療であっても医療費が免除になるケースがあります。 治療を受ける際は自由診療でも医療費が免除となるかしっかりと確認してから受けるようにしましょう。

関連記事