老人性色素斑とは|原因や消す方法・治療にかかる費用相場を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

老人性色素斑の特徴と消す方法とは?

鏡を見て目の下のクマを気にしている女性 シミといっても種類がありますが、特にできやすいシミと言われているのが、紫外線によるダメージの蓄積で起こるシミが老人性色素斑です。 なぜ、老人性色素斑ができてしまうのか原因が気になりますよね。 そこで今回は、老人性色素斑の原因とその特徴、消す方法について紹介していきます。

老人性色素斑の原因・特徴

頭を抱えて悩んでいる女性 老人性色素は日光性黒子とも呼ばれるもので、長年にわたって肌に紫外線によるダメージが蓄積することが原因と言われています。 肌に紫外線が当たると肌細胞を守るためにメラニン色素が生成されます。長年蓄積されることで起こる皮膚の変化で、これが「シミ」となってあらわれます。 特に日光によく当たってしまうような顔・手の甲・腕などに茶色いシミができます。20代でもできますが、30代〜40代にかけて発症しやすいようです。

老人性色素斑と肝斑の見分け方

肌にできるシミには老人性色素斑の他、肝斑といったシミがあります。それぞれ治療方法が異なり、症状・状態に適切でなければ悪化したりあまり効果が得られなかったりします。 そのため、見極めが必要になってきます。 肝斑は薄くもやっとしたシミで左右対称に現れるため、この点で、非対称にできる濃くはっきりとした老人性色素斑とは異なります。 ただし、肝斑の中には、左右対称にできても位置・大きさが同じではないものも存在します。そのため、場合によっては見極めが難しい可能性もあります。

老人性色素斑を消す方法

こめかみのマッサージを受けている女性

内服薬・外用薬

老人性色素斑の消す方法として、内服薬・外用薬といった薬で行う方法があります。 薬を使った治療では、メラニン色素を合成を抑制する作用が期待できるハイドロキノン、メラニンを除去する作用が期待できるトレチノイン、ターンーバー促進に期待ができるビタミンC・L-システインなどを服用することで、老人性色素斑を解消することができるでしょう。 外用薬だけで治療する場合もあれば、内服薬を併用して行う場合もあります。 《治療回数・頻度・費用》 内服薬のみの場合と外用薬のみの場合もあれば、併用する場合もあります。 内服薬は約1ヶ月ほど服用をし、改善が見られなければさらに飲み続ける必要が出てくることも。1ヶ月あたり約5000円ほどの費用がかかるでしょう。 外用薬は肌の漂白剤と呼ばれている成分が含まれているものもあり、医師の指導のもと様子を見ながら使用しなければなりません。1回あたりの量や塗布する回数は症状・状態によって異なりますが、2000円〜3000円ほどのことが多いようです。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは特殊な薬剤を使って、肌の表面に蓄積した古い角質を柔らかくし除去しやすくするのがケミカルピーリングです。 これを行うことによって肌のターンオーバーが促進され、老人性色素斑の改善が期待できます。 《治療回数・頻度・費用》 ケミカルピーリングの治療を何度も受けてしまうと肌にダメージを与えてしまうため、通常は2週間〜4週間に1度の施術が目安になります。 個人差にもよりますが、最低でも3回以上の施術が必要になります。 受けるクリニックによっても費用は異なりますが、1回あたり8000円〜10000円ほどかかります。 回数コースで契約すると1回あたりの費用を安く抑えることができるでしょう。

レーザー・光などの照射系治療

老人性色素斑の原因であるメラニン色素に反応するレーザー治療器や光治療などを使った治療が行われます。 色素に反応するので、ほかの周辺組織に与えるダメージを最小限に抑えることで、過剰にメラニンができている部分が熱破壊されて、細胞が再生し、徐々に薄くすることができるでしょう。 レーザーはピンポイントで照射するのに対して、光治療では顔全体に照射するものなので、数が少ない場合はレーザー治療で行い、数が多い場合や広範囲にわたる場合は光治療で行うようです。 《治療回数・頻度・費用》 小さいものであれば1回の照射でも目立たなくなる可能性はありますが、レーザー治療の場合でも光治療の場合でも複数回の施術が必要になることが多いようです。 症状・状態によって治療回数・頻度は異なりますが、数ヶ月単位で時間がかかるでしょう。 1回あたりの費用は使うマシンの種類によりますが、1回1万円〜5万円ほどの費用が必要です。

シミが気になったら早めに医療機関に相談しよう

カウンセリングを受けている女性と医師 特に紫外線が主な原因である老人性色素斑はそのまま放置しておくと、シミが大きくなってしまったり、数が増えてしまったりすることも少なくありません。 そのため、シミが気になったら早めに対処しましょう。 ただし、シミの種類で対処の方法が異なり、セルフケアで失敗すると悪化したりお金をかけたのにも関わらず効果が得られなかったりもします。 そのため、早めに医療機関で相談しましょう。

関連記事