【美容整形】ダウンタイムの正しい過ごし方|施術別の注意点など詳しく紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
11

ダウンタイムの過ごし方について詳しく知りたい!

嬉しそうな女性 手術を受けた後には傷が回復するまでのダウンタイムが生じることがあります。その間は生活の中でも制限が出てしまうこともあり、その都度適切に対処していく事が大切です。ダウンタイムの過ごし方で傷の治り方が変わってくることもあるので、正しいダウンタイムの過ごし方を確認しましょう。

代表的な美容整形のダウンタイムの目安

二重整形などの目元形成の場合

美容整形で目元形成の手術を受けた場合、ダウンタイムは1週間から2週間ほど必要になってくると言われています。 手術の内容や手術を担当する医師の腕などによってもこの期間は変動することになりますが、少なくともこの期間中は傷の痛みや腫れなどが顕著にあらわれると考えて良いでしょう。

ヒアルロン酸・耳介軟骨移植・プロテーゼなどの鼻形成の場合

ヒアルロン酸・耳介軟骨移植・プロテーゼなどの鼻形成の手術の場合、それぞれでダウンタイムの期間が異なってきます。比較的傷が小さくて済むヒアルロン酸を用いた治療の場合、ダウンタイムは数日から1週間ほどです。 ただ、耳介軟骨移植やプロテーゼ挿入の手術を行う場合にはその分皮膚を大きく切開するため、2週間から数週間ほどのダウンタイムが必要です。

えらやあごなどの輪郭形成の場合

えらやあごなどの輪郭形成に必要なダウンタイムは、骨を削って大掛かりな手術を行う場合にはその分体への負担が大きくなっていきます。傷が目立たなくなるまで1か月以上かかることもありますし、痛みや腫れが引くまでに数週間程度期間を有することもあります。他の治療に比べて期間が長くなる傾向にある、この点は注意していきましょう。

ニキビや赤ら顔などの肌治療の場合

ニキビや赤ら顔の肌治療の場合、主にレーザー機器が用いられることになりますが、施術を受けてから1週間は患部に痛みや腫れ、かさぶたなどの症状が残ります。それぞれのケース、体質によっても若干の違いはありますが、施術を受けてから数日は患部の傷に負担がかからないように日常生活の中でも注意が必要です。

フェイスリフト治療の場合

フェイスリフトでは切開を伴う方法と、そうでない方法とで術後の経過が変わってきます。切開を伴う方法だとその分傷が大きくなるので、回復までに2週間から1か月ほどの期間が必要です。切開を伴わない場合であれば最短1週間ほどで痛みや腫れの症状は目立たなくなっていくと言われています。 ▽「フェイスリフト」の詳しい情報はこちらフェイスリフト~気になる施術内容と口コミ・体験談を紹介~

脂肪吸引の場合

脂肪吸引の治療の場合、その治療を行う部位によって回復にかかる期間は変わってきます。顔のように筋肉や神経が集中している部位だと傷の回復に時間がかかる傾向にありますし、それ以外の腕やお腹周り、脚周りであればその負担が少ない傾向にあります。 ただ、どの部位の脂肪吸引であったとしても2週間から数週間程度の期間が回復に充てられることになる為、治療の際にはある程度まとった休みを取って対応していきましょう。

豊胸施術の場合

豊胸手術の場合、傷の回復にどのくらいの期間が必要になってくるでしょうか?これも人それぞれで具体的な期間は異なってきますが、平均で3週間程度の期間が必要です。 傷口が小さければ小さい程、手術時間が短ければ短い程、回復にかかる期間は短くなるので、治療や病院選びの際にはこうした点も参考にしていくといいでしょう。

術後の経過に合わせたダウンタイムの過ごし方

施術当日の過ごし方

傷の回復期間の過ごし方として、手術当日は無理をせず安静にすることが大切です。手術当日はとりわけ体力を消費して体が弱った状態です。傷の回復を早めるためにも体調を整え、無理をせず安静に過ごしましょう。

術後2〜3日の過ごし方

傷の回復期間の中でも、術後2日から3日の間は、患部を冷やすことを心がけていきましょう。この期間は傷口が炎症を起こしやすく、熱もこもりやすくなっていきます。保冷材などを用いて患部を冷却することで、炎症を抑えて傷の治りを早くしていく事が出来るというわけです。ダウンタイムの過ごし方としてこの点はしっかり押さえておきましょう。

術後2〜3日経過した後の過ごし方

手術後、2日から3日が経過して患部の炎症が治まってきたころには、逆に患部を温める事がポイントとなってきます。 お湯で温めたタオルを患部に当てて血行を良くしていきます。たったこれだけの事でも患部の血行を促進することが出来ますし、その影響で細胞の活動を活性化し、それが傷の回復を早めていく事になっていきます。

就寝時の過ごし方

手術の後、手術を受けた部位は心臓よりも高くして寝るのが良いでしょう。患部を心臓よりも下にしてしまうと出血が促されて傷の治りが遅くなってしまいます。心臓よりも傷口を上にする、たったこれだけの事でも出血を防ぎ、結果的に傷の回復力を高める効果があるとされています。 枕や布団を使って就寝時の体勢を変えるだけでも、傷の回復力は格段に良くなってきます。

ダウンタイムの過ごし方のポイント

クリニックで指導されたアフターケアをしっかりと行う

手術を受けた後には、クリニックでアフターケアの方法を指導されます。患部の冷やし方や温め方、保湿の方法に至るまで細かくサポートが受けられるところもあるため、しっかり覚えましょう。また軟膏などの処方薬が出されている場合には、その薬もしっかり使いきって、炎症や感染症を食い止めることも大切になってきます。

術後しばらくは入浴を控えシャワーで済ませる

美容整形手術を受けた後には、しばらく入浴を控えることも大切です。手術の内容によっては当日でも入浴が可能なケースもありますが、極端に体を温めると血行が良くなりすぎて傷の治りを遅くしてしまう事もあります。 こうした事態をさけるためにも、手術後数日は長時間の入浴を避け、シャワーで対処していくようにしていきましょう。

塩分が多いものなど味の濃いものを控える

手術の後には食事の内容にも注意が必要です。塩分や味の濃いものばかりを摂っていると、それが原因で高血圧の症状を強めてしまう事があります。これによって傷の治りが悪くなり、結果的に回復期間を長くしてしまう事もあるので、必要に応じて気を付けていくようにしましょう。

激しい運動を控える

美容整形手術を受けた後は激しい運動も控えるべきです。手術後の入浴同様、過度の運動は血行を良くしすぎてしまい、傷の回復を遅くしてしまいます。時に出血をひどくしてしまう事もあるので、少なくとも医師の許可が下りるまで、傷がある程度ふさがるまでは安静に過ごすようにしていきましょう。

術後のメイクについて

美容整形手術を受けた後、実際にメイクが出来るまでの日数は手術の内容によっても異なります。ただ、患部への刺激を避けるためにも手術後1週間、特に患部に腫れや痛みが残っている段階ではメイクも避けるのが無難になってきます。 手術後抜糸をして、傷が安定したころから医師の許可を受けた上でメイクを始めていくといいでしょう。

ダウンタイムを快適に過ごすためにすべきこと

手術前日までに十分な準備をする

美容整形の手術ではある程度のダウンタイムが必要になってきます。この期間をより快適に過ごすために、手術前日までに用事は済ませておきましょう。 食材を買いだめしておいたり、ゲームや雑誌、DVDなどを用意して不用意に外出しなくてもいいように準備しておきます。たったこれだけの事でも手術後の負担を軽減できますし、結果的に傷の回復を早めていく事が可能です。

余裕を持った休みをとる

美容整形手術を受ける際にはある程度まとまった休みを取ることも大切です。先に挙げたように、ダウンタイムの期間中は患部に腫れや痛みなどの症状があらわれます。中には仕事や日常生活にも支障をきたすほどのケースもあるので、大事をとって余裕を持った休みを取るようにしましょう。

ダウンタイム期間は安静にして過ごそう!

喜んでいる女性 美容整形の手術を受けた後は、傷の回復までにある程度の期間が必要になります。 このダウンタイムの過ごし方として、出来るだけ安静を心がける事、患部への刺激を避ける事が大切になってきます。手術を受ける際には事前の準備を徹底して、ダウンタイムを過ごしましょう。

関連記事