ニキビができていても化粧はしても良い?化粧とニキビの関係を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニキビがあっても化粧はしても良いの?

まぶたのメイクをしている女性 ニキビができてしまったら、化粧で隠す人は少なくありません。 もちろん、原因の一つと考えられる化粧品の使用を控えることも重要にはなってきますが、必ずしも化粧品が全て原因というわけではないので、ニキビがあっても化粧をすることは可能でしょう。 ただし、注意しなければならないこともあります。 そこで今回なは、ニキビと化粧の関係について紹介していきます。

ニキビの原因は化粧とは限らない

ニキビの原因は化粧だと思われがちですが、実際には原因は他の部分にあることが多いと言われています。そのため、ニキビがある場合に化粧をしていても問題はないようです。 ただし、ニキビを悪化させてしまうような成分が含まれている化粧品もあるため注意しなければなりません。 ニキビができている時には、一時的に低刺激の化粧品を使用すると良いでしょう。 また、ニキビの上から化粧をする場合は、帰宅後、しっかりとメイクや肌に付着した汚れをしっかりと落とす必要があります。ここで注意しなければならないのが、落とし忘れとゴシゴシ洗いです。 落とし忘れもゴシゴシ洗いも肌に負担がかかってしまうので、落とし残しのないようクレンジング剤を肌にしっかりとなじませ、ぬるま湯とよく泡立てた洗顔料で優しく包み込むように洗ってくださいね。

すでにできているニキビの上から化粧をすると悪化する可能性がある

びっくりして驚いている顔 すでにニキビができている場合は、普段の化粧に注意しなければなりません。 メイクをする際に使用する道具によって刺激を与えてしまうと、痛みを感じたり症状が悪化してしまったりする可能性があります。メイクをする際にはできるだけ刺激を与えないように気を付けるようにしましょう。

ニキビができている状態で行う化粧の際の注意点

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

化粧下地

化粧下地はメイクをする前に、肌に直接塗るもので、ニキビに対しても上から塗ることになります。そのため、化粧下地には注意しなければなりません。 含まれている成分や普段から特にカバー力の強い化粧下地を使っている場合には、肌に負担をかけてしまったり、ニキビあを悪化させてしまったりするものもあります。 そのため、ニキビの色味を消すようなコントロールカラーなどを使用して、ニキビを目立たなくさせるのが良いでしょう。

パフ・ブラシを清潔に保つ

メイクをするときに使用するパフ・ブラシは、何度も同じ物を使っているとたくさんの汚れが付着してしまいます。汚れが付いた状態で使用していると肌にも汚れが付着してしまい、ニキビが悪化してしまう可能性があるので注意しましょう。 そのため、使い捨てのパフを使用する、専用のブラシやパフはこまめに専用の洗剤で洗っておくなどして、清潔な状態を保ってくださいね。

ニキビができたら早めに病院で治療をしよう

クリニックでカウンセリングをしている画像 ニキビは必ずしも化粧でできるものというわけではありません。そのため、ニキビがあってもメイクをすることは可能です。 ただし、普段使っている化粧道具の中には、悪化させてしまったりニキビの原因となったりするものもあります。 もちろんメイクを控えればそれだけ肌への負担を減らせますが、仕事上すっぴんが難しいという方も多いです。 そのため、肌へ負担の少ない化粧品を使うことが大切になってきますが、今後ニキビ跡として残さないためにも早期で治療を行なった方が良いでしょう。

関連記事