【シミを取りたい方必見】主なシミの種類と効果が期待できる取り方

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

シミの種類と取り方とは?

鏡を見て頬のシミやニキビなどのできものを気にしている女性 いつの間にかシミができているという経験がある方はありませんか。 目立つので、すぐにでもシミを取りたいと思っている方は多いでしょう。 しかし、シミといってもその種類は様々です。治療方法も複数あり、シミの種類によって適切な方法を選択しなければあまり効果が得られなかったり、逆に悪化してしまったりすることもあります。 そこで今回は、ご自身のシミの症状にあった治療法は何なのかを知るために、シミの種類と施術法について紹介していきます。

シミの種類

老人性色素斑

様々なシミの中で最も多くの方が悩んでいるといわれているのが、老人性色素斑です。20代以降の男女に現れることの多い、茶褐色の色素斑です。 主に紫外線が原因と考えられており、日が当たりやすい顔・手・腕・上背など露出機会の多い部位にできることが多いようです。大きさは数ミリ程度のものから数センチに及ぶものまで様々です。 このシミを取る場合には、主にレーザー治療が行われます。レーザーといってもその種類は様々ですが、Qスイッチルビーレーザー・Qスイッチヤグレーザー・Qスイッチアレキサンドライトレーザーが使われることが多いようです。 いずれもメラニンを生成する色素細胞を選択して、熱エネルギーを与えることで破壊し、改善が期待できるでしょう。 この老人性色素班と似た症状で、一部皮膚が盛り上がったようになるのが、脂漏性角化症という症状です。この場合、炭酸ガスレーザーによる治療が行われることもあります。

肝斑

目の周りを避けて左右対称にできるシミができるという特徴を持つ肝斑は、30代〜40代の女性に多く見られます。 妊娠中や、低用量ピルの服用時など、女性ホルモンのバランスの変化が肝斑の出現に関係していると言われていおり、閉経とともに徐々と薄くなっていくことが多いです。 肝斑の改善に効果が期待できる治療法は、トラネキサム酸やビタミンCなどが用いられ、内服薬で体内からアプローチする方法、肌に直接浸透させるイオン導入、メラニン色素に反応する低出力のレーザーを使用したレーザートーニングといった方法があります。場合によってはハイドロキノンなどの外用薬を併用することもあるようです。 一部のレーザー治療を肝斑に対して行ってしまうと、逆に色素が濃くなってしまったり、効果が得られないケースがあります。そのため、肝斑のレーザー治療を行う際は、事前に肝斑に効果のある施術なのかの確認をしっかりと行うことが大切です。

そばかす(雀卵斑)

そばかすは多くは、鼻と左右の頬に現れることが多く、そのほかにも紫外線を浴びやすくなっている部分にできるという特徴を持っています。これは、小児期から思春期にいたる頃に出現し、その後加齢とともに色素が濃くなっていくことが多いです。 そばかすの主な原因は遺伝であることが多いですが、紫外線を浴び続けることで症状が悪化するといわれています。 そばかすの治療方法は、基本的にレーザー治療・フォトフェイシャルなどの光治療・内服薬と外用薬を併用した治療などです。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着は、皮膚炎やニキビ、虫刺されや外傷、皮膚疾患などの強い刺激を受けることで皮膚に炎症が起こります。炎症が起きることで表皮のメラノサイトが活性化され、通常より多くのメラニンが作られるようになります。 それによって周囲の皮膚よりも茶褐色が強くなってシミになってしまいます。 基本的に肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーによって排出されることが多いですが、なかなかシミが取れないという場合には、治療が必要になってきます。 炎症後色素沈着によるシミは、症状・状態によって治療方法が異なり、内服薬+外用薬による治療、ケミカルピーリング、フォトフェイシャルなどの光治療、レーザー治療などです。

シミを取る方法

クリニックで顔のレーザー治療を受けている画像

外用薬

シミを取る方法としてまずあげられるのが外用薬による治療です。 主にハイドロキノンやトレチノインなどの成分が含まれた薬を、正しい用法・容量でシミに塗り込んでいくことで、シミの改善が見込めます。 比較的薄くて軽度のシミにはこの方法だけでも効果が見られるといわれていますが、基本的には内服薬と併用したり、他のレーザーや光治療といった治療と組み合わせて行うことで、高い効果が期待できるでしょう。

内服薬

シミの改善には、体内からのアプローチも必要になってきます。 特に肝斑の改善に行うことが多い方法です。その他、他の方法と組み合わせて行うこともあります。 主に、トラネキサム酸やビタミンCなどを服用します。 飲んですぐに効果が現れるというわけではありませんが、長い期間服用を続けることで、徐々に効果を発揮させることができるでしょう。 この方法は、シミだけでなく肌トラブルなどにも同時に効果が見込めます。

レーザー治療

シミ取りに高い効果が見込めるのがレーザー治療です。シミの原因となっているメラニン色素に反応するレーザーを使用し、シミが気になる部分にピンポイントでレーザーを照射することでメラニン色素が破壊され、シミの改善に繋がるでしょう。 色素に反応するレーザーなので、その周りの組織へのダメージを最小限に抑えて治療を行うことができそうです。 痛みを最小限に抑えるため麻酔クリームが使用されますが、施術中は輪ゴムで弾かれた程度の痛みを感じることがあります。 施術後はしばらく傷口を保護しなければならないので、目立ちにくい肌色のテープを数日間貼って過ごします。 この方法は、基本的に肝斑以外のシミに適用されることが多いようです。 《リスク・デメリット》 レーザー治療を受けた後のケアをおろそかにしてしまうと、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。 また、レーザー治療では患部を焼くという行為を行っているので、火傷のリスクを考えておかなくてはなりません。 《費用相場》 シミ取りは基本的に自由診療となり、全額自己負担です。費用は受けるクリニックや使うマシンの種類によっても異なりますが、1回あたり安いものであれば1万円〜3万円、高いものでは10万円ほどするものもあるようです。 シミの症状・状態にもよりますが、一般的には1回で改善することは難しく、複数回の施術が必要になってきます。回数が必要な方の場合には、回数がセットになっているコースで契約すると、1回あたりの費用を抑えることができるでしょう。 保険診療を行なっている皮膚科で治療を行う場合、医師の判断によっては保険適用でレーザー治療を受けることができる可能性もありますが、マシンの指定ができないなど制約があるということを知っておきましょう。

光治療

光治療では、特殊な光エネルギーを顔全体に照射します。これは炎症後色素沈着のシミ・そばかす・くすみなどの改善に効果が期待できる治療法です。 レーザーよりも比較的弱めの照射なので、施術後のダウンタイムが少ないという特徴があります。 レーザーはシミにピンポイントにダメージを与えていくものでしたが、光治療は顔全体にエネルギーを当てて、自己再生能力を高めていくことでシミの改善を促していくことができるでしょう。 《リスク・デメリット》 施術の特性上、深いところのシミを消すことが難しいでしょう。そのため、症状・状態によっては治療しきれないこともあります。 また、個人差によっては小さな痛みを感じてしまうことも。 比較的手軽に受けることができる方法と言われていますが、こういったデメリット・リスクがあるということを理解しておきましょう。 《費用相場》 光治療では肌本来が思っている力に働きかける治療なので、1回では効果が見込めず、数回の施術が必要です。5回ほど受けると、約10万円〜20万円ほどの費用がかかるようです。 初回のトライアルは約1万円前後と比較的安い費用で受けることができますが、初回だけが安く、2回目以降は高額に設定しているというクリニックもあるので注意しましょう。

シミを取る治療は医師・クリニック選びが重要

カウンセリングを受けている女性と医師 シミを取る治療は様々で、この方法が一番改善に高い効果が期待できるというよりかは、症状・状態に適した治療方法を選択しなければ、期待していた以上の効果が得られない・逆に悪化してしまったということにもなります。 そのため、適切な治療法を見極めるというためにも治療を行う医師・クリニックは専門性・技術力の高いクリニックでなければ意味がありません。 医師についてはホームページ上で確認できることが多いので、医師の出身の科が皮膚科であるか、皮膚科医としてどのくらいの年数の経験を積んでいるのかなどをしっかりと見極めルコとが重要です。 もちろん口コミ・体験談も参考にはなりますが、まずは実際のカウンセリングを通じて相談してみることからはじめてみましょう。
【参考文献】 ⑴日レ医師(JJSLM)第31巻第1号「肌のアンチエイジングに対するレーザー治療」(2010) ⑵・Yehuda Ullmann, Rania Elkhatib, and Lucian Fodor, "The aesthetic applications of intense pulsed light using the Lumenis M-22 device", Lasers in Medical Science, (2011).

関連記事