そのシミはただのシミではないかも!?肝斑との違いを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

シミと肝斑は何が違うの?見分け方とは?

顎に手をついて考えている女性 年齢とともに目立ってきてしまうシミに悩む方は多いですよね。 その中には、単純なシミではなく、肝斑である可能性も少なくありません。 シミとの違いを理解していないと、どんどん悪化させてしまうことも。 そこで今回は、シミと肝斑の違いについて紹介していきます。

シミの種類

シミには種類があり、紫外線と老化現象であらわれる老人性色素斑、ニキビや肌荒れなどの皮膚の炎症が原因となって起こる色素沈着によるシミ、紫外線やホルモンバランスの乱れからできる肝斑、ストレスや生活習慣の乱れが重ねってできるシミなどがあります。 いずれのシミもそれぞれに原因があり、それに適した改善方法が必要になってきます。

シミと肝斑の違いとは?

顎に手を置いて何かを考えている女性 肝斑は30代〜40代であらわれることが多く、通常の紫外線を浴びた時にできるシミとは形状が異なります。 比較的広範囲にでき、頬骨を中心に左右対称にできるシミが特徴です。 肝斑と同様に左右対称にあらわれる後天性真皮メラノサイトーシスに似たシミもあるため、診断は素人では難しく、皮膚科や美容皮膚科などを受診して、専門医に診てもらわなければなりません。

肝斑の原因・メカニズム

肝斑の原因は、紫外線の他にも女性ホルモンのバランスが影響していると言われ、完全に予防するのは難しいでしょう。 30代〜40代頃に発生しやすく、50代までできやすいようです。 その後、閉経後や60代以降になると逆に薄くなったり、消えたりする傾向にあるようです。 高齢者の場合には、肝斑を発症する可能性はほとんどないと言われています。

肝斑以外のシミができる原因・メカニズム

肝斑以外のシミの多くは紫外線を浴びることが影響していると言われています。 紫外線を浴びることで、お肌にあるメラノサイトからシミの原因とも言われているメラニン色素が排出されます。このメラニン色素が増えていくと、濃くなってきてしまいます。 通常はターンオーバーという新陳代謝の働きで排出されていき、新しい皮膚に生まれ変わりますが、年齢とともにその働きが低下することで、溜まったものがシミとして残ってしまうでしょう。

通常のシミ治療では肝斑は悪化してしまう可能性が高い

びっくりして驚いている顔 通常のシミは、美白レーザーなどを行うことで薄くしたり消したりする事が可能です。また、ハイドのキノンという漂白作用のある塗り薬が使われることもあります。 しかし、肝斑に対してその治療を行なってしまうと、どんどん悪化してしまう場合があるので注意しなければなりません。

シミや肝斑の改善するなら医療機関に相談しよう

鏡をみて顔の肌にできたニキビやシミなどのできものを気にしている女性 できてしまったシミや肝斑に対して美白化粧品を使っていても、改善に効果が期待できない可能性があります。 さらに、肝斑と通常のシミでは治療方法やアプローチも変わってきます。 そのため、しみや肝斑を改善するには医療機関に相談をして、適切な方法で改善をしていきましょう。

関連記事