シミにも効果が期待できるケミカルピーリングとは|受ける前に知っておきたい基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ケミカルピーリングでシミを改善することができるって本当?

何かを思いついた女性 特に年齢とともに目立ってきてしまうシミに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 シミを消したいといっても化粧品では改善できず、病院での治療が必要になってくることも。ただし、病院ではレーザー治療を行うことも少なくありません。 比較的ダウンタイムは短いと言われていても、次の日に影響してしまうのは難しいという方もいますよね。そういった場合に行われることがあるのがケミカルピーリングです。 そこで、今回は、ケミカルピーリングによるシミ治療について紹介していきます。

シミの改善にはケミカルピーリングでも効果が期待できる

人差し指を立てて注意点を示している女性 肌はターンオーバーと呼ばれる肌の生まれ変わりのサイクルがあります。 肌は、古い角質を剥がして新しい皮膚に生まれ変わるというターンオーバーと呼ばれるサイクルがあります。 メラニン色素の蓄積でシミはあらわれると言われていますが、これをケミカルピーリングで、少しずつ何度も剥がすことで、即効性はありませんが徐々に効果が期待できるでしょう。

ケミカルピーリングとは?

顎に手を置いて何かを考えている女性ケミカルピーリングとは、アルファヒドロシキ酸やサリチル酸などの薬を肌に塗って新陳代謝で滞っている古い角質層を剥がすという方法です。 古い角質がはがれ落ちることで、毛穴の汚れ・詰まり・表面にできているシミの改善ができるでしょう。

エステサロンとクリニックで受けるケミカルピーリングによるシミ治療の違い

過去にケミカルピーリングによるトラブルが発生し、平成12年からクリニック以外での施術は禁止されています。 そのため、エステサロンでは濃度を非常に薄くしたピーリング剤で施術を行なっています。 一方、医療機関である美容皮膚科や美容外科などのクリニックでは、濃度の高いピーリング剤を使用しています。 高い効果を期待すると同時に、安全に施術を受けるためにはクリニックで施術を受けるようにしましょう。

ケミカルピーリングによるシミ治療の回数・頻度・費用相場

たくさんの100ドル札 ケミカルピーリングはエステサロン以外にも、美容外科や美容皮膚科でも受けることができますが、保険は適用されず、全額自己負担です。 受けるクリニックによって費用は異なりますが、回数の目安は約5回〜10回で、1回あたりの費用相場は約5000円〜10000円ほどになるでしょう。

ケミカルピーリングによるシミ治療の痛み

頭を抱えて悩んでいる女性ケミカルピーリングは酸性の薬剤を使用して、肌のターンオーバーの正常化に働きかけ、肌トラブルの改善に効果が見込める方法です。 個人差によってはピリピリとした軽い痛みを感じることがあるでしょう。 しかし、強い痛みがあるという場合には、肌の症状・状態が悪化したり、火傷のような炎症に繋がってしまったりもします。 そういう場合には、すぐに施術を中止してもらいましょう。

ケミカルピーリングによるシミ治療後の注意点

保湿ケアや紫外線対策などのスキンケア

施術後の肌は強制的に肌の表面に溜まってしまった汚れ・角質を除去していくので、肌のバリア機能が低下し、乾燥しやすくなります。 さらに、乾燥した肌に紫外線が当たってしまうと、刺激となり肌にダメージを与える・色素沈着するなどが起こるでしょう。 そのため、肌の乾燥を感じている時は、保湿力の高い化粧水・乳液などを使い、しっかりと肌を潤し、ダメージの原因となる紫外線を一年中、曇っていてもUV対策を欠かさないことが重要です。

ケミカルピーリングにこだわらずシミ治療は自分に合った適切な方法で行おう

鏡をみて顔の肌にできたニキビやシミなどのできものを気にしている女性 シミの原因は様々で、改善方法にも種類があります。その中でもケミカルピーリングはメスやレーザーを使用せずに肌トラブルの改善が期待できると言われています。 それにより休みがなかなか取れないという方でも比較的受けやすい施術とされ、ケミカルピーリングでシミ治療をしたいという人も少なくありません。 しかし、症状・状態によってはケミカルピーリング ではあまり効果が現れなかったり、逆に悪化させてしまったりすることも。 そのため、ケミカルピーリングによるシミ治療にこだわらず、自分にあった適切な方法を探し、改善を行なっていくようにしましょう。

関連記事