肌が黄ばんでしまう原因とは?今すぐ試せる黄ぐすみの6つの改善方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

肌の黄ばみの原因と改善方法とは?

鏡をみて顔の肌にできたニキビやシミなどのできものを気にしている女性 肌の色は生活をする環境などによっても大きく変化することがあります。 肌の色が変化する症状の中でも、特に多くの日本人に見られるのが、黄ばんでしまうケースです。 なぜ肌が黄ばんでしまうのか、その原因が気になりますよね。 そこで今回は、肌が黄ばむ原因とその改善方法について紹介していきます。

黄ばんでしまう原因・メカニズム

頭を抱えて悩んでいる女性

糖化

肌に黄ばみが生じる原因として一般的な原因の一つに、糖化があります。 これは体の中に蓄積された過剰な糖分が、体内のタンパク質と結合すると起こる現象です。 体の中の糖分とタンパク質が結合することで、肌を黄色くする原因となる物質が生じて、これが体内に蓄積されることで黄ばんだような色になります。 これが肌の黄ばみへ繋がってしまうでしょう。

カルボニル化

肌が黄ばんでしまう原因として、もう一つの有名なものはカルボニル化と呼ばれる現象です。糖化は体内のタンパク質が糖分と結びつくことによって生じますが、カルボニル化はタンパク質が脂質と結びつくことにより起こります。 この脂質とタンパク質の結合に大きな影響を与えているのが紫外線の存在です。紫外線を長い時間あびるような環境にいる場合、体の脂質が紫外線によって変質して、酸化することにより黄ばみの原因となる物質が生じます。

肌の黄ばみの改善方法

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

糖質を取りすぎない

肌の黄ばみを改善する方法として有効な手段として言われているのが、糖分の摂取を控えるということです。 特に糖化が原因で基盤でいる場合には、計画的な食事の制限は欠かせないでしょう。普段から甘いものを食べるのが好きな人などは、食べる量を制限する必要が出てきます。 食べ物だけでなく、甘い飲み物にも注意しましょう。

糖化を防ぐ栄養素を摂取する

肌の黄ばみには、参加を防ぐ栄養素を積極的に摂取するということも重要です。 糖化を防ぐためには、ビタミンB1が含まれた豚肉・落花生・玄米や、糖の吸収を抑える食物繊維が含まれたきのこ類・イモ類・きのこ類などを食べると良いでしょう。

茶カテキンを摂取する

肌の酸化を予防するために、効果的な成分として注目されているのが茶カテキンです。 AGEsという糖化生成物という物質が生成されることで、肌の黄ばみの原因となってしまいます。 これは緑茶などに含まれている成分であり、茶カテキンには酸化を防ぐために優れた機能を持っているとされています。 糖化を防ぐために重要なことの一つに、体の血糖値を挙げないということが挙げられますが、茶カテキンは血糖値の上昇を防いで糖化を防ぐことができるでしょう。 目安の量は1日に400mg〜600mgくらいのカテキンを取ることが必要と言われており、やや濃いめのお茶を2杯程度の量を摂取するように心がけてみてください。

抗酸化作用のある食事を心がける

肌の黄ばみを防ぐためには、糖化の対策だけでなくカルボニル化に対する対策をすることも重要です。 カルボニル化を防ぐために一番重要なことは、体内で脂質の酸化が進行することを防ぐことです。そのため、食事に気をつけなければなりません。 抗酸化作用を持っているビタミンCやビタミンEなどの栄養素を含む食物を意識的に摂取することが、酸化を防ぐポイントになるでしょう。

適度な運動・睡眠を心がける

肌の黄ばみを防ぐためには、食事以外に普段からの生活環境も重要になります。 黄ばみの原因である体内の糖分や脂質を減少させるために期待できる方法としては、適度な運動によって糖分や脂質を燃焼させて、エネルギーに変えることです。 また、毎日の睡眠を十分にとることも大切です。 睡眠を十分にとることで肌の代謝が活発になって、黄ばみを防止するのに役立つでしょう。

紫外線対策

肌をカルボニル化による黄ばみから防ぐためには、脂質の酸化を促す紫外線の吸収をできるだけ避けるようにすることも大切です。 そのために行うこととしては、日焼け止めクリームで紫外線から肌を守るだけでなく、帽子・サングラス・日傘・UVカットの衣服を着用するなどが良いでしょう。

肌の黄ばみを防ぐためには継続的にケアを行おう

眠っている女性 肌の黄ばみを防ぐためには、改善が期待できる方法を毎日継続して行うことが重要になります。 多忙などの理由によりケアを怠ってしまうと、体の中で糖化や酸化が進行し、肌が黄ばみやすくなってしまいます。 そのために、毎日しっかりとケアを続けるようにしましょう。

関連記事