顔の角質ケアの方法|正しい洗顔やピーリングのやり方を解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

顔に角質が溜まる原因とケアの方法とは?

何かを思いついた女性 古い角質や汚れが肌の表面に溜まっていると、肌のくすみやゴワつきといった悩みに繋がってしまいます。 透明感のある素肌を手に入れるためには、定期的に正しい方法で角質ケアを行なっていく必要があります。 そこで気になるのが、なぜ角質が溜まってしまうのかというところですよね。 今回は、顔に角質が溜まる原因とケアの方法について紹介していきます。

美肌を手に入れるためには角質ケアが重要

人差し指を立てて注意点を示している女性 角質ケアをしっかりと行わなければ、顔の皮膚の表面に古い角質がどんどん蓄積していき、肌の透明感を奪ってしまう恐れがあります。 くすみが目立ちやすくなる・メイクのノリが悪くなるといったことも。 定期的に古い角質を除去する角質ケアを心がけることで、年齢を重ねても、透明感のある顔を維持することができるでしょう。

顔に角質が溜まる原因

びっくりして驚いている顔

乾燥

顔の角質が蓄積してしまう原因の一つが、乾燥です。 コンディションの良い肌質は一定の水分量が保たれており、肌に潤いがあることでハリやツヤのある良い状態になります。 しかし、保湿ケアがが行えていないと角質層に必要な潤いが不足してしまい、肌のターンオーバーが正常に行われなくなることで角質が溜まりやすくなるでしょう。

紫外線

紫外線量が多くなる夏の季節など、日焼け止めなどを利用して肌を保護していないと、紫外線によるダメージで皮膚が酸化してしまいます。 皮膚の老化が進行することで肌の古い角質がきちんと排出されなくなるので、角質が溜まりやすくなるでしょう。

加齢

年齢を重ねると肌の水分量が不足したり、ターンオーバーが正常に行われにくくなったりするので、それによって古い角質が排出されずにいつまでも蓄積してしまうことがあります。 それによって肌のゴワつき・くすみ・シミ・そばかすなどの肌トラブルにつながってしまうでしょう。

外部からの刺激

衣類による摩擦や、外部からのホコリやゴミなどの刺激によって、デリケートな顔の角質層がダメージを受けてしまう場合があります。 そうなると肌のターンオーバーが正常に行われにくくなり、古い角質が蓄積する原因に繋がってしまうでしょう。

顔の角質ケアの方法

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

角質ケアに効果のある洗顔料の使用をする

肌の古い角質を綺麗に除去する方法として、酵素洗顔など肌の角質を溶かしてくれる成分が含まれている洗顔料を利用するのも方法の一つでしょう。良く泡立てた洗顔料で優しくマッサージするように洗顔を行います。 角質ケアに効果が期待できる洗顔料は肌表面の古い角質はもちろん、毛穴の中に詰まりやすい皮脂汚れやメイク汚れなども除去することができそうです。 ピーリング洗顔を利用する方法もありますが、敏感肌の方は刺激が強い可能性があるので使用する場合は頻度を抑えて、定期的な使用をすることが重要です。

洗顔前に蒸しタオルの使用する

角質ケアを行う時に重要になってくるのが、角質を浮かせて落としやすくしておくということです。 洗顔前に、顔全体をタオルで覆うことで、蒸しタオルからでる蒸気が皮膚を柔らかくして毛穴を広げることができるでしょう。それにより普段よりも汚れが落としやすくなるといわれています。 また蒸しタオルの代わりにお風呂の蒸気を利用する方法もあります。 湯船にゆっくり浸かって蒸気でしっかり温めてから、最後に洗顔を行うと普段よりも角質ケアをスムーズに行うことができるでしょう。

ピーリングジェル・ピーリング石鹸を使う

市販のピーリングジェルやピーリング石鹸は、肌へかかる負担が少なくなるようにマイルドに作られているので、比較的安心して使えることができそうです。 ただし、ゴシゴシと擦るようにようにするのではなく、優しく撫でるようなイメージで行うことが重要です。

ケミカルピーリング

美容皮膚科などクリニックで行われているケミカルピーリングは、市販されているものよりも、高い濃度の成分が含まれています。 そのため、高い角質除去の効果が見込めますが、肌にかかる負担が大きいので注意しなければなりません

顔の角質ケアをする際の注意点

クリニックの女性医師

ピーリングは適切な頻度や用法で行う

ピーリングは肌の角質を剥がして、ターンオーバーを正常化させることを目的としているので、短い期間で何度も使用してしまうと、古い角質だけではなく新しい角質までダメージを与えてしまう危険があります。 そのため自宅でピーリングを行う際には、肌のコンディションを見てケアを行うか決めましょう。 一般的にピーリングジェルの使用は1週間〜2週間に一度のペースでケアを行うことが望ましく、肌のゴワつきやくすみが特に気にならない場合は使用する必要はありません。

角質ケアの後の保湿をしっかり行う

古い角質が除去されると、通常よりも肌が乾燥しやすくなってしまうので、ピーリングケアなどを行った後は、必ず保湿ケアをしっかり行う必要があります。 通常の化粧水の使用だけでは肌の潤いが不足する可能性があるので、フェイシャルマスクを用意したりコットンパックを行って、重点的に保湿ケアを行うようにすることが重要です。 化粧水を利用した後は乳液、クリームなどでフタをしてあげるようにしましょう。

顔の角質ケアは自分に合った方法で行いましょう

こめかみのマッサージをされている女性 顔の角質ケアの方法は様々です。セルフでできるものからクリニックなどの医療機関で行うものまでありますが、どれが一番良い方法なのかではなく、どの方法が一番症状・状態に適しているかが重要です。 特に肌が弱いという方は、肌トラブルを引き起こさないためにもパッチテストを行うなど事前に確認しておきましょう。

関連記事