腕にニキビができる原因とは|広がる前に知りたいセルフケアと皮膚科での治療法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

腕にニキビができる原因と治し方とは?

顎に手をついて考えている女性 ニキビは顔だけでなく体のあらゆる場所にできます。腕も例外ではありません。 特に露出をする機会の多い夏などは目立ってしまうので、それがストレスになっているという人も少なくありません。 ただ闇雲に薬を使ったり、効果が期待できるといわれる方法を試したりしても根本的な改善には繋がらないでしょう。 そこで今回は、腕にニキビができる原因と、セルフケアの方法、皮膚科での治療法について紹介します。

腕にニキビができてしまう原因

びっくりして驚いている顔

乾燥

腕が乾燥してしまう原因は、十分な保湿ができていない・洗いすぎているなどが考えれます。 すると、肌のターンオーバー(肌代謝)が遅くなったり、肌を守るバリア機能が低下したりします。 そこに皮脂や化粧品などの汚れが蓄積し、常在菌であるアクネ菌のエサとなって増殖してしまい、ニキビができてしまう可能性があります。 もともと、腕にある毛穴は小さくて詰まりやすい部位であるため、注意しなければなりません。

洗浄方法が誤っている

腕がザラザラする、肌荒れが起きているといった場合にはしっかりと洗わなければという気持ちになりますが、あまり念入りに洗いすぎると、必要な皮脂まで洗い流し、乾燥を招いてしまいます。 また、ボディソープのすすぎ残しや、髪の毛を最後に洗い洗剤がついている場合は、洗剤が肌に刺激を与え肌トラブルを引き起こす可能性が高いです。 さらに、残った洗剤が毛穴を塞いでしまうことでもニキビをできやすい環境にしてしまうでしょう。

紫外線

紫外線も肌の状態を悪化させる原因と一つと言われています。 紫外線を長時間浴びると、肌の角質を厚くし、毛穴が詰まりやすくなるでしょう。 また、肌に紫外線のダメージが加わることで、乾燥・バリア機能の低下が起こり、ニキビができやすい環境を作ってしまいます。

衣類の蒸れ・摩擦

衣類による蒸れにも注意が必要です。 特に冬場などは寒さを防ぐため、厚着になりますが、あまりに厚着をし過ぎると室内に入ったときに蒸れて汗をかきます。汗を放置することで腕に細菌が繁殖し、ニキビができやすくなります。 また、乾燥肌の人は衣類による摩擦にも注意しなければなりません。摩擦によって肌にダメージが加わると、ニキビができやすい環境を作ってしまいます。

ストレス

ストレスは肌に悪影響を与えるというのは有名ですが、腕の例外ではありません。 ストレスが溜まり続けるとホルモンバランスが乱れ、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。これが毛穴を詰まらせる原因となり、それがニキビの原因となってしまうでしょう。

腕にできたニキビの改善方法

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

食生活の改善

腕のニキビの改善方法として、食生活の変える必要があるかもしれません。 揚げ物など脂っこい食べ物や刺激物は控え、野菜やビタミンを中心にした食生活を心がけましょう。 いきなり食生活を変えるのは難しいので、バナナやイチゴなどフルーツ類など取り入れやすものから積極的に摂るのが良さそうです。

適切なスキンケアを行う

腕にできるニキビの原因は、スキンケアがしっかりと行えていないことでも起こると言われています。 そのため、ボディソープをよく泡立て、ゴシゴシと擦らないように優しく洗います。 しっかりと洗剤を洗い流しお風呂から出たら、ボディクリームなどで保湿をするようにするのがポイントです。

生活習慣の改善

腕にできたニキビを改善するためには、生活習慣の改善も必要になってきます。 肌はターンオーバーというサイクルにそって新しい肌へ生まれ変わります。そのサイクルがもっとも活発に行われる時間をゴールデンタイムと呼びます。 ゴールデンタイムは就寝後、一番はじめの深い眠りについたタイミングで成長ホルモンが分泌されると言われているので、就寝前にブルーライトなどの強い光の刺激を目に与えない、寝る3時間前までに食事を済ませる、夜はコーヒーなどのカフェイン類をさけるなどを意識することが重要です。 また、代謝機能を高めるためにも、適度な運動を日常生活に取り入れることもポイントです。

クリニックで治療をする

初期のニキビであればセルフケアなどでも改善が見込めますが、重度化したニキビはセルフケアではなかなか治らず、場合によっては悪化させてしまうことも。 そうならないためにも、専門性の高いクリニックで治療をする方が賢明です。 クリニックでは、内服薬や外用薬での治療をはじめ、ピーリング・ダーマローラー・レーザーといった方法まで様々です。 症状・状態に適している方法で行えば、早期に腕にできたニキビを改善することができるでしょう。

腕にニキビができたら早めに対処しよう

クリニックの男性医師 腕にできたニキビに限ったことではありませんが、何もしないまま放置していても自然に治るという可能性は低いでしょう。 場合によっては症状・状態が悪化したり、ニキビ跡として残り、露出ができなくなってしまったりすることも少なくありません。 そのためにも、原因にあった適切な方法で早めに対処することが重要です。

関連記事