角栓はピーリングで改善できるかも|方法・効果・注意点を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

角栓の悩みはピーリングで解決できるかも

何かを思いついた女性 角栓は、古い角質・皮脂・毛穴の汚れなどが混ざり合ってできるものです。 この角栓は空気に触れると酸化し、黒ずんでしまいます。角栓の黒ずみは肌が汚く見えてしまうので、改善をしたいという人も多いです。 しかし、セルフケアでは改善できないことも。 今回は角栓ができる原因とピーリングの効果、ピーリングを行う上での注意点を紹介していきます。

角栓とは?

角栓とは、皮膚や毛穴の汚れや古い角質や皮脂が混ざり合ってできるものです。 洗顔が不十分だったり、乾燥・紫外線・加齢・スキンケア不足・生活習慣の乱れ・ホルモンバランスの乱れなどで角質のバリア機能が低下してターンオーバーの乱れが生じたりすると、肌細胞の再生がスムーズにいかなくなってしまい角栓ができやすくなると言われています。 角栓は一度できてしまうと洗顔などの単純なケアではなかなか取り除くできないので注意しましょう。

角栓の除去に効果が見込めるピーリングとは?

顔のパックでスキンケアしている笑顔の女性 ピーリングは「皮をむく」「剥がす」という意味で、特殊な薬剤やピーリング効果が期待できるものを使うことで、肌表面に溜まった古い角質や皮脂などの汚れを除去する効果が期待できます。 ピーリングをすることでターンオーバーを正常化させることが期待できます。 頻繁に行うと肌へダメージを与えてしまうので、セルフケアの場合は、約1週間に1回程のペースで行うようにしましょう。 美容皮膚科などの医療機関で行う場合には2週間〜1ヶ月に1回ほどの頻度で行うと良さそうです。

ピーリングの注意点

人差し指を立てて注意点を示している女性

ピーリング前は肌に負担がかかることをしない

ピーリングを行う前は、肌に負担のかかることをしないように注意しましょう。 例えば、紫外線を浴びて日焼けをする・カミソリでムダ毛の処理を行うなどです。 肌にダメージが加わっている状態でピーリングをしてしまうと、肌に赤みが出たり肌の症状・状態を悪化させてしまったりする可能性があるので、少なくとも前日は控えるようにしてください。

しっかりと保湿を行う

ピーリング後は、肌の表面にある古い角質を除去するために、肌の表面を削ります。そのため、皮膚が薄くなりバリア機能が低下してしまいます。 そのままの状態にしておくと、肌トラブルを引き起こしてしまうことに繋がるので、保湿力や浸透力の高い化粧水や美容液、乳液などを使ってしっかりと保湿を行いましょう。

ピーリンング後は日焼けをしない

ピーリング後は肌が敏感になっていて、外的な刺激を受けやすい状態と言われています。 そのため、日焼けにも注意しなければなりません。 具体的な対策としては、日焼け止めの他に、日傘や帽子、患部が隠れる衣服を着用するなどの対策を行いましょう。

角栓を除去するならクリニックでピーリングを受けよう

顔の輪郭と顎をマッサージされている女性 角栓を除去したい場合には、自宅で行うピーリングとクリニックで行うピーリングがあります。 セルフで行う角栓・角質ケアよりも、クリニックの方が高い効果が期待できます。 そのため、自宅で行うピーリングではなく、美容皮膚科などのクリニックで行われているケミカルピーリングを受ける方が良いでしょう。

関連記事