日本人の一重と二重の割合について|一重になる原因も解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

日本人が一重になる割合はどのくらい?

顎に手をついて考えている女性 一重まぶたの人は、二重まぶたの人の人の割合に比べて少ないような印象がありますが、実は日本人の場合には一重まぶたの方が割合が高いです。 なぜ日本人は一重まぶたの確率が高いのか、その理由が気になりますよね。 そこで今回は、日本人の一重まぶたの割合について紹介していきます。

日本人の一重と二重の割合

美肌の女性 日本人の一重と二重の割合ですが、二重の人の方が多くいるように思いますが、実際の割合はそれほど多くはないようです。 一重まぶたの人が7割、二重まぶたの人が3割と言われています。

一重が多い日本人のまぶたの特徴

日本人に一重まぶた多い理由としては、まぶたの皮下脂肪・眼窩内脂肪・脂肪組織が発達している人が多いためと言われています。 皮下脂肪が少ない欧米人はほとんど二重瞼なのに対し、日本人の瞼には脂肪分が多いため、一重まぶたになることが多いようです。 厚ぼったいまぶたは、まぶたを開けるときに筋肉の中にある膜がまぶたの皮膚に伝わらず、皮膚が折れ曲がらなくなって、一重まぶたになるのが特徴でしょう。 根本的には皮下脂肪が多いことが原因とされています。

一重になる原因は「遺伝」の影響が大きい

頭を抱えて悩んでいる女性 一重まぶたになるか二重まぶたになるかについては、遺伝的要素も考えらえます。 両親が二重の場合は子どもも二重になる確率は高いと言われていますが、実際には子どもが一重になることもあります。 両親ともに一重の場合には、子どもも一重になる可能性が高いでしょう。

二重にするなら信頼できるクリニック・医師に相談しよう

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性 二重にするにはメイクなどセルフできる方法から美容整形で二重にする方法まで様々です。 ただし、セルフでは限界があり、状態によってはすぐに取れてしまうことも少なくありません。そのため、美容整形で二重にする方も増えてきています。 最近ではプチ整形と言われる程、比較的手軽に受けられる二重整形もあるほどです。 ただし、美容整形にはデメリット・リスクも存在します。「せっかく二重整形を受けたのに...」と後悔しないためにも、慎重にクリニック・医師を選ぶようにしましょう。

関連記事