二重まぶたは遺伝が関係しているって本当?|一重まぶたと二重まぶたの違いを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
4

二重まぶたになる可能性はどのくらい?

何かを思いついた女性 両親が二重まぶたであれば、子どもも二重まぶたになる可能性は高いです。 しかし、実際には生まれた子どもが一重になることも。 これには遺伝が関係しているといわれています。 そこで今回は、気になる二重と遺伝の関係について紹介していきます。

一重と二重の違い

美肌の女性 まぶたの下にある瞼板がまぶたの上の筋肉とくっついていて、筋肉が収縮することでまぶたが開かれます。この時に瞼板に一か所だけで筋肉がくっついている場合は一重まぶたになります。 一方の二重まぶたは、上眼瞼挙筋にさらに挙筋腱膜がつながっていて、それが眼輪筋を貫いて皮膚にまで達するため、まぶたを開けると皮膚が引っ張られて折り込まれます。これが二重まぶたになる仕組みです。

二重まぶたの遺伝の関係性

二重まぶたは遺伝すると言われていますが、100%全てが遺伝するというわけではありません。 二重まぶたの両親から一重まぶたの子どもが生まれてくることも。 ただし、明確な関係性は証明されていないので、遺伝はあくまでも一つの目安にすぎません。

二重まぶたの遺伝の法則

二重まぶたの両親から一重まぶたの子供が生まれる理由は、遺伝子の組み合わせパターンが大きく関係しているといわれています。 遺伝学で有名なのが「メンデルの法則」ですが、優性の法則の中では二重まぶたが優性、一重まぶたが劣性とされています。(ここでは優性をA、劣性をaで表記します。) 遺伝子は二つの組み合わさってできており、優性×劣性といった組み合わせも存在します。こうなると、子どもが必ずしも二重になるとは限らなくなって来てしまうでしょう。

父「AA」×母「AA」の組み合わせ

父親がAA、さらに母親もAAであれば、どちらも優性遺伝子であることから劣性になる可能性が存在せず、子どもが二重まぶたになる可能性が高いです。 親の優性遺伝子を受け継いで二重まぶたになると同時に、子どものまぶたの遺伝子もAAになるでしょう。

父(母)「AA」×母(父)「aa」の組み合わせ

両親のどちらかがAAで、もう一方がaaの場合は、遺伝子の組み合わせは「Aa」となります。優性の法則に基づくとAが優性なので、二重になる確率は高いでしょう。 ただし、絶対に二重になるとは限らないので注意が必要です。

父「Aa」×母「Aa」の組み合わせ

この場合、子どもの遺伝子の組み合わせは、「AA(二重)」「Aa(二重)」「aa(一重)」のパターンがあります。 これは二重になる確率が高いですが、子どもの遺伝子が「aa」となり、一重になることもあるでしょう。

父(母)「Aa」× 母(父)「aa」の組み合わせ

この場合の子どものまぶたの遺伝子は「Aa(二重)」か「aa(一重)」になります。 二重になる可能性が50%、一重になる可能性が50%です。

二重まぶたは遺伝にこだわりすぎないようにしよう

目頭に蒙古ひだがない二重の大きな目 特に一重の方や狭い奥二重の方では、二重に生まれたかったと思うことがあるでしょう。特に両親が二重の場合は、なぜ自分だけ一重なのか気になってしまいますよね。 現在のところ、明確に解明されているわけではありませんが、二重まぶたになれるかどうかは遺伝が関係しているとされています。 仮に遺伝が大きく関係していたとしても、二重になるにはメイクか美容整形が必要になってきます。 遺伝だからと悩まずに、自分にあった方法で二重を作っていきましょう。

関連記事