鼻の穴を小さくする美容整形|方法・費用・ダウンタイムを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

鼻の穴を小さくする整形

あごに脂肪溶解注射やBNLSなどの注入施術を受けている女性 鼻の穴が大きいことをコンプレックスに感じて悩んでいる人も多いらっしゃいます。鼻の穴の大きさが気になる人は整形をすることによって鼻の穴を小さくすることができ、美しい鼻筋の通ったラインに整えることが可能です。 そこで今回は鼻の穴を小さくする美容整形術について紹介していきます。

鼻の穴が大きくなる原因

夕暮れにサングラスを外している女性鼻の穴が大きい原因にはいくつかあり、例えば先天的なものや呼吸方法・鼻に詰め物をよくしていると鼻の穴が大きくなるケースがあります。きれいなラインにしたり小さくするには美容整形がおすすめで、小さくするためにいろいろな種類の整形があります。 比較的リーズナブルな価格なものや本格的な施術があり、クリニックによってはキャンペーンやモニター制度を利用すると低価で利用することが可能です。施術時間も短くダウンタイムも短期間なので効率良く施術を受けることができます。

鼻の穴を小さくする整形:「小鼻縮小術(鼻翼縮小術)」

綺麗な横顔の女性の顔が3つ並んでいる

小鼻縮小術の施術方法

鼻の穴を小さくする整形施術に小鼻縮小術があります。 外側に張り出した皮膚を切除したり、皮弁を形成し鼻の穴を寄せたりすることで、小鼻の膨らみを改善することができるでしょう。それにより、笑った時の穴の広がりも目立たなくさせることが期待できます。 直接皮膚や組織にアプローチするため、高い持続効果が見込めます。

小鼻縮小術のダウンタイム

強い腫れは個人差によって異なりますが、当日〜1週間程度のようです。同時にむくみが伴う場合には、2週間程度で落ち着くでしょう。 縫合を行うため、抜糸が行われる4日〜7日程度は糸がついているので、抜糸までは休みが必要になりそうです。

小鼻縮小術のアフターケア

シャワー・洗顔・メイクなどは当日から可能なことが多いようですが、感染などを防ぐため、術後3日程度は患部を濡らさないことが望ましいでしょう。 3日が経過しても患部を擦るなど刺激を与えないように注意が必要です。 血行が良くなると腫れが強くなってしまう恐れがあるので、1週間程度は入浴や運動は控えことが良さそうです。 また、鼻をかむのも最低でも1週間は控えなければなりません。

小鼻縮小術の失敗・リスク

主に仕上がりのイメージが共有できていない、医師の美的センス・技術力が乏しいといった場合に多い失敗ですが、コンセントのような縦長の狭い鼻の穴になってしまったり、左右で鼻の大きさが異なってしまったりすることがあります。 また、小鼻を縮小しすぎてしまうと呼吸がしにくくなる可能性もあるでしょう。

小鼻縮小術にかかる費用

鼻の穴を小さくすることができる小鼻縮小術の費用はクリニックによって異なりますが、約30万円~50万円が相場のようです。 持続期間が長く、抜糸後は定期的に通院する必要ありません。 モニター制度やキャンペーンなどを利用すると通常料金より格安で施術を受けることができそうです。事前に行われるカウンセリングにおいて施術内容はもちろん、施術費用についても確認しておくと良いでしょう。

クリニック選びは慎重に行いましょう

顔の美容整形をしようとしている女性 鼻の穴を小さくする小鼻縮小術を施術を受ける場合、クリニックを選ぶのに慎重になると良いでしょう。インターネットなどを利用してクリニックの評判や口コミなどを調べてみたり、直接医師によるカウンセリングを受けてみていろいろ相談することをおすすめします。 施術に関する不安や悩みなどがあればカウンセリングにおいてじっくり相談し、丁寧な説明をしてくれるようなら信頼できるクリニックとして安心して施術を受けることが可能です。

鼻の穴を小さくするには「小鼻縮小術」が効果的

電話をして笑顔の女性鼻の穴を小さくするのに小鼻縮小の施術を受ける方法があります。施術時間が短くダウンタイムも少なく、傷跡が目立ちにくいのが特徴的です。いろいろなリスクがあるので施術を受ける前に医師とよく相談しておくと、安心して施術を受けることができます。

関連記事