大陰唇が肥大化してしまう原因とは?事前に知っておきたい基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

大陰唇が肥大化する原因とは?改善できる?

顎に手をついて考えている女性 大陰唇は普段に下着で隠れていて見えない部分ですが、この部分で悩みを抱えている人も少なくありません。 特に、入浴施設やプールで見られてしまう他、パートナーに指摘された方は恥ずかしくて、なんとかしたいというのが本音でしょう。 今回は大陰唇が肥大化してしまう原因とその改善方法について紹介していきます。

大陰唇とは?

何かを思いついた女性 そもそも、大陰唇とはどの部位のことを指しているのでしょうか? 大陰唇とは、尿道口から膣口の左右を通っている小陰唇よりもさらに外側を覆っている壁のことを指しています。 日本人であれば小陰唇が肥大するケースの方が多いのですが、中にはこの大陰唇が肥大することで見た目に影響を及ぼしているという人もいます。 あまりに症状が顕著な場合は、その部位に汚れや皮脂がたまり臭いや雑菌繁殖のトラブルを引き起こすこともあるので注意していきましょう。

大陰唇が肥大する原因

びっくりして驚いている顔 では、どうして大陰唇が肥大してしまうのでしょうか? まず考えられる原因として、下着による摩擦座り作業での刺激が挙げられていきます。患部に過度の刺激が加わることで皮膚がこすれ炎症を起こしていきます。これが慢性化すれば細胞の機能低下を招き、患部のたるみや肥大化を促進してしまうかもしれません。 特に、大陰唇が肥大化すると性器全体のたるみが顕著になっていくため、症状があらわれやすくなるでしょう。 すでに症状があらわれているという人は、今一度自身の下着や生活習慣を見直す必要がありそうです。

肥大化した大陰唇を小さくするには「大陰唇縮小術」が有効

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性 では、こうした大陰唇が肥大化したときの対処法にはどういったものがあるのでしょうか?まず挙げられるのが、大陰唇縮小術という方法です。 外科的手術で大きくなりすぎた大陰唇を切除していきます。余分な皮膚を取り除いていくことで、見た目に印象を変えていくことができるでしょう。

大陰唇縮小術のメリット・デメリット

陰唇縮小術のメリットとして、1度の手術で劇的な変化が見込めるという点と半永久的な効果が期待できるという点です。 さらに、脂肪吸引の場合でも切除術の場合でも手術にはさほど時間はかからないことが多く、治療の魅力点として挙げられていきます。 ただ、その反面でダウンタイムが多少なりとも発生するという点には注意が必要になってきます。その間は仕事やプライベートにも影響が及ぶこともあるので、事前のスケジュール調整が大切になってきます。

大陰唇縮小術のダウンタイム

下着姿で寝転んでいる細身の女性 ダウンタイムに必要な期間は個人差によって異なってくるものの、約1〜2週間ほどの期間が必要になってきます。 患部から出血することもあるので、施術を受けてから2,3日はナプキンを使うなどして対処していきましょう。 少なくとも約1週間ほどは入浴を控えなければなりません。 また、歩くことで患部がこすれて痛みを伴うこともあるので、少なくとも傷が回復するまでの間は過度の運動、性行為なども避けるのが無難になってきます。

大陰唇縮小術にかかる施術の費用相場

たくさんの100ドル札大陰唇縮小術にかかる背術の費用相場は、約25万円〜30万円が相場のようです。 これ以上に安かったり高かったりすることはあまりなさそうです。 ただし、クリニックによっては、診察料・薬代・検査代などが含まれていないこともあるので、事前に確認した方が良いでしょう。

大陰唇の肥大に気づいたら クリニックに相談してみよう

笑顔のクリニックの男性医師 大陰唇は普段下着で隠れていて見えない部分ですが、この部分で悩みを抱えている人も少なくありません。 特に、パートナーに指摘されることで意識してしまう可能性が高いです。 放置していても勝手に小さくなったりするわけではないのです、まずはクリニックに相談してみましょう。

関連記事