ニキビ跡に行うピーリングについて|セルフとクリニックの違いと種類を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニキビ跡にはピーリングで改善ができるかも...!

何かを思いついた女性 なかなか治らないニキビ跡にはピーリングで改善することができるかもしれません。 ピーリングにはセルフで行う方法とクリニックで行う方法があります。この2つは何が違うのか気になりますよね。 今回はニキビ跡の改善を目的にするピーリングについて、セルフとクリニックとの違い、ピーリングの種類を紹介します。

ニキビ跡ができてしまう理由・仕組み

頬にできたニキビやできものを気にしている女性 ニキビ跡が残ってしまう原因の一つに、酷いニキビの炎症という原因が挙げられます。 ニキビの炎症が酷くなると毛穴周辺の組織がダメージを受け、傷跡として残ってしまうということです。 また、炎症性のニキビが同じ場所に何度もできてしまうと、肌内部の皮膚組織まで損傷してしまいます。ニキビを潰したことが原因で跡として残ってしまうこともあります。 ニキビを手などで潰してしまった場合、手についている雑菌が皮膚組織の中に入ってしまい、炎症が悪化するリスクもあるので注意しましょう。

赤みのあるニキビ跡の原因・状態

赤みのあるニキビ跡はニキビの炎症が原因です。 毛穴周辺の組織はニキビの炎症によって損傷してしまうと言われていますが、この傷を治すために拡張した毛細血管が変色することにより、赤みのある跡になって残ってしまうでしょう。

色素沈着したニキビ跡の原因・状態

色素沈着したニキビ跡は、シミができてしまうことがあります。これはメラニン色素が原因と言われています。 メラニン色素は紫外線を浴びた時などに作られるものですが、ニキビの炎症から皮膚組織を守るためにも作られることで引き起こしてしまうでしょう。

クレーター型ニキビ跡の原因・状態

クレーター型ニキビ跡は肌皮膚の表面が陥没している状態です。見た目も凸凹しているので気になってしまうものでしょう。 このような状態になってしまうのは、ニキビの炎症が肌の表面だけでなく真皮層にまで及んでしまったためと言われています。

ニキビ跡の改善に効果が期待できるピーリングとは?

顔のパックでスキンケアしている笑顔の女性

効果・役割

肌にはターンオーバーと呼ばれる生まれ変わりのサイクルがあります。健康な肌なら一定期間で生まれ変わっているのですが、肌トラブルがなかなか改善しない場合はターンオーバーが乱れていることが考えられます。 なかなかニキビ跡が改善しない場合はこういったことが原因でもあるため、ピーリングを行うのが良いかもしれません。 ピーリングには肌の表面に溜まった古い角質を除去する効果が見込めます。 これは自宅で行う方法とクリニックなどで行う方法がありますが、いずれも肌の生まれ変わりを促進することが期待できます。 肌の表皮が生まれ変わることにより、気になるニキビ跡を目立たなくすることができるでしょう。

ピーリング剤の種類:AHA

ピーリングに使われる薬剤の一つであるAHAは、りんご酸やクエン酸、乳酸、グリコール酸など天然由来の成分によって作られています。フルーツ酸とも呼ばれており、肌にかかる負担が少ないようです。

ピーリング剤の種類:BHA

もう一つの薬剤であるBHAは、サリチル酸やサリチル酸マクロゴールといった名称で呼ばれているものです。美容外科などで行われているケミカルピーリングは、BHAが使われることが多いでしょう。 AHAよりもピーリング効果が高いと言われています。

「自宅」と「クリニック」でのピーリングの違い

ピーリングといっても自宅で行う方法とクリニックで行う方法があります。 大きな違いとしては、薬剤の濃度が違うという点です。 自宅で行う方法は誰でも取り扱えるようにするため、含まれている薬剤の濃度が低いです。一方、美容外科などで行う方法は医療機関であるため濃度の高い薬剤を使用することができるという点です。 1回のピーリングで得られる効果は美容外科の方が高いでしょう。

クリニックで行うピーリング治療とは?

顔の輪郭と顎をマッサージされている女性

ケミカルピーリング

《効果・メカニズム》 クリニックでニキビ跡治療に行うピーリングは、酸性の薬剤を肌表面に塗り、古い角質や毛穴に詰まってる汚れを除去する効果があると言われています。また、施術の安全性も高いので、リスクも少なく治療することができます。 濃度の高い薬剤を使用できるという点です。そのため、セルフで行うよりも高い効果が見込めます。赤みのあるニキビ跡や色素沈着したニキビ跡で悩んでいる人に向いているでしょう。 《メリット》 肌にかかる負担を最小限に抑えて、ニキビ跡の改善ができるでしょう。ダウンタイムも比較的短めな傾向の施術です。 《デメリット》 クリニックで行われているピーリングにはメリットだけでなくデメリットもあります。 クリニックでは効果の高い薬剤を使っていますが、1回だけで改善できるというわけではありません。何度か通って治療を受けることになるため、通う手間や時間もかかると知っておきましょう。 また、強い薬剤を使用しているため、万が一、肌に合わなかった場合には、肌トラブルを引き起こしてしまったり、症状を悪化させてしまったりする可能性が考えられます。 《治療回数・治療頻度・相場》 クリニックで行われているピーリングの治療回数は、約10回程度が平均と言われています。 目安の頻度は2週間〜1ヶ月に1回行うと良いでしょう。 費用は1回あたり約1万円〜2万円が相場になりそうです。

レーザーピーリングなど物理的な力で行うピーリング

薬剤を使わずに物理的な力で行うピーリングもあります。これは皮膚を削ることで角質を剥がすことになるため、薬剤の成分が肌への刺激になって使えないという人にも向いている方法でしょう。 物理的なピーリングには、レーザーピーリングやダイヤモンドピーリング、カーボンピーリングなどの種類があります。 《メリット・デメリット》 物理的な力で行うピーリングは、肌が弱くて薬剤をしようできない人でも行うことができるでしょう。 しかし、肌が弱い場合には赤みなどが発生することもあります。 また、ケミカルピーリングよりも費用がかかってきます。 《治療回数・治療頻度・相場》 物理的な方法で行うピーリングの回数は、皮膚の状態や施術方法によって変わってきますが、約5~6回が目安と言われています。 受けるピーリングの種類にもよりますが、約1〜3ヶ月に1回の頻度で行うことが多いです。 費用は1回あたり約1〜5万円ほどが相場のようです。複数回のセットにすると安くなるでしょう。

ピーリングの注意点

人差し指を立てて注意点を示している女性

ピーリング前に肌に負担をかけない

ピーリングは、肌の表面に溜まっている古い角質を除去する方法です。 そのため、肌が敏感になっているときはピーリングを行なってはいけないと言われています。 スクラブ洗顔や毛穴パック、カミソリによるムダ毛処理などは、肌にダメージを与えてしまうので前日には行わない方が良いです。 また、日焼けにも注意が必要です。

しっかりと保湿を行う

ピーリング後は肌が乾燥しやすい状態です。 肌が乾燥していると肌トラブルを引き起こしやすくなるため、しっかりと保湿行うようにしましょう。 保湿力の高い化粧水で水分を補給し、乳液やクリーム、オイルなどで肌を保護するのがポイントです。

日焼けをしない

ピーリング後は肌がデリケートな状態になっています。刺激に弱くなっているので日焼けしないようにしなければなりません。 紫外線というのは夏の時期や晴れている時だけでなく常に降り注いでいるので、季節を問わず、しっかりと日焼け対策を行いましょう。

ニキビ跡の改善のために行うピーリングはクリニックで受けよう

笑顔のクリニックの男性医師 ピーリングはニキビ跡の改善に効果を見込める方法ですが、セルフで行う方法と、クリニックで行う方法があります。 特にセルフで行う場合には注意しなければなりません。間違った方法で行うと、かえってニキビ跡を悪化させてしまったり、別の肌トラブルを引き起こしてしまったりします。 また、セルフで行うピーリング剤は低い濃度なので、改善までに時間がかかります。 効率よくニキビ跡を改善するには、高い濃度を使用できるクリニックでピーリングを受けるのが良いでしょう。
【参考文献】 ⑴Handog EB, Datuin MS, Singzon IA., "Journal of Cutaneous and Aesthetic Surgery", "Chemical peels for acne and acne scars in asians: evidence based review.", (2012).

関連記事