眼瞼下垂の手術について|方法や相場費用、ダウンタイムに保険まで一挙公開

眼瞼下垂の手術について紹介します

自分のまぶたは他の人のまぶたよりも分厚いと思っていませんか。その症状により、眼精疲労や頭痛、肩こりなどがひどいならば眼瞼下垂の可能性があります。 今回は、そんな眼瞼下垂を改善させる手術方法について紹介していきたいと思います。

そもそも眼瞼下垂とは?

一言で言えば、眼瞼下垂はまぶたが下がった状態です。先天性と後天性の2種類があり、生まれつきまぶたが下がっている人もいれば、何か原因があって徐々に症状が出る場合もあります。 軽度から重度まであり、軽度ならばあまり黒目が隠れることもなく生活に支障がありません。しかし、重度になると黒目がかなり隠れてしまい視野が狭くなります。眼精疲労や頭痛、肩こりが起こるだけではなく、眠たそうな見た目になってしまいます。

眼瞼下垂が日常生活に与える影響

単にまぶたが下がるだけとは言え一生懸命にまぶたを持ち上げようとすると、それだけ目の筋肉を使うことになり、眼精疲労につながってしまいます。 また、頭痛で悩まされやすくなり、肩こりが当たり前になります。腕を上げにくくなるほど痛みを感じることもあるかもしれません。 また、眼瞼下垂によって常に眠たそうな印象にもなります。重度であれば、あまり目が開かなくなるのでこのような印象が強くなります。

眼瞼下垂になる理由

先天的な場合

生まれつきまぶたが下がっている場合は、先天性眼瞼下垂です。もともとまぶたを上げる筋力がとても弱いことが原因で、人一倍目が開きにくいです。 上眼瞼挙筋の発達が不十分ですが、両目の場合だけではなく、どちらか一方の上眼瞼挙筋だけが発育不足になることもあります。一般的には、片方だけに起こることが多いです。

後天的な場合

後天性眼瞼下垂の主な原因は、花粉症やアトピーなどで目をよくこすることによる刺激によるものが挙げられます。アイメイクをしている女性も要注意です。まぶたにメイクを施すことが負担になってまぶたを上げる筋肉が伸びたり、皮膚が伸びることがあります。 そして、最も多い原因は加齢です。加齢によってまぶたを上げる筋肉が弱まり、目が開きにくくなります。

代表的な眼瞼下垂手術①挙筋短縮法

眼瞼下垂の代表的な手術に挙筋短縮法があり、これはその名の通り挙筋を短縮する手術です。 メリットは重度の眼瞼下垂でも効果が十分に期待できることです。デメリットは難しい手術のために、ミュラー筋を傷つける恐れがあり、腕の良い医師でなければ施術することは出来ません。

相場費用・最安値

自由診療であれば、50万~70万円ほどで、保険適用ならば1割か3割負担になります。自由診療の場合、クリニックによっても差が出るので注意が必要です。

ダウンタイム

ダウンタイムは個人差がありますが、強い腫れは1~2週間程度で落ち着きます。まぶたの内側の粘膜を切開すれば皮膚表面からメスを入れた時よりもダウンタイムが短くなります。 内出血などが起こってしまうと効果が出るまで時間がかかってしまいます。

代表的な眼瞼下垂手術②挙筋前転法

挙筋前転法も眼瞼下垂の代表的な手術で、緩んだ腱膜と瞼板を再度固定し直す方法です。 メリットはミュラー筋を傷つける恐れが低く、比較的経験の浅い医師でも施術を行うことが可能です。一方、デメリットはまぶたを切開するためにダウンタイムが長くなりやすいことです。

相場費用・最安値

この施術も挙筋短縮法とほぼ同額で、一般的に自由診療の場合は、50~70万円ほどとされています。

ダウンタイム

皮膚の表面にメスを入れる施術のため、ダウンタイムは長引く傾向があります。強い腫れに関しては1~2週間くらい続くことがあり、内出血などがある場合は、より長引く可能性があります。

眼瞼下垂手術のリスク・デメリット

①不自然な目の開き方になってしまうことがある

眼瞼下垂を改善しようと思ったけれど、実際に手術をしたら目が開きすぎてしまうこともあり、常にびっくりしているような印象になります。このため、あまりまぶたを上げすぎないように医師とよく相談しなくてはなりません。

②再発の可能性がある

眼瞼下垂の手術をしても再発する可能性があります。加齢とともにまぶたが上がりにくくなり、時間が経つと目が小さくなったと感じるようになるかもしれません。

③二重になる

目を大きく開くために眼瞼下垂の手術を受けますが、方法によっては二重に変わりますので、目の印象がガラッと変わります。これがメリットだと思う人もいますが、あまり印象を変えたくない人にとってはデメリットになります。

眼瞼下垂は自由診療だけでなく、健康保険適用となるケースがある

日常生活に支障があるような場合は自由診療ではなく、健康保険が適用されることもあります。 ただし、クリニックによって保険適用の基準が違うので予め気に留めておく必要があります。

保険治療のメリット

保険治療の最大のメリットは、治療費を大幅に抑えることができることです。1割負担ともなればかなり安くなります。3割負担であっても十分治療費が抑えられます。自由診療では厳しいと思っていても、保険適用ならば治療しやすいでしょう。

保険治療のデメリット

機能回復を重視していますので、見た目を改善したいからと言って再手術できません。見た目も改善したいのであれば、自由診療を選択する必要があります。

眼瞼下垂はしっかりと改善させることが大切!

先天性であれ、後天性であれ、眼瞼下垂は手術をすれば改善します。 そのままにしていても改善するわけではないので、すでに生活に支障がある人は早めにクリニックに相談することが大切です。

関連記事