レーザーによるリフトアップ術について|効果や長所短所など徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
9
リフトアップの治療と聞けば、糸を使った方法やメスを使った大掛かりな手術のイメージが強いですが、実は方法はこれだけではありません。意外に知られていませんが、レーザーを使った方法でも顔のリフトアップが可能なのです。 そこで今回は、そんなレーザーのリフトアップ術について詳しい情報をご紹介していきたいと思います。

そもそも、リフトアップ施術はどんなものがあるの?

腕を組んで考え事をしている女性シワやたるみを改善するリフトアップ施術は、総じて"フェイスリフト"と呼ばれています。このフェイスリフトは大きく分けて4種類に分けることが出来ます。 今回ご紹介するレーザーなどの照射系に加えて、切開を伴う施術や医療用の糸を使用した施術、薬剤などを注入してリフトアップを図るものなど様々な方法があります。 そのうち、注入系のフェイスリフトに関しては照射系のフェイスリフトと似たような特徴があると言えます(後述しますが、身体への負担が軽い点など)。しかし、特に切開を伴なったフェイスリフトに関しては高い効果が望める一方で身体への負担も重く、腫れや内出血などの症状が大きく表れてしまう可能性があります。 ▽その他の切らないフェイスリフトについて詳しい情報を知りたい方はこちら切らないフェイスリフト|種類や効果を徹底解説!

レーザーのリフトアップに向いている人の特徴

施術後の腫れなどの期間が短いことから、忙しくてまとまった休みを取れない人に向いている施術と言えます。 また、中には健康な体にメスを入れたくないということでこの施術方法を選択される方も多くいらっしゃいます。そういった場合にも、こうしたレーザー治療は適していると言えます。

レーザーによるリフトアップのメリット

笑っている女性

身体への負担が軽い

レーザーによるリフトアップ術のメリットは何といっても、身体への負担がより少ないという点です。そもそも治療で肌を傷つけることがないため、傷跡が残る心配もありません。 糸を使った方法、切開する方法の場合には多少なりとも健康な肌を新たに傷つけることになる為、その傷が回復するまでに時間がかかってしまいます。この傷が回復して日常生活に復帰できるまでの期間をダウンタイムと言いますが、糸を使った手術の場合には最低でも数日程度の期間が必要です。 これに対して、レーザーでのリフトアップ治療の場合にはダウンタイムはほとんど必要ありません。最短であれば、その日のうちにメイクをしたり洗顔をすることもできるため、これが大きな魅力となってきます。

施術時間も短い

特殊な波長の光を肌に当てて治療を進めていきます。治療中に痛みや熱を感じることはありませんし、光を照射するだけなので治療時間もそう長くはかかりません。

肌質改善を図ることが出来る

使用するマシンの種類によっては肌の再生力をアップさせたり肌機能をアップさせる効果も期待できます。 加齢や疲れ、ストレスなどで肌質が悪化することは珍しくありませんが、レーザーでのリフトアップ治療ではこうした肌質の改善も可能になってきます。

副作用がほとんどない

レーザーによるフェイスリフト治療のメリットとして、副作用がほとんどないという点も挙げられます。先に挙げたように傷跡が残る心配もありませんし、レーザー自体は肌への負担が少ないため、痛みや腫れの症状が現れることもほとんどありません。

レーザーによるリフトアップのデメリット

頭を抱えている女性

効果は薄く、時間がかかる場合がある

ここまでレーザーによるリフトアップ手術のメリットを挙げてきましたが、中にはデメリットとなる点も存在しています。それが、施術1回あたりの効果の薄さ、そして効果があらわれるのに時間がかかるという点です。 糸を使った方法、切開する方法でリフトアップをすれば、手術を受けたその日から見た目の違いを実感することが出来ます。それに対して、レーザーを用いたリフトアップ治療は1回の治療でそこまでの効果を実感することが出来ません。 そのため、複数回の治療を繰り返す必要があり、して初めてその効果を実感することが出来る程度のものです。この治療というのも連続で毎日受けられるものでもないため、必然的に効果があらわれるまでにある程度の期間が必要になってきます。

施術回数が多い

レーザーによるリフトアップ治療のデメリットとして、その施術回数の多さ、費用や時間の面での負担の多さが挙げられます。施術回数が増えればその分料金がかさんでいくという事です。 糸を使った方法や切開する方法であれば、1回の治療、支払いで事足りるのですが、レーザーでのリフトアップ治療ではそういうわけにはいきません。人によって必要になる施術の回数は違ってきますが、人によっては数十万円とトータルコストが膨れ上がっていくこともあるという事です。 また、何度も施術のために通院することになるので、仕事やプライべートの合間を縫っていくのも大変です。こうした点がレーザー治療でのデメリットとなります。

体質が合わなければ施術を受けることが出来ない

また、レーザーによるリフトアップ治療は肌が弱い人に向かないケースが出てきます。体への負担が比較的少ないとされているレーザー治療ですが、肌への負担が全くゼロというわけではありません。人によっては施術中にちょっとした熱を肌に感じることもありますし、違和感が残ってしまうことも当然あります。 肌が弱い人であれば尚のこと、ちょっとした刺激でも過敏に肌が反応してしまうことになる為、副作用の症状が顕著にあらわれてしまうことがあります。もちろん、すべての人がそうというわけではありませんし、医療機関によってはレーザーマシンのパワーを調節して対応できる場合もあります。 とはいえ、すべての人が安全に治療を進められるわけではないという点は押さえておくに越したことはありません。

レーザーによるリフトアップの施術法

クリニックで顔のレーザー治療を受けている画像

ダブロ

HIFUと呼ばれる超音波を筋膜まで照射することで、熱収縮によりリフトアップを図る施術です。 どのような部位にも照射可能で、ピンポイントでの施術も行うことが出来ます。取り扱っているクリニックも多いため、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか? なお、おおよその費用相場は顔全体で約16万円程度、顔全体+首で約22万円程度、頬で約11万円程度、頬+こめかみまたはあご裏で約12万円程度、首のみで約6~8万円程度です。 ▽ダブロの詳しい効果や料金などの情報を知りたい方はこちらダブロとは|HIFUの効果や痛み、副作用など気になる情報を紹介

テノール

高周波を照射して、肌の深部の温度を上げることで、リフトアップだけでなくコラーゲンの生成を促し、肌質改善も同時に見込める施術方法です。 レーザー治療特有の照射時のヒリヒリ感もなく、ほんのりと熱を感じる程度なので痛みに敏感な方でも安心して施術に臨むことが出来ます。 費用相場は顔は1回約2万5千円~、他部位は1回約3~6万円程度です。クリニックによっては複数回の施術がセットになっている料金体系もありますので、詳しくはカウンセリング時にお問い合わせください。 ▽テノールの詳しい効果や料金などの情報を知りたい方はこちらテノールとは|効果・持続力や副作用をはじめ、気になる口コミ情報なども紹介

サーミRF

2014年に発表された新しいレーザー治療です。アメリカのFDA(日本の 厚生労働省にあたる機関)の厳格な審査をクリアし、米国形成外科学会からも高い評価を受けているレーザー機器になります。 ネックな部分としては、まだ新しい治療方法のため取り扱っているクリニックも少なく、日本で受けられるクリニックがそこまで多くない点が挙げられます。 なお、費用は27万~40万円ほどとレーザーによるリフトアップ施術の中でも比較的高額な部類に入ります。 ▽サーミRFの詳しい効果や料金などの情報を知りたい方はこちらサーミRF(高密度焦点式超音波)とは|効果やダウンタイム・口コミなど紹介

ウルトラリフト

ウルトラリフトはテレビCMなどでも馴染みのある湘南美容クリニックのオリジナル治療方法です。現在では、さらに照射できる皮膚層が増えた「ウルトラリフト・ダブルHIFU」という施術を扱っています。 持続期間も半年から一年ほどは持つと言われており、テノールなどとも同様に肌質改善も同時に図ることが出来るため、「どちらも改善したい」という人にも向いている施術ではないでしょうか? なお、費用は顔(頬・フェイスライン・顎下のみの照射)は1回69,800円(税込)、顔+首は1回89,800円(税込)となっています。 ▽ウルトラリフトの詳しい効果や料金などの情報を知りたい方はこちらウルトラリフト(EVO)とは|詳しい効果や口コミ・気になる料金など紹介

レーザーによるリフトアップ整形は、自分に合った施術を選択することが大切!

クリニックの女性医師 レーザーによるリフトアップ治療と一口に言ってもその種類、内容にはいろいろなものがあります。まずはその種類について把握していくこと、そして予算や好みに合ったものをうまく選択していくようにするといいでしょう。 こうしたレーザー治療は利用する病院によっても価格や効果が変わってきます。その上で、信頼できる病院や医師をさがしていくことがポイントとなってきます。 美容医療相談室では、現在でも多くのご相談を頂き、また実際に受けた方の生の口コミも寄せられています。そうした情報と合わせて、医師の経歴や資格、学会発表なども常に収集しています。 「どんな先生が名医なの?」「レーザーでもリフトアップは可能なの?」といった疑問だけでも構いません。一度ご相談頂ければ、検討している地域でこの分野に技術がある最適な先生やクリニックをご紹介させていただきます。ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連記事